セントポール大聖堂

メリーポピンズの舞台「セントポール大聖堂」は想像をはるかに超える素晴らしい場所だった

こんにちは、ディズニーの映画「メリーポピンズ」が大好きなmoriです。

ロンドンの観光名所としてとても有名なセントポール大聖堂に行ってきました。

メリーポピンズでは、あの有名な「Feed the birds」の舞台となったあの場所です。

メリーポピンズの名曲「Feed the birds」の舞台

セントポール大聖堂

1964年に製作された映画「メリーポピンズ」。

ジュリー・アンドリュースが主演のこの映画が本当に好きで、子どものころから100回以上観ています。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,427 (2018/11/20 09:19:12時点 Amazon調べ-詳細)

このメリーポピンズを観ながら子ども心に思っていたことがあります。

映画の舞台にもなったロンドンに行ってみたい。

特にセントポール大聖堂には何が何でも行きたいと思い続けてました。

映画の中で歌われる「Feed the birds」という曲が大好きで、その舞台がこのセントポール大聖堂だったんですね。
あのメロディーを聴くだけでも今でも泣けてきます。

そういう思いを持ち続けて20年以上、ようやく念願のセントポール大聖堂に行くことができました。

地下鉄Centralライン(赤い色で表示される路線)の「St.Paul’s」駅を降りて、ビルの隙間からあのドームを見た瞬間の感動は今でも忘れられません。

mori
やった!ついに来たぞ

そういう思いで全身が震えたんですよ。

そして映画の中で老婆の座っていた階段。
実際にあの階段に立った時には、言葉で表せないような思いがぐっとこみ上げてきました。

セントポール大聖堂。この階段に立った時の感動は忘れられません。

セントポールの前に建つ像

セントポール大聖堂の前に建つ像

セントポールの前にある広場

セントポールの前にある広場

セントポール大聖堂に入場する

セントポール大聖堂の正面から中に入ります。

ここからは撮影禁止なのでカメラはカバンの中にしまいましょう。

これは大事なポイントです。

大きな荷物は持ちこみ禁止です

具体的には(56cm x 45cm x 25cm)の大きさを超える荷物(バックパックも含む)は持ちこめないし、預ける場所もありません。

セントポールを観光する時には大きな荷物は持って行かないようにしましょう。

料金は以下の通りです。

セントポールの入場料
  • £18(18歳以上)
  • £16(学生、60歳以上)
  • £8(子ども 6〜17歳)
  • £44(家族 大人2人・子ども2人)

この他にも団体割引などもありますので、詳しくは「Visitor Information – St Paul's Cathedral 」を確認してください。

14%OFFでセントポールに入場できるお得なチケットもありますよ。
14% OFF セント・ポール大聖堂 優先入場チケット ロンドン イギリス – Voyagin(ボヤジン)

想像を超える荘厳さに圧倒される

20年以上思い続けてきたセントポール大聖堂。

その外観を見ただけでも相当な感動を覚えたんですが中はもっとすごかった。

内部は写真撮影禁止なので写真はないんですが「すごい」の一言。

ぼくはこれまでの人生でこんなに荘厳な場所を見たことありません。

高い天井、そして多くの絵が所狭しと描かれています。

そしてピンと張り詰めた空気。この場にいるだけで体が浄化されていくような感覚を覚えました。

神聖で、広大な空間。
特別な空気が中には満ちあふれていたんです。

一体ここは何なんだって思いましたよ。

申し訳ないんですが言葉では言い表せません。実際に見て体感してください。

ドームの頂上からロンドンを一望

セントポール大聖堂と言えばあのドームですよね。高さは85メートルもあるんですがドームの上まで登ることができるんですよ。

セントポール大聖堂のドーム

念願のセントポールなので、行ける場所は全部行ってやろうということで上までのぼることに。

はじめのうちは広めの石階段なんで比較的楽にのぼれます。

石階段をのぼり最初に到着するのが「ささやきの回廊」と呼ばれる場所。

ちょうどドームの真下から見上げた時、ドームの下に作られた円形の回廊を人が歩いているのが見えたんですが、まさしくこの場所だったんです。

ぼくは全然知らなかったんですけどこの回廊は有名なんですね。

ささやいた声が反対側にいる人にも聞こえることからそう呼ばれているんだそうです。

ぼくは一人だったので確かめる術はなかったんですが、グループで来ていた他の人たちは色々と試しているみたいでしたよ。

この回廊にはベンチがあるので腰を下ろして休憩も可能。
休憩しながら壁画を近くで眺めるのも良いもんです。

さらに上に上っていきましょう。

次の目的地は「石の回廊」。

ここで注意しないといけないのは、ここから先は階段も急になる上に幅がめちゃくちゃ狭い場所があるってこと。

体格の大きな人は通り抜けられないかも。

石の回廊に到着したらドームの外に出てロンドンの街を見ましょう。

石の回廊から見るロンドンの街並み

いやぁ〜高いところまで来ましたね。

景色も最高!ドームの外に出ると写真撮影OKになります。

石の回廊。ここは外なので写真撮影OK

ここまで来たら最後まで行きたいですよね。

次は「金の回廊」を目指して再び階段を。

ここからは鉄骨でできた急な階段を上って頂上を目指すんですが結構大変。

途中でドームの真上を通るんですが、この場所から聖堂内を見下ろすことができるんです。

はるか下に人が豆粒ほどの大きさで確認できます。高所恐怖症の人は見ない方がいいですよ。

そしてさらに階段を上ってドームの頂上に到着です。

「石の回廊」からの景色も良かったですが、「金の回廊」からの景色もすばらしい!

360度ロンドンの市街を見渡せます。体力に自信のあるならぜひ上ってみてくださいね。

金の回廊。狭いです!金の回廊。狭いです!

金の回廊からロンドンの街を見下ろす。

金の回廊から街を見下ろす。

金の回廊からみたロンドンの金融街「City」。

金の回廊からみたロンドンの金融街City。

音声ガイドは是非聞いて

セントポール大聖堂に来たらぜひとも利用したいのが音声ガイド。

セントポールの音声ガイドはすばらしいんですよ。

聖堂内を細かくしっかりと解説してくれるので理解が深まります。

もちろん日本語のガイドもあるので安心。
入場料に音声ガイド料も含まれているので聞かないと損ですよ。

音声ガイドをおすすめする理由はの記事でも書いています。

観光地では音声ガイドをぜひ使おう!その魅力を紹介

セントポール大聖堂は何時間で見てまわれる?

公式サイトを見ると、セントポール大聖堂の観光時間は1時間半から2時間ほどと書かれています。

ちなみにぼくは聖堂内、ささやきの回廊、石の回廊、金の回廊、地下と全部回って約3時間ほどかかりました。

音声ガイドを全部聞いたし、休憩時間も多めに含んだ時間です。

本当にじっくりと見てまわりたいなら3時間くらいかけて見ても十分。それだけ見る価値のある場所ですよ。

セントポール大聖堂について

St.PAUL’S CATHEDRAL

営業時間8:30(開場)
9:30(回廊オープン)
16:00(最終入場)
16:15(回廊への最終入場)
16:30(閉場)
開場日月〜土(日は礼拝のみ)
入場料£18(18歳以上)
£16(学生、60歳以上)
£8(子ども 6〜17歳)
£44(家族 大人2人・子ども2人)
※この他グループ割引もあり
WEBサイト

Home – St Paul's Cathedral

観光に関しての詳しい情報はSightseeing, Times & Prices – St Paul's Cathedral を確認してください。(英語)

「セントポール大聖堂」の入場料を14%OFFで手に入れる

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,427 (2018/11/20 09:19:12時点 Amazon調べ-詳細)