人生は宇宙だ!

くらげのように漂い、いろんなものが混ざり合う。人生はまさに宇宙なのだ。

*

喫煙者は知っておいた方がいいよ。タバコが嫌いな人の気持ちをね!

      2017/04/14

  • ぼくはタバコが嫌いです。

    興味本位で吸ったことは何回かありますけど全然体が受け付けませんでしたね。

    でも、この社会で生きて行くためにはタバコと付きあっていかないことも多々あるわけです。

    最近は、タバコに接する機会が格段に増えました。そして自分自身がタバコの煙で苦しむ機会も当然増えたわけです。

    そこで、非喫煙者であるぼくが“喫煙者の方々に知っておいてもらいたい非喫煙者の気持ち”を書いてみようと思います。

    タバコは自分だけの問題じゃない

    喫煙者
    タバコが体に悪いのは解っている。でも、吸って体を壊すのは自分なんだから他人にどうこう言われたくない。

    こういう発言をする喫煙者の方って本当に多い。

    確かに、タバコを吸っている人自身の健康に、タバコが悪影響を与えるっていうのは合ってます。

    でもここで決定的に抜けている視点があるんですよ。

    それはタバコを吸っていない周りの人にも悪影響があるってこと。

    これは非常に重要なことです。もう一回言いますよ。

    タバコを吸ってない周りの人にも悪影響があるんですって。

    体に悪いのは自分だけなんじゃないんだよって声を大にして言いたいですね。

    とにかく、人前でタバコを吸うときにはせめて電子タバコにしていただきたい。

    受動喫煙という悲劇

    タバコが大嫌いなのに、喫煙者の出すタバコの煙を吸わなければいけない。

    強制的にタバコの煙を吸わせられる“受動喫煙”って本当にタバコを吸わない人にとっては悲劇です。

    ぼくはタバコの煙が本当にダメなんで、煙を吸い込むと鼻の奥がめちゃくちゃ痛くなってめまいがしてきます。

    もうね、これは暴力です。

    一番嫌いなのは煙

    一番嫌いなのは煙

    この前どっかの店で、ぼくの両サイドに座った人が一斉にタバコを吸い出したんですよ。

    あまりの煙で猛烈に調子が悪くなりました。もうガスマスクが欲しいレベルです。

    でもね、吸っている人には非喫煙者の気持ちっていうのは全く解らないんですよね。

    ぼくがゴホゴホ咳をしていてもまったく気にもとめていないようでした。喫煙者ってタバコの煙を何とも思わないんですかね?不思議です。

    肩身の狭い喫煙者?

    喫煙者
    タバコを吸える場所が少なくなって喫煙者は肩身が狭い

    これも喫煙者がよく言う台詞。

    たしかに以前に比べて、タバコを吸える場所って本当に少なくなりましたよね。

    ちょっと昔だったら、レストランは当然のようにタバコを吸ってOKでしたし、ぼくが子どもの頃にはバスや電車でもタバコOKでした。

    もっと昔になると飛行機でも吸ってOKだったっていうから驚きです。

    昔の事を考えると、今のタバコに対する世間の風当たりは厳しいです。

    でも、これだけの煙をまき散らして周りの人の健康も害しているんですよ。

    ぼくは、そんな健康を害しまくるタバコなんてものは違法にしても良いくらいだと思ってます。

    まだ吸えるだけでも良いじゃないかって思うんですがね。

    マナーの悪い喫煙者

    タバコに対するイメージの悪さの原因はマナーの悪い喫煙者の存在です。

    ぼくは車を運転する機会が多いので特に目に付くんですけど、ドライバーの喫煙マナーって最悪ですよね。

    しょっちゅう前を走っている車からタバコが飛んできます。平気でタバコを道に捨てます。まったく理解できません。頭おかしいんじゃないですか?

    たばこのポイ捨て

    たばこのポイ捨て

    怒り爆発しそうになるのが、停めた車から灰皿の中身を道にどばっと捨てるおっさん。もうね、こんな人にタバコを吸う資格ありませんよ。

    まとめ

    喫煙者の方の中には、タバコを吸わない非喫煙者の気持ちがあまりにも解っていない方が多いです。

    思っている以上にタバコを吸わない人はタバコを嫌っているもんですよ。

    もうちょっと他の人のことも考えてタバコを吸っていただかないと、この先もっと喫煙者の肩身が狭くなっていくと思います。

    マナーの向上を心より願っています。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい ,

  •   関連記事

    牛すじカレーのまぜ焼き
    お好み焼き屋”そうるめいと”のマスターが好きなのだ

    お好み焼き屋のマスターに人生相談をしてもらった ぼくは日本にいる時に通い詰めてい …

    料理を食べ残さないで。
    料理を残されるのは悲しい。手間をかけて作っているものだからこそ全部食べてほしい。

    どれも手間暇かけて作ったもの ぼくは時々飲食店で働いています。だから料理一品一品 …

    no image
    主語を言わないと理解できないという人もいるという現実

    主語を言ってくれないと分かりません プロブロガーのヨスさんがこういう記事を書かれ …

    豊かなわき水が流れる滋賀・針江。
    観光地について意見するならまず移住するべき

    観光地で生活する人がいるという事実 滋賀県には針江という地下水が豊富に湧き出る場 …

    駅のホームにピアノ!?イギリスで「表現」することについて思い知らされた

    誰でも表現者になれるんだ 海外に行くと、日本では当たり前だと思っていたことが全然 …

    ボランティア論
    ボランティア論。ぼくは記憶に残るものを残せたのだろうか?

    夢で出てきた女性がぼくに貸してくれた1枚のCD ある雨の日。昼寝をしていたらこん …

    料理は作ったらすぐに食べろ!後片づけなんてあとでいい!

    出来たて熱々の料理を食べないことは料理に対して冒涜である こんにちは、自炊愛好家 …

    フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。
    カンボジア人から見た日本人。よく”あのう”って言うね。意思が伝わらないよ。

    日本人は”あのう”など多用しすぎ 先日カンボジア人の通人 …

    銀行にとって印鑑とは何なのか?送金通知書に押す印鑑はなんでも良いってどういうこと?

    なんでも良いならサインでも良いのではないかという疑問 先日税金の一部が還付される …

    我が家にやってきた犬
    幸せに死んでもらいたい。だから犬の里親になることを選んだ

    8年間物として扱われ続けた犬 最近犬を飼い始めました。と言っても子犬ではなくて8 …