人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

戻って来ない”瞬間”を全力で生きろ!

      2016/02/15

  • 今日触れた水には二度と会えない

    最近近くの山に行きました。ぼくが小さい頃よく遊びに行っていた場所。なんにもない広い川原にとてもきれいで透き通った川が流れてます。この川に手を突っ込んだ時にふと思ったんですよ。

    川

    今触れている水はぼくの手を離れると二度と会うことはないんだろうな。

    実際にこれらの水は川を下り海に注ぎ、そのまま海を漂い世界のどこかに行ってしまう。ぼくのこの手に触れることはきっともうないでしょう。今ぼくの手に触れたのは奇跡的な出会いであったと思ったんです。

    これって時間にも当てはめることができますよね。時間は川の水のようにどんどんと絶え間なく流れていく。今この瞬間は二度と戻ってくることはない。この一瞬一瞬は特別なんじゃないか?もっとこの一瞬一瞬を大切にしないといけない。

    この瞬間を生きる

    人生ってこの特別な”瞬間”が積み重なっているものなんです。この”瞬間”がずっと絶え間なく流れてくるから人間は”瞬間”の価値を見失っているんです。だから惰性で過ごしてしまう。この”瞬間”を次々とゴミ箱に捨てているんですよ。これって本当にもったいないし愚かなこと。

    だから人間は”瞬間”をもっと意識してエネルギーを注ぎ込んで生きる必要があるんです。この”瞬間”を生きないといけない。”瞬間”を全力で生きたものだけが未来を手に入れられるんじゃないかな。全力で生きたからこそ次に見えてくるものがある、ぼくはそう思うんです。

    後から後悔するなんてみっともない人間だ

    “瞬間”を生きるために、やりたいと願うことはすぐにやらないといけない。周りがなんと言おうとも決めるのは自分自身。自分に向き合い自分の思う道を進む。

    やりたいことを周りの意見に左右され、結局やらなかったとしますよね。年老いてから残るのはやらなかったことに対する後悔だけ。自分ができなかったのは自分にやめるように言った周りのせいだと言う。そんな人間にはなりたくないな。かっこわるい。

    周りの意見を聞くのは悪い事じゃない。でも最後に決めるのは自分。自分の人生を他人に任せるなってこと。この瞬間を全力で自分が主導権を握って自分の人生を生きたい。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい

  •   関連記事

    過去の犯罪を未来に役立てる
    過去の犯罪を肥やしにして未来のために生きると決意する

    改心は人から強要されるものではない。自発的にするもの ぼくにはある友人がいます。 …

    豊かなわき水が流れる滋賀・針江。
    観光地について意見するならまず移住するべき

    観光地で生活する人がいるという事実 滋賀県には針江という地下水が豊富に湧き出る場 …

    意識をしないともったいない。あなたは何も見ていないんじゃないか?

    見ているようで実はまったく見ていない 最近ハッと思うことがあったんです。それは自 …

    クラチェのワークショップの様子。毎日多くの学生がやってきてくれました。
    国際協力とは相手に支援することじゃない。相手にぶつかることだ。

    全力でぶつかりあうことこそが国際協力だ 2015年はJICA(国際協力機構)の行 …

    成熟した人間は同じ人間としてありがとうが言える
    どんな立場の相手にも”ありがとう”が素直に言える人間こそが成熟した人間だ

    感謝の気持ちを伝えるのに立場なんて関係ない あなたは素直に”ありがと …

    誰かの犠牲の上に成り立っている即日配達ならいらない

    即日配達には誰かの犠牲が隠れている気がしてならない 先日とある通販サイトで商品を …

    大英博物館
    音声ガイダンスを使わないのがまったく理解できません

    音声ガイダンスを使わないで一体何を見てるの? 最近思うんですよね。博物館などで用 …

    好きなことを極めろ!
    「好きこそものの上手なれ」は本当だと断言できます!

    1万時間続けるためには好きであることが大事 「好きこそものの上手なれ」 こういう …

    no image
    あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます 2015年がはじまりましたね。ぼくは2014年が …

    no image
    質問する時には必ず自分の答えを持つべきだ!

    自分なりの答えを持たない質問では絶対に成長しません 分からないことがあった時には …