人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

初対面の店員にため口を使う人は下品ですよ

      2016/02/15

  • 初対面でため口を使うって下品ですよ

    最近すごく気になることがあるんですよ。それはお店の人に対して初対面にも関わらずため口で話すお客。顔なじみになってため口で話すっていうのは全然理解できるんですけど、初対面でため口って一体なんなんでしょうね。傍から見ていてものすごく不快です。その人の人格を疑ってしまいます。

    そういう人って自分の中に序列っていうのを意識的にか無意識でかは知りませんが持っているんじゃないですかね。相手は店員、自分は客。自分の方が偉いからため口で話をしてもいいっていう理論。ぼくの経験場、社会的なステータスに執着して自己顕示欲が強い人って、ため口で話すことが多い気がします。そんなに自分を大きく見せないといけないもんですかね?疲れませんか?

    人間としては対等なのです

    これはぼくの基本的な考えなんですが、人間って言うのは対等なものなんです。店員が下でお客が上っていうことなんてないんですよ。店員はお客からお金をもらっているので、その対価として丁寧で良質なサービスを提供する義務はあります。もちろん義務っていう部分以外にもせっかく来てくれたお客さんに良い思いをしてもらいたいという気持ちだってありますよ。だからお客には丁寧な対応をするんです。

    初対面でため口で話すような失礼な態度を取るような人っていうのは、この客と店員という立場で、自分がいかに優位に立っているのかを示したいと思っているわけです。人間と人間は対等であるという基本的な考え方が解っていません。

    品格のある人は礼儀正しい

    すばらしいなと思う人は初対面の人にため口で話しかけたりするようなことはしません。たとえ相手が店員であっても、年下であっても初対面の時には敬語で話しかけます。相手を同じ対等な立場である人間として認識しているんですよ。

    ぼくはそういう人をみる度に清々しい気持ちになるんです。そういう人間になりたいですね。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  •   関連記事

    no image
    あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます 2015年がはじまりましたね。ぼくは2014年が …

    ヤマザキ春のパンまつり
    ヤマザキ春のパンまつり。あなたは本当に皿を欲しているのか?

    タダでもらえるからもらうという貧乏根性 毎年春になると猛烈にひっかかることがあり …

    仕事中心に生きてる人は隠居するが、人生を生きている人は隠居しない

    仕事人間はリタイア後に空しい人生が待っている あるお店でコーヒーを飲んでたら隣に …

    no image
    ぼくの親友の一人を自慢します

    カンボジアではじめにできた友人 今回はぼくの親友をご紹介。ぼくは最近色々とあって …

    厚生労働省が発表した日本人の平均寿命
    人生80年って言うけれど80年間好きなことできるわけじゃないんだよ

    80年好きなことできるわけじゃない 厚生労働省が日本人の平均寿命と言うものを公表 …

    no image
    主語を言わないと理解できないという人もいるという現実

    主語を言ってくれないと分かりません プロブロガーのヨスさんがこういう記事を書かれ …

    過去の犯罪を未来に役立てる
    過去の犯罪を肥やしにして未来のために生きると決意する

    改心は人から強要されるものではない。自発的にするもの ぼくにはある友人がいます。 …

    意識をしないともったいない。あなたは何も見ていないんじゃないか?

    見ているようで実はまったく見ていない 最近ハッと思うことがあったんです。それは自 …

    バスで見かけたじゃがいもを捨てないようにしようという広告。
    食べ物を捨てないで!食べ物が泣いているよ!

    食べ物を捨てるのはやめよう この広告を見てください。バスに乗っていた時に偶然見つ …

    no image
    迷惑をかけても生きて良いの?

    自分が自分でなくなる 自分っていうと自分ですよね?当たり前のことです。でもぼくに …