人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

プロフィールを書いて昔の自分を思い出したよ

      2016/02/15

  • 昔の自分を思い出す作業

    このブログを始めて2年半ほどになります。一番最初に作ったページがプロフィールなんですよね。

    これがぼくのプロフィールページ(//moori.musyozoku.com/sample-page/)です。

    プロフィール

    URLを見てもらったらわかりますが”sample-page”になってます。このブログはWordPressでやってるんですが、特に何も考えないまま最初にあったサンプルページをそのまま上書きしてプロフィールにしてしまったのでこんなことになっています。ちょっと失敗だったと今になって思ってますが…

    当初は大してプロフィールは大事だと思っていなくて適当に書いてたんです。でもプロフィールは大事だからちゃんと書こうと言われたのでしっかりと書き直してみました。

    ぼくが生まれた時から今までのことを順番に思い出しながらの作業。これが結構面白くて夢中になってしまいました。遠い昔の事を記憶や写真を見ながら思い返す。どんな事に夢中になって毎日を過ごしていたか。そういうことを思い出しては文章に綴っていきました。本当に過去の自分を再発見できるようでしたね。

    ブログをやっている人でまだプロフィールを作っていない人、適当に作っただけの人がいたら一度作り直してみてください。自分自身を再発見できるかも知れませんよ。本当にオススメです。

    プロフィールが更新できなければ終わり

    プロフィールって言うのは一度書いたらおしまいっていうものじゃないんです。どんどんアップデートしていくべきです。自分自身が毎日変化していくように、プロフィールも自分の変化に合わせてどんどんとアップデートしていきましょう。

    逆に言うとプロフィールの更新ができないようじゃおしまいってことです。何にも自分に変化が起きてないってことですからね。

    というわけでどんどんプロフィールを更新できるようにぼく自身も全力でぶつかっていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  •   関連記事

    意識をしないともったいない。あなたは何も見ていないんじゃないか?

    見ているようで実はまったく見ていない 最近ハッと思うことがあったんです。それは自 …

    思ってもいないナイスショット
    “契約はグリーンの上で” マジ勘弁してほしい

    グリーンの上で契約って… 友人と話していた時に衝撃的な話を聞きました …

    英雄ポロネーズ
    新年だから目標を立てるんじゃないんですよ。新年だから目標を確認するんです。

    あけましておめでとうございます。 ぼくは今まで正月に今年の目標を立てるっていうこ …

    大英博物館
    音声ガイダンスを使わないのがまったく理解できません

    音声ガイダンスを使わないで一体何を見てるの? 最近思うんですよね。博物館などで用 …

    クラチェのワークショップの様子。毎日多くの学生がやってきてくれました。
    国際協力とは相手に支援することじゃない。相手にぶつかることだ。

    全力でぶつかりあうことこそが国際協力だ 2015年はJICA(国際協力機構)の行 …

    厚生労働省が発表した日本人の平均寿命
    人生80年って言うけれど80年間好きなことできるわけじゃないんだよ

    80年好きなことできるわけじゃない 厚生労働省が日本人の平均寿命と言うものを公表 …

    ボランティア論
    ボランティア論。ぼくは記憶に残るものを残せたのだろうか?

    夢で出てきた女性がぼくに貸してくれた1枚のCD ある雨の日。昼寝をしていたらこん …

    単純プレゼントはAmazonほしい物リストを使え
    誕生日プレゼントはAmazonの「ほしい物リスト」に載せよう。ほしい物リストを使うメリットから注意点まで徹底解説

    こんにちは、すっかり誕生日プレゼントには縁遠くなったmoriです。 とは言うもの …

    水晶浜から美原原発を望む。
    人生の失敗はなんとかなるかもしれないけど、原子力事故は取り返しがつかないよ

    たった80kmのところに原発があった 福井県の美浜町という場所に行って来ました。 …

    カンボジアの使い捨て労働者
    使い捨てにされるカンボジアの工場労働者。安いものを求め続けることの危険性を認識せよ

    物価が上がり続けるから最低賃金が上がっても苦しいまま カンボジア人の友人と夕食を …