これまで出会った素敵な人たち

ウェイターからシェフに。お客様のために料理を勉強

投稿日:2014年11月30日 更新日:

スポンサー

ウェイターだからこそ料理を知らなければいけない

飯田橋にあるカンボジア料理レストラン・バイヨン。そこのシェフはもともとウェイターだったんです。なんでシェフになったからって言うとウェイターこそ料理を知らないといけないからとの思いからなんですね。

お客様から料理について聞かれるのがウェイター。だから料理についてしっかりと知っていないといけないとの考えなんですよね。しっかりとした考え方を持ってらっしゃる!

料理人から目で盗んで試行錯誤

カンボジアの料理人はなかなか料理を教えてくれなかったようで、料理をどうやって作るかわからなかったんです。でも材料は何となく想像できます。そうして毎日仕事が終わったら材料を買い込んで家で作ってみるんだそうです。そしてできた料理を友人に食べてもらってアドバイスをもらい続けて料理の完成度を高めていったとのこと。

プノンペンで料理の先生に

カンボジアではプノンペンにある料理学校の先生をやられていました。ここでの経験がもとになって、バイヨンレストランの開店に繋がったんです。

今は日本人女性とご結婚されてお子さんもいらっしゃってお幸せそう。

これからも美味しいカンボジア料理を作り続けてください。また食べに行きます!

-これまで出会った素敵な人たち
-, ,

執筆者:

「これまで出会った素敵な人たち」のオススメ

【後編】家さえも捨てて単身カンボジアへ!香川の元看護師・楠川富子さんの活動を見てきたよ

カンボジアでうどんハウスプロジェクトをされている楠川富子さんの活動紹介の後編です。 前編ではうどんハウスプロジェクトやカンボジアの医療の現状などについて書きました。 【前編】家さえも捨てて単身カンボジ …

カンボジアを発つおかんとAさん

元気すぎる女性(通称おかん)と1年ぶりの再開

1年ぶりの再開 以前ぼくがカンボジアでボランティアをしていた頃、同じボランティアとしてカンボジアで活動した大分年上の女性がいました。その彼女(通称おかん)がカンボジアでのボランティア活動を終了したのが …

ごめんよ、おっちゃん。その時期はカンボジアに行けないんだ。

パーティーに誘われたけど ぼくの一番好きなトゥクトゥクのおっちゃんがぼくに国際電話をかけてきました。内容はパーティーへの招待です。彼の息子さんのパーティーを彼の田舎であるスヴァイリエン(ベトナムとの国 …

no image

強く前進し続ける姿勢に感動。ポジティブ思考に満ちあふれるMiwaさんから学んだ4つのこと

ぼくの人生を変えた人 人生では色んな人たちとの出会いがあります。親しくなって今でもずっとお付き合いしている人、もう付き合いをやめてしまった人、ほんの一瞬すれ違っただけのような人、いろいろです。 こんな …

ネパール話で盛り上がる二人。

3時間以上!カンボジアでまさかのネパール話で大盛り上がり

プノンペン郊外でまさかのネパール繋がりとは 今、ネパール人がカンボジアに来ていて3ヶ月間カンボジアに滞在する予定です。短いこの期間に色々な場所、人を紹介して少しでもこの国の事を知ってもらいたいと思って …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote