これが言いたい

料理を残されるのは悲しい。手間をかけて作っているものだからこそ全部食べてほしい。

投稿日:2015年6月5日 更新日:

料理を食べ残さないで。
スポンサー

どれも手間暇かけて作ったもの

料理を食べ残さないで。

料理を食べ残さないで。

ぼくは時々飲食店で働いています。だから料理一品一品がどれだけ手間をかけて作られているものかっていうのも少しは知っているつもりです。だからこそ思うことがあるんですよ。それは料理を残されるってことがとても辛いっていうこと。

お客様が帰られた後にお皿を片付ける時に料理が残っているのを見るとすごく心が痛みます。口に合わなかったのかなと思ったりもします。でもそれと同時に残った料理を捨てなければならないっていうことにもものすごく心が痛むんです。

どれも時間をかけて少しでも美味しいものを食べてもらいたいっていう思いで作ったものばかり。そういう思いが詰まった料理を捨てなければならないっていうのは本当に辛い。できれば全部食べて欲しかったなって。

お客様はお金を払って食べてもらっているので料理を残されることについては何も言えませんが、料理人はそういう思いで料理を作っているんだっていうことをちょっとでも知ってもらいたいと思うだけです。

ぼくの尊敬する料理人はぼくにこういう話をしてくれました。

“出された料理が不味くても出されたものは全部食べる。それが最低限の礼儀だ。”

自身が料理人だからこそ、それを作った人への敬意を持っているんだなって感じたんですよ。その言葉を聞いて以来ぼくの考えも変わりました。出されたものに嫌いなものが入っていたとしてもお店を出るときには全部食べきるようにしています。ぼくもそれが作ってくれた相手への礼儀だと思うから。

残さないためにはどうしたらいいの

自分が美味しいと思っているものを残してしまうっていうのは本当にもったいない。なんでこんなことになってしまうのかって言うと、多くの場合には注文する量が多すぎるんですよね。店に入ってきたときにはお腹ペコペコだから勢いよく注文してしまう。でも食べ始めると思ったよりお腹が膨れてきて食べきれなくなる。そういう経験ありませんか?

だからいくら空腹で死にそうだったとしてもはじめはちょっと少ない目に注文したら良いんです。足りなかったら追加で注文したらいいじゃないですか。たったそれだけのことで全部の料理を残すことなく食べられるんですよ。最近、ぼく自身はそういう考え方で注文をするようにしています。

持って帰ることも考える

それでももう限界だってなったらぼくはお店の人に持って帰って良いか聞きます。店によってはダメって言うところもあります(衛生上の問題で)が、OKしてくれる店もありますよ。

ただしこの場合は自己責任で持って帰ってください。持って帰ったものはできるだけ早く食べる。サラダなどの生ものは持って帰らないなど注意することをおすすめします。あくまでも持ち帰りは自己責任で。

食べ物を捨てないで!食べ物が泣いているよ!

-これが言いたい
-,

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

ブログで誰かを元気にしたい

世界のどこかにいる誰かを元気にできたらいいな。これがぼくがブログを続ける理由

ブログは誰かを元気にできるツールなんだ こんにちは、滋賀のブロガー・moriです。 今日はぼくがブログを書き続ける理由について書いてみたいと思います。 時々言われるんですよ。 友人 よくこんな文章を書 …

東横イン・プノンペンのパンフレット

東横イン・プノンペンがオープン。パンフレットを見て感じた違和感

東横イン・プノンペンのパンフレットを発見!でも… 先日、青年海外協力隊で一緒にカンボジアで活動した友人がご結婚されたので会いに行って来ました。宿泊先が東横インだったんですけどたまたま東横イ …

no image

暇なときが多いのは惰性で生きているから。疑問をもって生きると面白いことが湧いてくる

毎日がつまらないのは惰性で生きているからです 毎日なんかつまんないとか、やることがないって言う人がいますが、本当にもったいない人生を送っているなぁって思うんですよね。 そういう事を言う人って人生を惰性 …

料理は作ったらすぐに食べろ!後片づけなんてあとでいい!

出来たて熱々の料理を食べないことは料理に対して冒涜である こんにちは、自炊愛好家のmoriです。 ぼくには自炊のポリシーがあります。 それは作ったらすぐに食べるってこと。 大事な事なのでもう一回。 料 …

過激思想に傾く国

過激思想の人間に支持が集まること、それは社会が崩壊する前兆なのだ

現状に絶望すると他人に対して攻撃的になるという事実 次期アメリカ大統領選挙では、有力視されていたヒラリー・クリントン氏を破ってトランプ氏が勝利するという衝撃的な結果になりました。 Congratula …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote