北野天満宮。梅が見頃です。

京都で梅を観賞するなら北野天満宮へ。満開だよ。

京都随一の梅の名所

3月と言えば梅の時期ですね。京都にはいろいろと梅の名所はあるんですが北野天満宮も梅の名所としてとても有名。境内に1500本もの梅が植えられているんだそう。

ちょうど3月下旬は梅が満開になってとてもきれいなんで京都にお越しの際には是非おでかけください。ぼくも行って来ましたが本当に良かったですよ。紅白の梅が境内の至る所に植えられていて華やかなんですね。

北野天満宮。梅が見頃です。

北野天満宮。梅が見頃です。

最近は気温も上がってきてちょっと歩くと汗ばむくらい。きれいな梅を観賞しながらのんびりと境内を歩くと幸せな気分になれます。

境内の至る所に梅が植えられています。

境内の至る所に梅が植えられています。

紅、白、桃色などの梅が咲き乱れています。

紅、白、桃色などの梅が咲き乱れています。

梅苑にいけばもっと梅が楽しめます

北野天満宮の境内には梅苑があって別料金(大人300円、こども300円)を支払えばたくさんの梅が植えられた場所に入れるだけでなくて、梅の入ったお茶とお菓子を園内で食べることができます。ぼくは食べる梅が苦手なんで入るのを遠慮しましたけど、優雅な時間を過ごせるんじゃないかなぁ。

近所は京都有数の花街

北野天満宮の近くには上七軒という京都でも有数の花街があります。祇園ほど多くなくて人も少ないんですけどなかなか風情のある景色を楽しむことができますよ。

北野天満宮に行った時には是非とも上七軒も一緒に散策されることをおすすめします。夕方以降日が暮れた頃が最高に良いです!

京都有数の花街。上七軒

京都有数の花街。上七軒

神社に行くと心が静まる

ぼくは精神的にやばい状態になることが多々あって、実は今回北野天満宮にいく道中も相当荒れていたんですよ。でも神社に入ると何となく神聖な雰囲気に癒やされる感じがして自然と心が落ち着きます。ぼくにとっては神社や寺って本当に心を静められる場所なんです。

北野天満宮は学問の神様である菅原道真公をお祀りしている神社ということもあり、ちょっとでも賢い人間になれるようにお祈りもしてきました。まあどうなるのかは分かりませんけどね。

京都駅からバスで一本

交通アクセスも結構よくて京都駅から市バス1本で行けます。市バス50・101系統に乗って北野天満宮前のバス停で下車してください。あとは京福電鉄(嵐電)の北野白梅町駅から歩いて5分くらい。この電車に乗ると嵐山にもすぐ行けるので嵐山とセットで観光してみるっていうのも良いですよ。