これが言いたい

ぼくの親友の一人を自慢します

投稿日:2015年3月4日 更新日:

スポンサー

カンボジアではじめにできた友人

今回はぼくの親友をご紹介。ぼくは最近色々とあって気持ちがすごく落ちていたんです。何をしてもずっと落ちている感じ。それを押さえるために薬を服用して寝込んでしまったりと悪循環に陥ったりと散々な日々。

ぼくは本当にチキン野郎なんで、ちょっとした刺激でも一気にパニックに陥ったり落ち込んだりするんです。まさに今回の状況も他の人の言動で落ちていたんですね。

そんな時に会った親友。実際に顔を合わせて会って話をしたら気持ちが一気に楽になったんですよ。ぼくの知りたかった、カンボジア人の心理というか習慣が分かったこともあり、心の奥にあった変なものが溶けてなくなったように感じたんですよ。メールとかのメッセージでのやり取りも良いんですけど実際に顔を合わせて話するのってやっぱり違いますね。

ずっとぼくを助けてくれた彼。カンボジアの文化に苦労した時にはカンボジアの文化について教えてくれ、カンボジアにいるぼくの事もちゃんと認めてくれたり、彼なしではぼくのカンボジア生活は成り立たなかったと言っても過言ではないんです。ずっと苦労してきた彼のことを知れば知るほど彼のことを本当に尊敬してならないんですよね。本当に彼がぼくの友人になってくれてよかった。

友人は少なくてもいい。親友を持つことが素晴らしい

最近思ったんです。関係の薄い友人をたくさん持つより本当に信頼し尊敬しあえる少ない親友を持つことの方が大事なんだなって。友人は数より質です。

日本が大好きな彼、ぼくも彼の為になら全力で日本での生活をサポートしたいなって思ってます。そういうお互いに気をつかいあえる関係はとても気持ち良いです。これからもこの関係を続けていきたいですね。

-これが言いたい
-

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

大切な人を亡くした時に後悔しないために今すぐやるべきこと

最愛の人が亡くなりました。「もっとああしていれば良かった」という後悔は自分への大きな憤りです。その瞬間瞬間ベストを尽くして生きていないから後悔する。人の死から学んだ「人生へ一番大切なこと」について考えてみました。

普段着はパーカーのみ!パーカーの魅力とは一体なんなのか?

年中ほどんどパーカーを着て過ごしているのには訳がある。パーカーの持つ魅力を紹介します。精神的なゆとりや機能性などパーカーを着ることで生活がずっと豊かなものになるのです。

子どものうちから年上年下関係なくつき合う。それが真の人間になる条件だ

子どもの時にはどうしても同級生としか遊ばなくなりがち。それは年齢が上だと絶対という思考に繋がっていきます。社会に出ると年齢なんてたいして重要でなくなるにも関わらず、年齢に束縛された人生を歩むことになるのです。年齢に捕らわれない生き方をするには子どもの頃から幅広い年齢の子どもたちと遊ぶことが大事。

no image

暇なときが多いのは惰性で生きているから。疑問をもって生きると面白いことが湧いてくる

毎日がつまらないのは惰性で生きているからです 毎日なんかつまんないとか、やることがないって言う人がいますが、本当にもったいない人生を送っているなぁって思うんですよね。 そういう事を言う人って人生を惰性 …

空気を読めと怒るなら自分で言え

空気を読めと言う前に人間だったら言葉で伝えろ!

言葉でコミュニケーションを取るのが人間 ぼくはよく「気が利かない」、「空気が読めない奴」って言われます。 もちろんぼくだってできることなら相手と気持ち良くコミュニケーションを取りたいと思うから、相手の …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote