【閉店】タマホームが作ったレストラン&バーのクオリティがすごすぎる

いつの間にかプノンペンタワー22階にタマホームがハイクオリティーな空間を作り上げていました。タマホテルD22、H22と言うらしいです。D22はレストラン、バースペースのことを指し、H22はホテルを指します。

とにかくハイクオリティー

エレベーターを22階でおりると広がる異空間。ここがカンボジアであるということを忘れてしまうような驚くような空間が待ってました。

バースペースには様々な席が用意されています。テーブルとソファといった普通のタイプの席に加えて、夜景を堪能できるように窓に向かっておかれたソファー、完全に横になれる大きなソファーなど完全にリラックスできるように考えられた設計です。いやぁこれはすごいです。照明を抑えた空間に心地よい音楽が響きます。とにかくお洒落なんですよ。

様々な席が用意されているバースペース

様々な席が用意されているバースペース

バーカウンターにはお洒落なスタッフも

バーカウンターにはお洒落なスタッフも

完全に横になってしまえます

完全に横になってしまえます

コンセプトはMr.Xの邸宅

タマホームが作り上げたこの空間、ある一人の男をイメージして作られたそうです。このレストランは彼のダイニング、バーは彼が寛いでお酒を堪能するリビング、そしてホテルは彼の寝室という具合です。各所に置かれた様々な調度品は彼が海外旅行先から持ち帰ったお土産という設定は今までカンボジアにはなかった斬新なものじゃないですか。

各所に置かれた調度品はMr.Xが海外から集めた品々

各所に置かれた調度品はMr.Xが海外から集めた品々

このコンセプトを分かる人に来て欲しい

カンボジアにないものを作りたい、カンボジアと感じない空間を作りたいということで作り出されたこの空間。コンセプトを理解して楽しんでいただけるお客さんに来てもらいたいとタマホームの方はおっしゃっていました。

静かに夜景を見ながら楽しむお酒、一つ上のフロアには夜風を感じでお酒の飲めるスカイバーEclipseもありますが雨期には雨も心配、そして客層も比較的わいわいしたい人たちが多いので静かに落ち着いて飲むのは向いていないんですね。

D22は室内なので雨の心配もなし、落ち着いてお酒を楽しめます。そして何よりバーの奥にはホテルが併設されているんです。ほろ酔い気分になったら徒歩0分の寝室に戻って休むのも贅沢ですよね。

タマホームが作ったホテルが斬新すぎる

つい先日開店したばかりなので是非一度行ってみてください。かなりおすすめです。

現在地
ルートを検索