no-image

カンボジア通なら常識。12月〜1月は涼しいので行動するなら朝

カンボジアでは12月〜1月は冬

カンボジアは12月〜1月にかけて1年で一番気温が下がる季節なんです。下がるって言ったって日本みたいに一桁になることはないんですけど、常にこの暑さの中にいると20度を切るとさすがに寒く感じるんですね。

でもこの時期は朝方はとても涼しくて過ごしやすいっていうメリットがあるんです。カンボジアの観光は是非この時期の朝に行くことをおすすめします。朝の涼しい空気の中で過ごすカンボジアはとても気持ちが良いもんです。

さすがに昼が近くなってくると暑くなってきて外に出るのもちょっとためらってしまうようになりますね。午後はあまり外を歩き回すことはおすすめしません。

そして夜、ぐっと気温が落ちてきます。夜に外出する時には長袖の上着を持っていくことをおすすめします。まあ歩くだけならそれほど寒くはないでしょうけど、バイクやバイクタクシーに乗ったりすると風が酷く辛く感じます。ぼくはそれで風邪を引きかけたんです。

とにかく今がカンボジアのベストシーズン。カンボジアの常連さんもまだ来たことのない方もぜひ涼しいカンボジアを体験してみてください。