カンボジアの生活 海外旅行

カンボジア長期滞在の保険について考える

投稿日:2013年7月12日 更新日:

スポンサー

カンボジアに行くときは保険が必須

カンボジアに限ったことではないですが、海外では色々な不測の事態が起こることも多いと思います。僕は以前カンボジアに滞在した時にはよく体調を崩して病院にお世話になりました。一番酷かったのはデング熱で1週間の入院した時。費用は約2500ドルだったと記憶しています。次に行く時にもデング熱とまではいかなくても病院にお世話になることはあるだろうと思い、海外旅行保険を検討してみました。

AIU保険

海外出張や海外駐在員向けの保険が用意されていました。海外出張向けと海外駐在員向け保険の大きな違い2点。携行品の補償と個人賠償責任です。

携行品の補償

海外出張向けの場合には携行品に対してのみ保証され、家に置いていたパソコンや家具などが補償の対象にならないのに対して、海外駐在員向けの場合には補償の対象になるということでした。

個人賠償責任

海外駐在員向けの場合には失火によるアパートへの賠償責任なども補償されるとのことでした。

治療・救援費用

一番心配していたのはこの部分。海外出張向け、海外駐在員向け共に無制限(海外出張向けの一般プランは2000万円)で、海外への緊急搬送の費用も補償されるとのこと。

保険料はその他に傷害死亡、後遺障害、などによって変わってきます。 ざっくりと書くと海外出張向けは年間185,310円〜237,650円、海外駐在員向けは224,700円〜278,760円(アジアの場合)

東京海上日動

友人がここの保険を使っているということで聞きに行ってきました。結果からいうと金額はAIUとそんなに変わらないが、補償内容があまり充実していないような感じでした。担当者曰く、海外の長期滞在保険は積極的に取り扱っている訳ではないとのこと。

他にも色々と保険会社があるとは思いますが、個人的にはAIU保険にしようかなと思っています。まだカンボジアへ行くまでに少し時間があるのでもう少し考えようと思います。


-カンボジアの生活, 海外旅行
-,

執筆者:

「カンボジアの生活」のオススメ

移転したロイヤルラタナック病院

ロイヤルラタナック病院がロイヤルプノンペン病院になってオープン

カンボジア最大級の病院 移転したロイヤルラタナック病院 プノンペンにあった国内最高水準の医療を提供しているロイヤルラタナック病院が以前あったトゥールコックから移転して、空港寄りの場所に開業しました。名 …

カンボジアで安いインターネット回線をひく − 開通!

待ちに待った開通! ようやくMetfoneのインターネット回線が開通しました。 前回はケーブルが在庫切れということだったのですが、すぐに入荷したらしく工事にやって来ました。 モデム、Wi-Fiルーター …

中国東方航空

上海・浦東空港は大丈夫なのか?また遅延したのだ

またもや機内で2時間待ち カンボジアとカンボジアの行き来でよく利用する中国東方航空ですが、またやってくれました。以前のような4時間待ちとまではいかないにしても出発する機内で2時間も待つ羽目に。 前は何 …

家カフェ

カフェにお金を使うのをやめました

僕はカフェが大好きです 僕はカンボジアのカフェに行くのが大好きです。日本みたいに騒々しくないし電源も使えてネットもできる。そして何時間いても追い出されない。カンボジアのカフェはゆっくりと何かに取り組み …

駐輪場のスタッフがいない店ではバイクの管理をしっかり!盗まれて泣きたくないでしょ?

盗難が頻発するカンボジア カンボジアではスリとか色々な犯罪が結構な確率で起こります。今までぼくも色々と物を盗られてきました。一番ショックだったのはiPhoneを盗られたことですね。 カンボジアで盗難に …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote