これが言いたい

味覚音痴?良いじゃないですか。人より幸せを感じられる素晴らしい才能です。

投稿日:2016年1月13日 更新日:

スポンサー

味にうるさい人はむしろ気の毒です

ぼくは結構味音痴です。好き嫌いは色々とあるんですけど、味付けに関してはものすごく守備範囲が広いんですよ。たいていのものは美味しく食べることができますね。

ラーメンを食べに行ってもたいていのお店は美味しいって思います。お寿司もカウンター越しに出される寿司も回転寿司も美味しいですよね。甘いものも大好きでケーキも和菓子もいつも美味しい美味しいって言って食べてます。

ラーメン

ラーメン

いやぁ本当にぼくは自分で言うのもなんですがすごく得しています。なんでも美味しいって思えるんですしね。

逆に味にうるさい人ってすごく損していると思うんですよ。食事をすれば、

“なんて不味いんだ”

“こんな店に来て失敗した、お金の無駄だった”

というようなことを思うことが多いってことですよね。食事は気持ち良く食べるっていうことがとても大事。おいしく料理を食べた時ってめちゃくちゃ幸せになりませんか?味にうるさい人は、こういう幸せな気分を味わう機会が少ないんです。いやぁ〜本当にもったいない。

でも料理人の場合には事情が違います。味音痴じゃ困りますね。なんでも美味しいって感じちゃったらお客さんに提供するお料理の質が酷いことになってしまいます。自分で作った料理にすぐに満足してしまって、もっと美味しくしようという努力をしなくなる。味音痴で良いのは食べるだけの人です。

なんでも美味しく感じられるという素晴らしい才能

たしかに味が分かるっていうのは素晴らしい才能だとは思いますよ。色々なものを食べて全部美味しいっていうぼくからすると、

“これは美味しいけど、これは不味い。その原因はこれこれで…”

って言える人って本当にすごい。他にもこんなことができる人もいます。なんで分かるの?

  • 魚を食べただけで天然か養殖が分かる
  • メーカーの違うウスターソースの味を見分けられる
  • 北海道と淡路島のタマネギの味を見分けられる
  • 三温糖(茶色い砂糖)と上白糖(よく見かける白い砂糖)の味の違いが分かる
  • コーヒーの味の違いが分かる
200gで7700円もするコーヒー

200gで7700円もするコーヒー

ぼくにはこんなこと到底できるものではありません。だからこそ、こういう才能を持っている人を尊敬しています。ぼくにないものをもっている人への憧れかな。ぼくも分かるようになりたいです!

人間の味覚って才能だと思うんですよ。後から身につけるものより、生まれ持っている才能っていうのも大きいんじゃないかな。だから味が分かるようになるかって言っても分かんないんですよ。もしかしたら訓練で分かるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。

じゃあ自分は味が分からないダメな奴なんだって落ち込んでしまうのか?そんな必要は全然ないよ。なんでも美味しく感じられるっていうことは料理人や料理評論家としてはやっていけないかも知れない。でも味の分かる人よりより多くの”おいしい!”という幸せを感じることができるんですよ。幸せを感じる感受性が人より優れているって思ったらいいじゃない。人より幸せになれる。それだって立派な才能じゃないかな。

発想をひっくり返してしまえ

一般的に優れていると思われていること。逆に劣っていると思われていること。そんなものは発想を変えれば優れているものでも劣ったものになるし、その逆だってありうるんです。

さっき話した味の分かる人と、分からない人の例でも同じ。

優れている点 劣っている点
味の分かる人 味の善し悪しが分かる。食の専門家としての才能がある。 味が分かる過ぎる故に”美味しい”という幸せを感じる機会が少ない。
味の分からない人 “美味しい”という幸せを感じる機会が多い。 食に関してはセンスがない。

 

自分がダメだと思って落ち込む前に、ダメだからこそ存在する才能に目を向けてみよう。

-これが言いたい

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

映画認証制度

【提案】映画の評価は内容だけじゃなくて制作過程もひっくるめて評価してはどうだろう?

どんなに面白くても環境を破壊して作られた映画は嫌だ! 今日も滋賀のど田舎からこんにちは。moriです。 ぼくの住んでいる場所は滋賀でも結構な田舎。そんなこともあり時代劇の映画なんかの撮影に使われること …

愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく

不満を愚痴るより希望を語ろう

愚痴は百害あって一利なし 食事をするお店とか電車の中とか色んな場所でよく耳にすることがあります。それは愚痴。 “スキーに行ったんだけどさぁ、ペンションのごはんが最低で。旅行が台無しになった …

no image

ぼくの親友の一人を自慢します

カンボジアではじめにできた友人 今回はぼくの親友をご紹介。ぼくは最近色々とあって気持ちがすごく落ちていたんです。何をしてもずっと落ちている感じ。それを押さえるために薬を服用して寝込んでしまったりと悪循 …

フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。

自分の人生を生きろ。大切な人がいるってことを忘れてはいけない

すべてを失って ぼくは持ち前の性格の弱さで今まで本当に損をしてきました。そして特にここ1、2年はこの性格に付け込まれて多くのものを失う結果になったんです。失ったものは挙げたらきりがありません。多くのお …

保育士はお見通し

保育士は子どもからその家庭の状態を見抜く

愛されていない子どもが多くなってきている ぼくの知人にベテランの保育士がいます。 その人が話した内容にいろいろと考えさせられたので、ここに書き残したいと思います。 その保育士はよく保育園での様子を話し …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote