カンボジア カンボジアの国際協力(ボランティア)

わがままなカンボジア人に支援するのやめたら?

投稿日:2014年11月11日 更新日:

スポンサー

先日カンボジア人の友達とカンボジア人の考え方について話しました。それを基にぼくのカンボジア人に対する考え方を書きます。

富める者から取り、貧しい者は無視

前々から言ってることですがカンボジアはお金が一番大切なんです。お金をいかに集めるのか、そのことにすごく重点をおくわけですね。なのでお金を手に入れるためにはこんなことも平気でやります。

  • いい給料の仕事が見つかったらいきなり辞める。
  • 病気のふりをして支援してもらう。
  • お金、物を盗む。
  • 料金の割増請求。

挙げたらきりがありませんよ。さらに友人と話して驚いたのは、お金を持っている人からは寄生虫のようにお金を取り続け、逆に貧しい人にはお金を渡さない。そしてそれを悪いことだと思っていないんです。当然のことだと言います。

昔聞いた話では、お金を持っている人は貧しい人たちを支援するのがカンボジア社会ということだったので時代も変われば考え方も変わっていくんですね。

支援やめたら?

最近そう思うようになりました。支援が過剰すぎるんですよ。何でも外国がお金をくれるから自分たちでやろうって気がなくなってるんじゃないですか?

そりゃそうですよ。人間楽してお金もらえたら良いですもんね。噂ですけどカンボジアには外国からいかに援助をもらうか考える部門があるらしいですからね。もうね、もらうことしか考えてない人には援助なんてしなくて良いと思いますよ。

最後にこれだけ

もちろんカンボジア人全部がこんな状態だって言ってるわけじゃないですよ。とても素晴らしいカンボジアの友達もぼくにはいっぱいいます。そして別にカンボジアに限ったことじゃないってことも。もちろん読んでくれているあなたは分かってくれていると思いますが念のため。

-カンボジア, カンボジアの国際協力(ボランティア)
-

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

タマホームが作ったホテルが斬新すぎる

前回タマホームがつくりあげたレストラン、バーD22を紹介しました。今回はホテルH22のご紹介です。このホテル実はまだ稼働しておりませんが特別に室内を見せていただいたのでご紹介です。 このホテルの特徴は …

プノンペンの路地裏。

プノンペンに住んでる普通のカンボジア人宅へお邪魔した

正直日本人には厳しいかな はっきり言いますけどプノンペンで普通のカンボジア人が住んでいるような家に住むのは厳しいですよ。先日プノンペンに住んでいるカンボジア人の家にお邪魔したので紹介しますね。 ざっく …

カンボジアの薬局で買える一般的な風邪薬

カンボジアの風邪薬は1日20円!

カンボジア人がおすすめする風邪薬 カンボジアで風邪をひいたらどうしますか? ぼくはいつも日本人の先生のいるクリニックを受診しています。でも費用のことを考えるとさすがにいつもいつも行くわけにもいかないわ …

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

カンボジア人みたいに携帯2台持ちはじめました

カンボジアでは電話2台持ちは当たり前 ぼくの知っているカンボジア人はほとんどが携帯電話2台持ちです。ぼくも先日携帯電話をいただいたのでカンボジア人のように2台持ちをはじめました。 カンボジアでは電話2 …

ここで仕事します。

屋外に仕事スペースを作ることにしました

屋外で仕事をしてみよう 最近家に引きこもりがちで気持ちが沈みがちだったのでこの状況を打開すべく家の外でも仕事ができるようにすることにしました。ちょうど家の扉を出たところにこれくらいのスペースがあるんで …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote