たばこ

喫煙者は知っておいた方がいいよ。タバコが嫌いな人の気持ちをね!

ぼくはタバコが嫌いです。

興味本位で吸ったことは何回かありますけど全然体が受け付けませんでしたね。

でも、この社会で生きて行くためにはタバコと付きあっていかないことも多々あるわけです。

最近は、タバコに接する機会が格段に増えました。そして自分自身がタバコの煙で苦しむ機会も当然増えたわけです。

そこで、非喫煙者であるぼくが“喫煙者の方々に知っておいてもらいたい非喫煙者の気持ち”を書いてみようと思います。

タバコは自分だけの問題じゃない

喫煙者
タバコが体に悪いのは解っている。でも、吸って体を壊すのは自分なんだから他人にどうこう言われたくない。

こういう発言をする喫煙者の方って本当に多い。

確かに、タバコを吸っている人自身の健康に、タバコが悪影響を与えるっていうのは合ってます。

でもここで決定的に抜けている視点があるんですよ。

それはタバコを吸っていない周りの人にも悪影響があるってこと。

これは非常に重要なことです。もう一回言いますよ。

タバコを吸ってない周りの人にも悪影響があるんですって。

体に悪いのは自分だけなんじゃないんだよって声を大にして言いたいですね。

とにかく、人前でタバコを吸うときにはせめて電子タバコにしていただきたい。

受動喫煙という悲劇

タバコが大嫌いなのに、喫煙者の出すタバコの煙を吸わなければいけない。

強制的にタバコの煙を吸わせられる“受動喫煙”って本当にタバコを吸わない人にとっては悲劇です。

ぼくはタバコの煙が本当にダメなんで、煙を吸い込むと鼻の奥がめちゃくちゃ痛くなってめまいがしてきます。

もうね、これは暴力です。

一番嫌いなのは煙

一番嫌いなのは煙

この前どっかの店で、ぼくの両サイドに座った人が一斉にタバコを吸い出したんですよ。

あまりの煙で猛烈に調子が悪くなりました。もうガスマスクが欲しいレベルです。

でもね、吸っている人には非喫煙者の気持ちっていうのは全く解らないんですよね。

ぼくがゴホゴホ咳をしていてもまったく気にもとめていないようでした。喫煙者ってタバコの煙を何とも思わないんですかね?不思議です。

肩身の狭い喫煙者?

喫煙者
タバコを吸える場所が少なくなって喫煙者は肩身が狭い

これも喫煙者がよく言う台詞。

たしかに以前に比べて、タバコを吸える場所って本当に少なくなりましたよね。

ちょっと昔だったら、レストランは当然のようにタバコを吸ってOKでしたし、ぼくが子どもの頃にはバスや電車でもタバコOKでした。

もっと昔になると飛行機でも吸ってOKだったっていうから驚きです。

昔の事を考えると、今のタバコに対する世間の風当たりは厳しいです。

でも、これだけの煙をまき散らして周りの人の健康も害しているんですよ。

ぼくは、そんな健康を害しまくるタバコなんてものは違法にしても良いくらいだと思ってます。

まだ吸えるだけでも良いじゃないかって思うんですがね。

マナーの悪い喫煙者

タバコに対するイメージの悪さの原因はマナーの悪い喫煙者の存在です。

ぼくは車を運転する機会が多いので特に目に付くんですけど、ドライバーの喫煙マナーって最悪ですよね。

しょっちゅう前を走っている車からタバコが飛んできます。平気でタバコを道に捨てます。まったく理解できません。頭おかしいんじゃないですか?

たばこのポイ捨て

たばこのポイ捨て

怒り爆発しそうになるのが、停めた車から灰皿の中身を道にどばっと捨てるおっさん。もうね、こんな人にタバコを吸う資格ありませんよ。

まとめ

喫煙者の方の中には、タバコを吸わない非喫煙者の気持ちがあまりにも解っていない方が多いです。

思っている以上にタバコを吸わない人はタバコを嫌っているもんですよ。

もうちょっと他の人のことも考えてタバコを吸っていただかないと、この先もっと喫煙者の肩身が狭くなっていくと思います。

マナーの向上を心より願っています。