これが言いたい

初対面の店員にため口を使う人は下品ですよ

投稿日:2015年12月6日 更新日:

スポンサー

初対面でため口を使うって下品ですよ

最近すごく気になることがあるんですよ。それはお店の人に対して初対面にも関わらずため口で話すお客。顔なじみになってため口で話すっていうのは全然理解できるんですけど、初対面でため口って一体なんなんでしょうね。傍から見ていてものすごく不快です。その人の人格を疑ってしまいます。

そういう人って自分の中に序列っていうのを意識的にか無意識でかは知りませんが持っているんじゃないですかね。相手は店員、自分は客。自分の方が偉いからため口で話をしてもいいっていう理論。ぼくの経験場、社会的なステータスに執着して自己顕示欲が強い人って、ため口で話すことが多い気がします。そんなに自分を大きく見せないといけないもんですかね?疲れませんか?

人間としては対等なのです

これはぼくの基本的な考えなんですが、人間って言うのは対等なものなんです。店員が下でお客が上っていうことなんてないんですよ。店員はお客からお金をもらっているので、その対価として丁寧で良質なサービスを提供する義務はあります。もちろん義務っていう部分以外にもせっかく来てくれたお客さんに良い思いをしてもらいたいという気持ちだってありますよ。だからお客には丁寧な対応をするんです。

初対面でため口で話すような失礼な態度を取るような人っていうのは、この客と店員という立場で、自分がいかに優位に立っているのかを示したいと思っているわけです。人間と人間は対等であるという基本的な考え方が解っていません。

品格のある人は礼儀正しい

すばらしいなと思う人は初対面の人にため口で話しかけたりするようなことはしません。たとえ相手が店員であっても、年下であっても初対面の時には敬語で話しかけます。相手を同じ対等な立場である人間として認識しているんですよ。

ぼくはそういう人をみる度に清々しい気持ちになるんです。そういう人間になりたいですね。

-これが言いたい
-

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

普段着はパーカーのみ!パーカーの魅力とは一体なんなのか?

年中ほどんどパーカーを着て過ごしているのには訳がある。パーカーの持つ魅力を紹介します。精神的なゆとりや機能性などパーカーを着ることで生活がずっと豊かなものになるのです。

牛すじカレーのまぜ焼き

お好み焼き屋”そうるめいと”のマスターが好きなのだ

お好み焼き屋のマスターに人生相談をしてもらった ぼくは日本にいる時に通い詰めていたお好み焼き屋があるんですが、帰国後すぐに行ってきました。日本でぼくが落ち着ける場所はとても少なくて実家でさえもぼくにと …

no image

ぼくの親友の一人を自慢します

カンボジアではじめにできた友人 今回はぼくの親友をご紹介。ぼくは最近色々とあって気持ちがすごく落ちていたんです。何をしてもずっと落ちている感じ。それを押さえるために薬を服用して寝込んでしまったりと悪循 …

東京タワー

カンボジアの友人が悲しんだ出来事。無視は良くないよ。

東京で嫌な思いをした友人 ちょっと前にカンボジアから友人が来日しました。その時にちょっと嫌なことがあったんですよね。それは何かって言うと友人が日本人に話しかけた時に無視されたこと。無視はいけませんよ! …

好きなことを極めろ!

「好きこそものの上手なれ」は本当だと断言できます!

1万時間続けるためには好きであることが大事 「好きこそものの上手なれ」 こういう言葉ありますよね。まったくその通りだと最近思うんです。なにかを上手にできるようになろうと思うなら、大前提として、その事が …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote