カンボジア カンボジア社会

どぶ川を見ろ!急速に発展するプノンペンの裏で環境は破壊されまくっている。

投稿日:2014年12月25日 更新日:

水は真っ黒。雨期にはこれが氾濫するんです。
スポンサー

目を背けたくなるどぶ川

あなたはプノンペンの家庭排水を見たことありますか?あんまりないんじゃないですか?

多くの家庭排水は道路の下を流れているので普段はあまり目にすることは少ないです。でもプノンペンの高級住宅街ボンケンコンの近くには地下から流れた下水が地上に顔を出している場所があるんです。

それはもう恐ろしく汚いんですよ。水は真っ黒、変なゴミが浮いていて、近づくと悪臭を放っているんですよ。雨期になるとこれが氾濫して周りの家に流れ込むっていう恐ろしい事になってしまうんです。

プノンペンのどぶ川。ゴミだらけ。

プノンペンのどぶ川。ゴミだらけ。

水は真っ黒。雨期にはこれが氾濫するんです。

水は真っ黒。雨期にはこれが氾濫するんです。

発展の陰で大量のゴミが発生しています

プノンペンは今急速は発展しています。市内ではいたるところに高層ビルが建設され活気があるのをプノンペンに行った事のある人なら知ってますよね?でもね、それに比例して大量のゴミも同じように発生しているんです。どんどん物が消費されて捨てられていく。その一部はゴミ山に運ばれて積み上げられる。あるゴミはこのようなどぶ川に流されてプノンペンの南にある湖に溜まり、やがては河を経て海に流れていくんです。

まだまだみんなの意識は低い

こんな状態でぼくはとても心配になってしまうんですけど、カンボジアの人はあんまりそういう事について心配しているような感じがしないんですよね。ぼくの友人達も全然そういう環境問題については話をしません。そういう教育を受けていないのかなぁって思ってしまいます。

カンボジア人の考え方として、自分の周りがきれいになったらそれで良いという考え方があるみたいです。たとえば食事の時にティッシュを使ったら全部床に捨てちゃうんですよね。日本人からしたら考えられないことなんですが、カンボジア人にしたら全然普通のことなんですよ。これってテーブルの上という今自分の食事をしている場所さえきれいにすれば良いという考えなんです。そういう思考をもっているもんだからゴミは全部自分の前から消えればそれでOKって思っちゃうんですよね。

もっと環境問題に意識を持ってくれるようになればいいなと思っています。自分も率先してそういうことを伝えられたら良いなと思ってます。

-カンボジア, カンボジア社会
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

VATTANAC CAPITAL

VATTANAC CAPITALについてるビジョン。誰が見るの?

なんであんなところにビジョンがついてるの? 最近プノンペンにオープンしたVATTANAC CAPITAL。たぶん今プノンペンで一番高いビルです。このビルの上の方に大きなビジョンがあるのご存知ですか? …

カンボジアの屋台でプロハットを食べる

カンボジア人が大好きな軽食 カンボジアをはじめ東南アジアの食と言えば屋台をイメージする人も多いのではないでしょうか。ここカンボジアも夕方頃からあちこちに屋台が出現します。 今回紹介するのはプロハットと …

壊れたバイクをトゥクトゥクに押してもらって帰宅しました

トゥクトゥクはこんな使い方もできるのだ 先日乗ってたバイクが壊れたんです。それも夜に。こんな時間になかなかバイクの修理屋は開いてません。でもなんとか家に帰りたい。 トゥクトゥクをとりあえず呼んでバイク …

フェリー乗り場では物売り達がどっとやってきます。

もうすぐなくなる?ネアックルンのフェリーで生活している人たちの将来

ネアックルン橋建設中 カンボジアの国道1号線はプノンペンからベトナムへ向かう交通の大動脈。それにも関わらずメコン河によって道が寸断されてしまっているのです。ここを通るにはフェリーに乗る必要があり交通の …

歯を見せて微笑むデバター。知る人ぞ知る隠れた名所です。

アンコールワットの隠れた見所。歯を出して笑うデバター

歯を出して微笑むデバターを知ってます? カンボジアっていうとアンコールワットですよね。ぼくも何度かアンコールワットに行きましたが、初めて歯を出して笑うデバターを見ることができたんですよ。 珍しいのです …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote