人生は宇宙だ!

カンボジア大好き!自炊大好き!そんなmoriのライフログ

*

主語を言わないと理解できないという人もいるという現実

      2016/02/15

  • 主語を言ってくれないと分かりません

    プロブロガーのヨスさんがこういう記事を書かれていました。

     

    この記事を読んで思ったことなんですけど日本語って主語を省略してもいい言語なので省略して話す人が多いんですよね。

    ぼくは昔から察するということがとっても不得意でした。だから主語を省略されるとさっぱり分からないってこともたびたびあります。

    この前あった出来事をちょっと紹介しますね。レストランで料理の仕込みをマスターとぼくの2人でやっていた時のこと。

    マスターはちょうどゆで卵を作っている途中だったんですが、電話がかかってきて外に出ないといけなくなったんですよ。それでぼくにこう言いました。

    “音が鳴ったら火を消しといて”

    すぐに僕の頭の中にこういう状況が思い浮かんだんです。

    ゆで卵が茹で上がって殻が割れる音がしたら火を止める。

    殻の割れる音なんて小さいから注意して聞いておかないといけないなぁ。でも確信が持てないからちゃんと聞いておこう。ということで聞き直したんです。

    “何が鳴るんですか?”

    “タイマーやで。セットしてるから音が鳴ったら火を切って。”

    なるほどね。タイマーの音ね。とここで初めて理解できました。聞かなかったらずっと卵に耳を傾けているところでしたよ。あぶなかった。

    いくらなんでもアホやろって思われるかもしれないですが、ぼくはいつもこんな感じでなかなか普通ではないことを考えてしまうようなんです。

    こういうことは本当にしょっちゅうあるんですよ。1日に数回は思い違いや意味が理解できなくて聞き直してます。

    これは自分だけでなく相手にとってもちょっとしたイライラですよね。だからこそ主語をしっかりと付けて話して欲しいんです。

    主語を付けなくても意志の疎通ができる人ばかりではないのです。

    指示語の乱用も混乱します

    働いているとこんなやりとりがよく交わされています。

    “あれ取って、これに用意しといて”

    “はいよ!”

    いやぁ。すごいと思います。これでしっかりと意志疎通できているんですから。本当にこのコミュニケーションを成立させている2人を尊敬します。

    こういった会話が成立するためには、これまでの長い時間のコミュニケーションがあったわけで、それがなければこんな会話は成立しません。

    まだそれほど息のあっていない人にこういう会話をするのは、関係をギクシャクさせる原因になるので控えるべきでしょう。

    さっきの主語省略と同様、指示語の多用が成立するのはお互いが今のシチュエーションを正確に理解していることが前提になっているわけです。共通の認識なくしては主語省略、指示語の多用は成立しません。

    余談ですが指示語を使いすぎるとボケるのが早いとも言われているので気をつけたいですね。

    まとめ

    お互いが深く理解しあえている時には便利に使える主語省略、指示語の多用ですが、初対面やそれに近い人がいる場合には避けた方が良いですね。

    ぼくはできるだけ主語をしっかりと言うように心がけています。みなさんはどうですか?

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  •   関連記事

    愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく
    不満を愚痴るより希望を語ろう

    愚痴は百害あって一利なし 食事をするお店とか電車の中とか色んな場所でよく耳にする …

    映画認証制度
    【提案】映画の評価は内容だけじゃなくて制作過程もひっくるめて評価してはどうだろう?

    どんなに面白くても環境を破壊して作られた映画は嫌だ! 今日も滋賀のど田舎からこん …

    カンボジアの使い捨て労働者
    使い捨てにされるカンボジアの工場労働者。安いものを求め続けることの危険性を認識せよ

    物価が上がり続けるから最低賃金が上がっても苦しいまま カンボジア人の友人と夕食を …

    くまモン
    愛されすぎでしょ!くまモンはブサイクだから世界進出までできた

    ブサイクだからこそくまモンなのだ くまモンってはっきり言ってちょっとブサイクです …

    挑戦することは生きること
    “仕事に役立たないからそんなことやっても意味ない” 何言ってんの?挑戦こそが生きることだ!

    仕事のために人は生きてるんじゃない 時々目にするこんな場面。 これから新しい事に …

    no image
    プロフィールを書いて昔の自分を思い出したよ

    昔の自分を思い出す作業 このブログを始めて2年半ほどになります。一番最初に作った …

    国会の中央広場に建つ像を見て政治家はなにを感じているのだろう

    4人目の政治家になろうとは思わないのか? 先日ご縁があって国会に行くことがありま …

    飛んできた眼鏡
    【暴行現場】殴られて流血する人がすぐそばに。自分には何ができるのか?

    京都のある居酒屋ですごく嫌な光景を見てしまいました。 ぼく自身すごく後味の悪いと …

    no image
    “えっ!?そんなことも知らないの” 言ってるあなたこそ馬鹿ですよ

    あなたは自分が思っているのと真逆のイメージを持たれてます こんにちは。人間観察が …

    仕事中心に生きてる人は隠居するが、人生を生きている人は隠居しない

    仕事人間はリタイア後に空しい人生が待っている あるお店でコーヒーを飲んでたら隣に …