カンボジア料理レストラン・バイヨン

東京でカンボジア料理を食べるなら”バイヨン”で決まり!

東京で食べるカンボジア料理もまた美味い!

先日友人と東京にあるカンボジア料理レストラン・バイヨンに行ってきました。

大都会東京にも数軒しかないカンボジア料理レストランということで貴重です。

ここのシェフはまだお若いんですが、プノンペンの料理学校Friendsの先生をやっていたということでとても美味しいカンボジア料理を作ってくれましたよ。

カンボジア料理レストラン・バイヨン

カンボジア料理レストラン・バイヨン

日本人好みにアレンジしたカンボジア料理が食べられる

今回食べたカンボジア料理を紹介します。

チャークニャイ・サイモアン(鶏肉の生姜炒め)

きれいに骨を外された鶏肉と生姜が絶妙。

カンボジアで鶏肉を食べると骨がめちゃくちゃついていて食べる気が失せます。

でもバイヨンでは骨がついてないので、まったくストレスなく鶏肉が食べられるのがいいですね。

赤ピーマンも目を楽しませてくれるんですよ。

チャークニャイ・サイモアン(鶏肉の生姜炒め)

チャークニャイ・サイモアン(鶏肉の生姜炒め)

ニョアム・スヴァイ(マンゴーサラダ)

カンボジアではハエと一緒に食べた印象が強く、あまり美味しいと感じたことはありませんでした。

このお店は清潔でとても美味しかったです。

日本ではマンゴーというと甘いものをイメージしますが、カンボジアでは未熟な緑のマンゴーをよく食べます。

ほどよい酸味とポリポリとした食感がたまりません。

ニョアム・スヴァイ(マンゴーサラダ)

ニョアム・スヴァイ(マンゴーサラダ)

未熟なグリーンマンゴーは熟したマンゴー並に美味しいって知ってる?

アモック(魚のココナツ蒸し)

甘いココナッツがとても美味しいです。

カンボジアでは川魚を使うのでちょっと泥臭いんですが、ここではタラを使っているのかな?

日本人にはこっちの方が合うと思いますね。

アモック(魚のココナツ蒸し)

アモック(魚のココナツ蒸し)

チャー・トロクオン(空心菜炒め)

日本ではあまり見かけない空心菜の炒めものです。

これもカンボジアで食べた味と同じでとても美味しかったですよ。

空心菜独特のシャッキっとした食感がいいですね!

チャー・トロクオン(空心菜炒め)

チャー・トロクオン(空心菜炒め)

シェフの人柄が素敵

シェフは料理が上手なだけじゃなくて人柄も最高ですね。

日本語も上手だから会話も楽しめます。

ぼくはひさしぶりにクメール語での会話を楽しめました。

いやぁ、楽しかったな。

バイヨンの詳細情報

場所は飯田橋駅から歩いてちょっとの所なんですが、路地を入って行くので少し分かりにくいです。

それでも行く価値ありですよ!