人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

音声ガイダンスを使わないのがまったく理解できません

      2016/02/15

  • 音声ガイダンスを使わないで一体何を見てるの?

    最近思うんですよね。博物館などで用意されている音声ガイダンスについて。借りない人がいるんですが、なんで借りないんでしょうね?音声ガイダンスはたとえ有料であっても借りるべきです。ただ見ているだけでその作品がなんなのか解るんですかね?ぼくは見るだけじゃ解らないから可能な限り音声ガイダンスを借りるようにしています。

    その場所に行くからにはしっかりと鑑賞すべきっていうのがぼくの考え方なわけです。せっかく時間とお金をかけて行っているのに理解しないっていうのは本当に勿体ないことですよ。

    カンボジアで知った音声ガイダンスの素晴らしさ

    こんなことを言うぼくも少し前までは音声ガイダンスを借りない人でした。なんか面倒くさいなって思ってたんですよ。いちいち立ち止まって説明を聞くってことがね。でもそんなぼくの考え方を変えたのがカンボジアにあるキリングフィールドだったんです。

    行った事がある人は分かると思いますが、キリングフィールドってほとんど何にもないんです。だから気を付けて見ていかないとこの場所で何が行われたのかって分からない。ただ歩くだけじゃほんの20分くらいで終了してしまうほど。そして何の理解も得られないんです。

    でも音声ガイダンスを使うとこの場所で何が起きたのかっていうことを実に細かく説明してくれるんですよ。ぱっと見ただけだとただの地面だけど、昔は恐ろしいことが行われた場所だっていうことが音声ガイダンスを聞く事で初めて分かるんですね。知るっていうことの楽しさを知った瞬間でした。

    キリングフィールドに行ったら音声ガイドを借りるべし

    ツアーでは音声ガイダンスが適してない

    ぼくが音声ガイダンスを使う時は個人で行っている時だけ。ツアーなんかの人と一緒に行く時には使いません。なんでかって言うと時間がないから。人に合わせないときには音声ガイダンスはまったく適してないんです。音声ガイダンスを中途半端に聞いてもストレスがたまっちゃうんですよね。人に合わせているから聞きたくても聞けないこともあったりするじゃないですか。不完全燃焼ってやつ。ぼくはそういうのは嫌いなんで人と行くときには音声ガイダンスは使わないようにしています。

    ここの音声ガイダンスはおすすめ

    キリングフィールド

    慰霊塔。中には犠牲者の頭蓋骨が納められています。

    慰霊塔。中には犠牲者の頭蓋骨が納められています。

    ぼくが初めて音声ガイダンスの魅力を知った場所。ここは音声ガイダンスがなかったら全然理解できないです。日本語の音声ガイダンスも用意されているので安心ですね。

    セントポール大聖堂

    セントポール大聖堂

    セントポール大聖堂

    ロンドンにあるとても大きく荘厳な大聖堂。あまりの美しさに言葉を失いました。音声ガイダンスがなくても目で見て楽しめる場所なんですが、詳細の説明を聞くとさらに楽しめます。入場料に音声ガイダンスも含まれているので聞かないのはもったいないです。全部聞いて鑑賞時間3時間ほどでした。日本語あり。

    大英博物館

    大英博物館

    大英博物館

    これもロンドンにある超有名な博物館。ミイラの展示が有名ですね。ここはめちゃくちゃ広いのでただ見るだけでもそうとう時間がかかります。あまりにも展示品が多すぎるこの博物館だからこそ音声ガイダンスが有効。おすすめの展示品をピックアップして紹介してくれる音声ガイダンスもあるんですよ。日本語あり。

    ここは入場無料ですが、音声ガイダンスは有料で5ポンドかかります。でも1日じっくり回って鑑賞することを考えたらそんなに高くはないんじゃないかな。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  •   関連記事

    お通夜な気分になるワンオペ
    お通夜のような気分になったある牛丼チェーンでの出来事

    ワンオペはみんな不幸になるということを実感 先日とある牛丼チェーン店に行きました …

    フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。
    お金とか色々失ったけど嬉しいんです

    ほとんど失ったけどなんだか嬉しいんだ 今このブログを韓国の仁川空港の片隅で書いて …

    ラーメン
    味覚音痴?良いじゃないですか。人より幸せを感じられる素晴らしい才能です。

    味にうるさい人はむしろ気の毒です ぼくは結構味音痴です。好き嫌いは色々とあるんで …

    カンボジアの使い捨て労働者
    使い捨てにされるカンボジアの工場労働者。安いものを求め続けることの危険性を認識せよ

    物価が上がり続けるから最低賃金が上がっても苦しいまま カンボジア人の友人と夕食を …

    駅のホームにピアノ!?イギリスで「表現」することについて思い知らされた

    誰でも表現者になれるんだ 海外に行くと、日本では当たり前だと思っていたことが全然 …

    ブログで誰かを元気にしたい
    世界のどこかにいる誰かを元気にできたらいいな。これがぼくがブログを続ける理由

    ブログは誰かを元気にできるツールなんだ こんにちは、滋賀のブロガー・moriです …

    保育士はお見通し
    保育士は子どもからその家庭の状態を見抜く

    愛されていない子どもが多くなってきている ぼくの知人にベテランの保育士がいます。 …

    成熟した人間は同じ人間としてありがとうが言える
    どんな立場の相手にも”ありがとう”が素直に言える人間こそが成熟した人間だ

    感謝の気持ちを伝えるのに立場なんて関係ない あなたは素直に”ありがと …

    上手くなったり下手になったりしながら上手くなっていく
    ちょっと下手になったからって諦めるあなたは一生そのまま下手くそです

    下手になりながら上手になるという事実 仕事でも趣味でもなんでもそうですけど、自分 …

    愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく
    不満を愚痴るより希望を語ろう

    愚痴は百害あって一利なし 食事をするお店とか電車の中とか色んな場所でよく耳にする …