これが言いたい

子どものうちから年上年下関係なくつき合う。それが真の人間になる条件だ

投稿日:

スポンサー

ちょっと前のことなんですが、とある集まりに誘われました。

その集まり自体はあまり興味がなかったので内容については覚えてないんですけど、一つだけ強く感じたことがあったのでここに書き残しておきます。

それは子どもは同級生とだけつき合うのではなく、自分より年が上、下の子どもとも付き合った方がいいよねってこと。

同級生だけとつき合うと年齢が絶対という価値観になる

子ども時代のことを思い出してみてください。特に小学校~高校くらいまで。

どんな人と遊んでましたか?

ぼく自身のことを思い出すと、圧倒的に同級生が多かったです。
あなたも同じじゃないですか?

ごくごく普通のことに思われるかも知れないですが、このことはすごい問題なんです。

それは人と接する時に年齢が絶対的なものになってしまうから。

大人になった今でもこんな風に思ったことありません?

あなた
あの人は年上だから仕事やりにくい

特に年下の部下を持った人からこんなことを何度聞いたことか。

こういう考えって、子どもの頃に頭の中にたたき込まれた「年上が絶対」が原因のひとつ。
年上が絶対的に上だから従わないといけない。

子どもの頃のその価値観が大人になっても根深く残っているんですよね。

だから、本来なら上司である自分が言わないといけないことも、なぜか年上の部下の顔色をうかがってしまう。

逆もしかり。

年下の上司に何か言われた時にこんな風に言うんです。

年上の部下
あいつは上司だけど、俺より年下だぞ!

いやいや、あなたは部下ですよね。年齢よりポジションが大事ですから。

社会に出れば年の違う人と仕事するのなんか当たり前。
ましてや年下の上司、年上の部下ができることもよくありますよね。

子どもの頃にもっと幅広い年齢の子たちと遊ばせておけば、こんな風に極度に年齢に縛られた人間にはならないはず。

年上だから何なんだ?自分の言いたいことは言うぞ!

という考え方にもなれるはず。

逆に子どもの頃から、自分より年下の子どもたちに意見されたり刃向かわれるのも大いに結構じゃないですか。

けちょんけちょんに年下に言われたら、年齢なんて大したことじゃないという価値観の人間になれますよ。

年下の子どもと接することで自分の責任を自覚する

さらにに言うと、年上の子どもは年下の子どもに対する責任感も芽生えてきます。

ぼくらが子どもだった頃を思い出してみてください。
年下の子がいればなぜかいつもより頑張りませんでしたか?

自分だけでなくて、年下の子の面倒をみようってしたはず。
ちょっとした責任感も生まれてくるんですよね。

それが同級生だけど遊んでいると、みんなは対等な関係。
責任感なんて生まれやしない。

その集まりで見たものは、年上の子どもが年下の子どもの面倒を見るという光景。

学校生活じゃ関わり合うこともないような年の離れた子どもたちの関わりです。

こういうのってすごく大事なこと。

年なんて関係なく遊ばせようよ。

-これが言いたい
-

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

東京タワー

カンボジアの友人が悲しんだ出来事。無視は良くないよ。

東京で嫌な思いをした友人 ちょっと前にカンボジアから友人が来日しました。その時にちょっと嫌なことがあったんですよね。それは何かって言うと友人が日本人に話しかけた時に無視されたこと。無視はいけませんよ! …

no image

阪神大震災からの教訓。自分は死なないという都合の良すぎる考え

自分だけは死なないという都合の良い考え 2016年1月17日。阪神大震災が起きてから21年が経ちました。阪神大震災が起きた時、ぼくはまだ高校生。その時のことはぼくは今も鮮明に覚えています。 とても寒い …

愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく

不満を愚痴るより希望を語ろう

愚痴は百害あって一利なし 食事をするお店とか電車の中とか色んな場所でよく耳にすることがあります。それは愚痴。 “スキーに行ったんだけどさぁ、ペンションのごはんが最低で。旅行が台無しになった …

県名変更より滋賀の魅力を高めよう

滋賀県が近江県に?魅力をもっと発信するのが先じゃないの?と思うので滋賀の魅力を伝えます!

近江県にしたからって何も変わりませんよ 今、滋賀県では県名変更についての議論がじわじわと行われているのってご存知ですか? 近江県か琵琶湖県か、やっぱり滋賀県か…県名変更、大まじめ議論:イザ! ぼくは滋 …

ラーメン

味覚音痴?良いじゃないですか。人より幸せを感じられる素晴らしい才能です。

味にうるさい人はむしろ気の毒です ぼくは結構味音痴です。好き嫌いは色々とあるんですけど、味付けに関してはものすごく守備範囲が広いんですよ。たいていのものは美味しく食べることができますね。 ラーメンを食 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote