人生は宇宙だ!

くらげのように漂い、いろんなものが混ざり合う。人生はまさに宇宙なのだ。

*

時差の大きい場所から帰った翌日は予定を入れるべきではない

      2015/09/24

  • 時差ボケを甘く見てました

    イギリスから帰ってきました。そして翌朝の調子がすこぶる悪い状態です。帰国翌日の朝に予定を入れてしまったのを激しく後悔しているんですがすでに手遅れ。予定時間をなんと3時間も起床ということになってしまいました。先方様には本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。

    時差が8時間とか大きい場合には翌日、特に翌朝には予定をいれないことをおすすめします。いや、おすすめじゃないな絶対に予定を入れたらダメですね。本当に辛いですよ。

    睡眠の量では直らない

    イギリスから乗り継ぎ先の韓国までの飛行時間は約11時間。その間9時間くらいは寝てました。そして帰国してからもすぐ帰宅して就寝。それも睡眠時間は8時間ほどなので普通の睡眠時間ですよね。飛行機の睡眠時間も合わせると結構な時間寝てたことになります。それでもとても眠気も残るし身体もだるい。たくさん寝たからって体調が元に戻るほど甘くはなかったようです。

    イギリスは今の時期は日本との時差は8時間なんですね。今までこんなに時差のある場所には行ったことがなくて、時差があったとしても2時間とかそんなもん。2時間くらいの時差ならばそれほど身体に負担になることもなかったんですよね。でもさすがに8時間ともなると身体への影響は大きかったみたい。

    数日は直らなさそう

    これは日本からイギリスに行ったときもそうだったんですが、向こうの生活リズムになれるまで3日かかりました。イギリスに着いて3日間くらいは毎日夜明け前の3時、4時とかに目が覚めるっていうことが続いたんです。

    日本に帰国時も同じような時差ボケになってしまってます。イギリスの時とは逆に朝起きられないってやつです。日本の朝はイギリスの夜中ですからね。まだ身体は眠っていたいようです。身体のリズムが元に戻るまで2、3日はあまり無理をしないようにしようと思います。

    日光を浴びてリセット

    数日慣れるまで我慢とは言っても何もしないのも嫌なので簡単にできそうなことをやってみることにします。一番簡単なことは朝起きたら日光を浴びるってことですかね。日の光っていうのは体内時計を調整するのに良いんだそうですよ。

    • 0
    • 0
    • 0

     - 海外旅行

  •   関連記事

    セントポール大聖堂
    20年越しの夢。メリーポピンズの舞台セントポール大聖堂に行って来たよ

    Feed the birdsの舞台 1964年に製作された映画、メリーポピンズ。 …

    カンボジア行きのビジネスクラスチケット(約6万円)を取りました

    ビジネスクラス片道6万2千円 8月からカンボジアで働くために、カンボジア行きの片 …

    やっと手に入れた日本行きのチケット
    中国東方航空で14時間かけて日本に帰ってきました

    今どこ?なにがあったの? クメール正月を利用して日本に一時帰国しているのですが、 …

    深夜の空港。ベンチで寝ている人も大勢います
    関空で夜を明かすことになってしまったあなたに贈る夜明かし場所まとめ

    空港で夜を明かすはめになったあなたへ 早朝便。嫌な響きですよね。朝の7時のフライ …

    カンボジアアンコールエアー
    安いぞカンボジアアンコールエアー!プノンペン〜バンコク往復178.6ドル

    運賃片道30ドルはお得 はじめてカンボジアの航空会社であるカンボジアアンコールエ …

    カンボジアに出発 − 上海〜プノンペン編

    ラウンジの場所が分かりません 今回は上海での待ち時間が長くて、5時間ほど待つこと …

    入国時の健康チェックシート
    【なくなりました】入国時に大混乱。健康チェックはどうにかならないの?

    入国では大混雑が予想されます カンボジアへの入国には健康チェックが義務づけられて …

    カンボジア長期滞在の保険について考える

    カンボジアに行くときは保険が必須 カンボジアに限ったことではないですが、海外では …

    夏は昼がとても長いイギリス。
    イギリス旅行は夏に限る。長い昼を有効に使えます

    長すぎる昼 5月のイギリスは昼がめちゃくちゃ長いです。普通に生活していても全然夜 …

    no image
    上海・浦東空港のラウンジの食事は質素です

    前回の記事に引き続き、上海・東浦空港のラウンジについて書きます。ここの食事なんで …