食べ歩き

【茨城・水戸】レストランには見えないが絶品タイ料理を堪能できる「バンセンストア」

投稿日:2017年11月6日 更新日:

スポンサー

茨城のブロガー清宮さんと一緒にタイ料理を食べに行きました。

清宮さんオススメのタイ料理レストランはこちらです。

バンセンストア

バンセンストアの店内

清宮さんは昔、この店に通い詰めていたそう。
隠れ家的なたたずまいのお店には、茨城に住むタイ人が多くやってきてたんだとか。

もともとは東南アジアの食材を扱うお店だったので、タイ料理は店の一角で少し作るといった感じだったんだそうです。

ところが、おいしいタイ料理が食べられると評判になると、今のようにレストランという形になりました。

まったくレストランには見えないので迷います

清宮さんに案内されてバンセンストアにやってきたのですが、どこにタイ料理の店があるのかさっぱりわかりません。

バンセンストア

清宮さんご自身も本当に久しぶりの訪問だったので、店が本当にあるのか分からなかったようです。

シャッターの閉まった建物。
そのシャッターの前には地面に直置きされた看板が。

看板には「タイ料理」の文字が。

mori
まさか閉店した?

嫌な予感が頭をよぎったのですが、すぐ隣の建物になにやらタイ語のような文字を発見。

バンセンストアの張り紙

良かった!店はあった!

こちらがお店の外観です。
よく目を凝らしておかないとうっかり見落としてしまいそう。

バンセンストアの外観

この外観に惑わさせないように、お店を探してくださいね。

駐車場もすぐそばにあります。
駐車場の看板は大きくて目立ってますよ。

バンセンストアの看板

庶民的な店内では自ら動け

店内はお世辞にもおしゃれとはいえない庶民的な雰囲気。
テーブルが10卓あるかないか。

店内に置かれた大きなテレビからは、お昼のバラエティー番組が流れてました。

バンセンストアの店内

席に着くとお店の人がお水を持ってきてくれますが、忙しい時には自分でお水を入れにいくシステムのようです。

ちょうど後ろの席のお客さんはビールを飲んでいたんですが、瓶ビールを飲む時もグラスはセルフサービス。
さらにおかわりも自分で冷蔵庫から出してくるという感じのようでした。

人も少ないみたいで、何もかもお店の人が気を使ってくれるというタイプの店ではありません。

注文したければ自ら厨房に声をかけるくらいの積極的な態度があればいいですね。

本格タイ料理はうなる美味さ

とても庶民的なお店なんですが、出てくる料理はとてもおいしいんです。

おいしいだけでなく量も多く。
言うことなしですね。

今回は3種類の料理をいただいたので紹介します。
どれもとてもおいしかったですよ。

タイ風豚ひき肉ラーメン(600円)

バンセンストアのタイラーメン

あっさりとしたスープの中に、豚のひき肉が入ったラーメンです。

ラーメンと言っても日本のラーメンとは麺が全然違います。
タイラーメンの麺は米を使った麺でやさしい味です。

あっさりとしたおいしいスープに豚の油の旨味が混ざり合ってとてもおいしかったですね。
豚の他に魚肉ボールも入っていてボリュームも満点です。

豚のひき肉以外にも、鶏肉が入ったタイラーメンもあります。

春雨とシーフード炒め(800円)

春雨とシーフード炒め

春雨とたっぷりのエビ、卵、野菜を炒めたもの。

目をひくのは大きなキクラゲ
コリコリした食感はとてもインパクトがあります。

しっかりと旨味のきいた味つけはとてもおいしいです。
タイ料理といえば辛いんじゃないかと思うかも知れませんが、この料理は全く辛くありません。

辛いのが苦手なぼくでもおいしく食べられました。

パパイヤサラダ(1,000円だったはず)

パパイヤサラダ

青い未熟なパパイヤを細く切って、他の野菜やタレと和えたサラダ。
ピーナッツや唐辛子が入った日本ではあまり見かけないサラダです。

ちょっと日本人がイメージするサラダとは違うので、初めて食べる時には少し抵抗があるかも知れません。
実際にぼくがこのサラダを初めて食べた時、あまり食べられなかったのを覚えています。

慣れればすごくおいしいんですけどね。

パパイヤは酸味のあるタレと唐辛子で独特の味つけがされています。
爽やかで、パパイヤのポリポリとした食感がおいしいです。

ただ、以前この店で出していたパパイヤサラダとは味つけが変わっているんだそう。
日本人向けに味を変えたのかな?と清宮さんはおっしゃってましたよ。

ちなみに以前のものはかなりクセのある味だったようで、エビを発酵させた調味料を使っていたようです。

今でも昔の味付けをオーダーしたら作ってくれるのではないかとのこと。

スポンサー

店内には東南アジアの食材が並ぶ。もちろん購入できるよ

さっきも書きましたが、バンセンストアはもともと東南アジアの食材を扱うお店。

レストランスペースの奥には東南アジアの食材がたくさん並んでいましたよ。

おなじみのカレーたち。
レッドカレーやグリーンカレーのペーストです。

タイカレーペースト

麺類。
ごくごく普通のインスタント麺、米でできた麺などいろいろ。

いろいろな種類の麺が揃っている

これはサバのトマト煮。
味はご想像にお任せします……

サバのトマト煮缶詰

東南アジアのいろんなソースもたくさん。料理を食べる時に加えて自分好みの味に調整して食べます。

東南アジアのいろんなソース

ナンプラー(魚醤)も東南アジアの料理には欠かせません。
クセがあるけど、少し料理に加えるとグッとコクが増します。

そしてスープの素。ビーフにチキン、ポーク。

スープの素

mori
ポークだ!

めっちゃ興奮したのにはちゃんとワケがあります。そのワケとは?

ポーク味のスープの素は、日本ではめちゃくちゃ珍しいからなんです。
スーパーに行った時にでも一度見てみてください。

スープの素にはポーク味がないことに気づくはず。

海外ではポーク味のスープの素はメジャーなのでどこの店でも買えるんですが、なぜか日本では手には入らない。

貴重なポーク味のスープの素。こんなところで見つけてしまいました!

ちょっとしたスナックもありますよ。こんな感じでぶら下がっている様子はまるで現地のよう。

タイのスナック菓子

おつまみも売ってました。濃い味つけで結構おいしいです!

タイのスナック菓子

まとめ

バンセンストアは、その店の見た目こそおしゃれとは言えませんがたしかな味のタイ料理を食べさせてくれます。

昔から、本場の味を知っているタイ人が通うほど。そのことがバンセンストアの味を物語ってますね。

タイ料理といえば辛いものばかりを想像しがちですが、日本人にも合うやさしい味の料理もあるので安心です。

  • タイラーメン
  • 春雨とシーフード炒め

などははやさしい味で全く辛くないのでオススメですよ。

店の奥には東南アジアの食材もたくさん並んでいるので、気になった食材を使った料理に挑戦してみるのも良いですね!

バンセンストア

住所 茨城県水戸市平戸町367-1
TEL 029-267-0273
営業時間 12:00~22:00
定休日 月曜

-食べ歩き
-, , , , , , , ,

執筆者:

「食べ歩き」のオススメ

アンコールビール

アンコールビールはカンボジアで死ぬほど飲んでください。日本で飲むと破産します。

現地では70円のアンコールビールが日本だと1本1,100円! ぼくはビールが大好き。カンボジアに住んでいる時には仕事帰りに毎日飲んでました。もちろんカンボジアの国民的ビールのアンコールビールです! ア …

八ッ橋の老舗「本家西尾八ッ橋」の本店はどんなところ?その魅力を紹介します

京都にある八ッ橋屋の「本家西尾八ッ橋」の本店を紹介します。江戸時代創業の西尾八ッ橋本店は歴史のある佇まいのお店。本店では作り手の思いを肌で感じることができます。隣接する食事・甘味処「西尾八ッ橋の里」も紹介しています。

4種類のチーズだけを使ったピザ

予約必須ピザ専門店Piccola Italiaはさすがにピザが最高!

ほぼピザしかありません 今回紹介するPiccola ItaliaはカンボジアNo.1という人もいるくらいピザの美味しいお店です。場所は独立記念塔からノロドム通りを南に少し行ったところ、薄暗い路地裏です …

イチゴのワッフルとジェラート。イチゴのおいしさが口いっぱいに拡がります。

おいしいイチゴを食べになかじま園に行こう!

いちごが美味しいんですよ ぼくは世界で一番好きな果物はメロンなんですが、二番目に好きな果物はイチゴです。今回紹介するのは静岡市にあるなかじま園。ここでは自家農園で採れたいちごを使って色々なデザートが楽 …

特製オムライス

桜木町のセンターグリルで美味しいオムライスを食べたよ

人気メニューのオムライスを食べる 横浜の桜木町にある米国風洋食レストラン・センターグリルにまたまた行ってきました。前回はナポリタンを食べたんですが、今回はもう一つの看板メニューであるオムライスを食べる …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote