カンボジア料理レストラン・バイヨン

ウェイターからシェフに。お客様のために料理を勉強

ウェイターだからこそ料理を知らなければいけない

飯田橋にあるカンボジア料理レストラン・バイヨン。そこのシェフはもともとウェイターだったんです。なんでシェフになったからって言うとウェイターこそ料理を知らないといけないからとの思いからなんですね。

お客様から料理について聞かれるのがウェイター。だから料理についてしっかりと知っていないといけないとの考えなんですよね。しっかりとした考え方を持ってらっしゃる!

料理人から目で盗んで試行錯誤

カンボジアの料理人はなかなか料理を教えてくれなかったようで、料理をどうやって作るかわからなかったんです。でも材料は何となく想像できます。そうして毎日仕事が終わったら材料を買い込んで家で作ってみるんだそうです。そしてできた料理を友人に食べてもらってアドバイスをもらい続けて料理の完成度を高めていったとのこと。

プノンペンで料理の先生に

カンボジアではプノンペンにある料理学校の先生をやられていました。ここでの経験がもとになって、バイヨンレストランの開店に繋がったんです。

今は日本人女性とご結婚されてお子さんもいらっしゃってお幸せそう。

これからも美味しいカンボジア料理を作り続けてください。また食べに行きます!