人生は宇宙だ!

カンボジア大好き!自炊大好き!そんなmoriのライフログ

*

不満を愚痴るより希望を語ろう

      2016/02/15

  • 愚痴は百害あって一利なし

    食事をするお店とか電車の中とか色んな場所でよく耳にすることがあります。それは愚痴。

    “スキーに行ったんだけどさぁ、ペンションのごはんが最低で。旅行が台無しになったわぁ〜”

    “電車が遅れてきたせいで会社までダッシュすることになって最低やったわ”

    よほど世の中に不満があるのかひたすら文句ばっかり言う人っていますよね。これって本当にもったいなぁって思うんですよね。愚痴る時間を楽しいことを語ることに使ったらどんなに楽しい時間が過ごせるんだろうってね。

    こういう自分もちょっと前まではこの人たちと同じ人種でした。なんかあればすぐに文句を言ってぐちぐち言う。だから彼らの気持ちはよく分かります。なんか愚痴でも言わないと自分の置かれている境遇についてやってらんねぇっていう感じですよね。言ってみれば愚痴を言うことによって不運な自分を慰めているんですよ。

    でも愚痴って本当に言うもんじゃないですよ。百害あって一利なし。さっさと愚痴なんて言うのを止めましょう。

    愚痴のもたらす害はこれだ

    愚痴がどれだけ害をもたらすのか挙げてみました。

    • 愚痴を言ったところで何も解決しない
    • 負のスパイラルに陥る
    • マイナスオーラの人が寄ってくる

    愚痴を言ったところで何も解決しない

    愚痴っていうのは言ったところで何も解決しないんです。ただ文句を言うだけで1ミリたりとも前進しない。まったく時間の無駄。愚痴る体力の無駄です。

    ぼくも愚痴ばっかり言っていた時には1時間も2時間も愚痴を言い続けました。その結果気分が少しでも良くなったか?状況が少しでも良くなったか?答えはNOです。残るのは嫌な気分だけ。

    そんなことに時間と体力を使うくらいならさっさと寝ましょう。起きたら気分も良くなってますよ。

    負のスパイラルに陥る

    愚痴の恐ろしいところは愚痴の持つ負のエネルギーは増幅されるっていうこと。はじめは些細な愚痴が気がつけば大きなものになっていたって経験持ってませんか?

    たとえば食事をしたレストランのごはんが美味しくなったとしましょう。愚痴は美味しい料理が食べたかったという些細なものから始まります。

    タロウ
    ここの料理美味しくなかったね。もうちょっと美味しい料理が食べられると思っていたのに。この値段でこの味はがっかり

    まあここで愚痴がストップしたらまだマシです。でも愚痴の恐ろしいところはこの些細な愚痴がどんどん大きく、別の方向へと拡大していくことです。こういう会話に発展していくかも。

    ハナコ
    そうね。もうちょっとマシな料理だったら良かったのにね。
    タロウ
    こんな料理に金を払うなんて馬鹿げてるね。

    ちょっとタロウさんのテンションが上がってきました。愚痴に怒りが混じり出しましたね。

    ハナコ
    お金持ちは高かったら美味しいって思っているのよ。
    タロウ
    本当に金持ちって奴は全然分かってないやつが多いよ。金の使い方をこれっぽっちもわかっちゃいない。あんなやつらに金を持たせても全然良いことない!世の中狂ってる!!

    はい、タロウさんが金持ちに対して激怒し始めました。はじめは料理の味に対する不満だったのに、知らない間に金持ちへの批判に変わってしまいましたね。

    ここで注目すべき点は、これを言っているタロウさんやハナコさんは自分がこれほどまでに興奮しているっていうのを全く自覚していないということ。愚痴というのは無意識のうちにより大きな不満に拡大するっていうことなんです。

    だから愚痴っていうのははじめから言うべきじゃない。これがぼくの持論です。

    マイナスオーラの人が寄ってくる

    類は友を呼ぶという言葉があるとおり、愚痴を言う人の周りには同じような人たちが集まってきます。逆を言うと愚痴を言わない人の周りには愚痴を言わない人が集まってくるってこと。自分の周りに愚痴を言う人ばっかり集まっているなって感じたら、それは自分も同じなんだと一度冷静に考えて。

    集団って異質のものを受け入れたがらない。だから愚痴集団の中にポジティブの人がいないんですよ。愚痴ばっかり言っている人たちはずっと愚痴を言い続けて何も成さないまま不幸せな人生を送っていく。愚痴を言わない人たちは、幸せに生きていく。その差はどんどん広がって最終的には大きな差になって表れる。誰だってわかりますよね。

    愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく

    愚痴を言わない人は幸せに、愚痴を言う人は不幸せになっていく

    ぼくはネガティブな思考とポジティブな思考それぞれには相乗作用があるって思ってます。ネガティブな思考を持つ人同士が集まって愚痴を言いまくると愚痴単体よりさらに大きなマイナスの効果をもたらすってこと。逆にポジティブな思考を持つ人同士が集まってポジティブな話をしまくると、より大きなプラスの効果をもたらす。

    愚痴を言う取り巻きが多いほどますます不幸になる

    愚痴を言う取り巻きが多いほどますます不幸になる

    希望を語れば幸せになる

    希望を語ろう!

    これがぼくの言いたいことです。愚痴を言いたくなる状況は誰だってあります。でも愚痴を言っても仕方ない。それなら楽しいことを考えようじゃないか。

    なにかの本で読んだんですけど脳っていうは結構単純で、言葉に出したことをそのまま受け止めるというようなことが書かれていました。ネガティブなことを考えたら本当にネガティブな人間になる。ポジティブなことを考えたら前向きな人間になるらしいんです。

    ここで大事なことはそれが本当のことかどうかは脳には判断できないってこと。つまり嘘でも自分は幸せだって言葉に出したり思ったりしたら本当にそういう人間になっていくってこと。

    これはぼくの実際の体験です。さっきも書きましたが以前のぼくは本当にネガティブの塊のような人間でした。深夜に友人に向かって死にたいとかメッセージを送ったりするほど重症。

    でもあるときにこれではダメだと思い立ってマイナスの気持ちを極力排除するようにしたんです。そうすると徐々に自分の心に変化が現れてきました。気持ちが軽くなり、プラスに物事を考えるのが苦にならなくなってきたんですよ。今ではたいていのことを前向きに捉えることができるようになってきましたね。

    自分は愚痴ばっかり言っている、もっと人生を楽しく生きたいって思っている人はまず愚痴を止めて希望を語る。それをぜひ試してみてほしいですね。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  • Comment

    1. まるほんリンク 生きかた | まるほんネット より:

      […] ◆不満を愚痴るより希望を語ろう|人生は宇宙だ! […]

    2. まるほんリンク 生き方 - まるほんネット より:

      […] ●不満を愚痴るより希望を語ろう|人生は宇宙だ! 2016.1.24 […]

      関連記事

    カンボジアの使い捨て労働者
    使い捨てにされるカンボジアの工場労働者。安いものを求め続けることの危険性を認識せよ

    物価が上がり続けるから最低賃金が上がっても苦しいまま カンボジア人の友人と夕食を …

    短気な人は環境に支配されている
    まるで野獣!知らぬ間に”環境”に支配され恫喝しまくる人を見て思ったこと

    面識ない人に当然大声で恫喝する姿はまるで野獣 日曜日の朝っぱらからとんでもないも …

    料理を食べ残さないで。
    料理を残されるのは悲しい。手間をかけて作っているものだからこそ全部食べてほしい。

    どれも手間暇かけて作ったもの ぼくは時々飲食店で働いています。だから料理一品一品 …

    銀行にとって印鑑とは何なのか?送金通知書に押す印鑑はなんでも良いってどういうこと?

    なんでも良いならサインでも良いのではないかという疑問 先日税金の一部が還付される …

    no image
    2015年を生きて得た最大の収穫はやっぱり人だった

    最近になって人生ではじめてオンラインサロンというものに入ったんです。主催者はブロ …

    フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。
    カンボジア人から見た日本人。よく”あのう”って言うね。意思が伝わらないよ。

    日本人は”あのう”など多用しすぎ 先日カンボジア人の通人 …

    ゴミ箱ではないのにゴミが捨てられる
    ポイ捨てを無意識でする人は自分の中に犯罪者となるリスクを抱えていると認識すべきです

    割れ窓理論から些細な行動の重要性を認識せよ 割れ窓理論というものを知っていますか …

    ヤマザキ春のパンまつり
    ヤマザキ春のパンまつり。あなたは本当に皿を欲しているのか?

    タダでもらえるからもらうという貧乏根性 毎年春になると猛烈にひっかかることがあり …

    飛んできた眼鏡
    【暴行現場】殴られて流血する人がすぐそばに。自分には何ができるのか?

    京都のある居酒屋ですごく嫌な光景を見てしまいました。 ぼく自身すごく後味の悪いと …

    no image
    あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます 2015年がはじまりましたね。ぼくは2014年が …