和菓子 食べ歩き

創業が鎌倉時代!堺が誇る名店・かん袋でくるみ餅を堪能せよ

投稿日:2015年10月5日 更新日:

スポンサー

こんにちは、和菓子に目がないmoriです。

大阪の堺に鎌倉時代末期に創業したという超老舗のお菓子屋さんがあるのをご存知ですか?

かん袋

くるみ餅のかん袋

販売しているお菓子はくるみ餅ただ一つ。
堺では知らない人はいないというほどの有名店なんですよ。

今回はかん袋のくるみ餅を紹介しますね。
本当においしいです!

くるみ餅とはどんなお菓子?

くるみ餅

この名前を聞いてどんなお菓子か想像できますか?
ぼくははじめてこの名前を聞いた時にイメージしたお菓子は「胡桃」を使った餅です。

でも違うんですよ。
くるみ餅というのはこんなお菓子です。

かん袋のくるみ餅

白玉団子を緑の餡でくるんだもの。
だから「くるみ餅」っていうんです。

もともと堺は室町時代には勘合貿易をしていて、明(今の中国)からいろんなものが入って来ていました。
もちろん農作物なんかも入っていていたんですが、その農作物を使って何か作れないとと考案されたものがくるみ餅の起源です。

もともとは塩味だったんですが、後にルソン(フィリピン)から砂糖が輸入されるようになり今のような甘いくるみ餅になったんだそう。

くるみ餅のおいしさは豆!濃厚な甘さの緑の餡を召し上がれ

かん袋のくるみ餅はなにがおいしいのか?
それはです。

この緑の餡がとてもおいしいんです。
めちゃくちゃ甘いんですが、豆の味がしっかりとしたおいしい餡。

緑の餡がおいしさの決めて

緑の餡はたぶん枝豆かな。
かん袋のくるみ餅は原材料が公表されていないので、何が使われているのか知る術がないんです。

とにかくおいしい豆を使ってることだけはたしかなようです。

さっきも書きましたが、めちゃくちゃおいしいんですがとにかく甘いのが難点。
ぼくは結構な甘党ですが、この餡は甘すぎます。

夏場はかき氷と一緒に召し上がれ「氷くるみ餅」

夏場にはかき氷と一緒に食べる氷くるみ餅(360円)というものが販売されます。
ぼくは普通のくるみ餅より、この氷くるみ餅の方が好きですね。

たっぷりの氷がかかった「氷くるみ餅」

氷くるみ餅

なぜかというと、ちょうどいい甘さだから。

くるみ餅だけだとめちゃくちゃ甘いんですが、氷と一緒に食べるとちょうどいい甘さになるんです。

氷くるみ餅をいただきましょう。

氷くるみ餅とお茶

かき氷の一番底にくるみ餅はあります。
緑の餡が見えてきましたね。

氷を崩して底のくるみ餅を取り出す

白玉と餡、氷を一緒に食べるますよ。

かき氷の底にあるくるみ餅

甘い餡が氷で薄められてちょうどいい甘さになるので、とても食べやすいです。
かん袋に来たら絶対に食べてほしい、おすすめのくるみ餅です。

かん袋でくるみ餅を注文する方法

かん袋でくるみ餅を注文する方法を紹介します。

入口はこちら。
土日などは行列ができて店内に入るのも結構大変。

かん袋の入口

店の一番奥にレジがあるのでここで注文します。
店内で食べる場合もテイクアウトの場合も同じ場所で注文してくださいね。

かん袋のレジ

お金を払ったらこのような木でできた番号札をもらいます。これを持って空いてる席でくるみ餅が運ばれてくるのを待ったらOK。

番号札

店内はこんな感じでテーブルがたくさん並べられています。
混在時には相席も当たり前。

かん袋の店内

お水とお茶はセルフサービス。

給茶機

しばらくすると注文したものが運ばれてきました。

氷くるみ餅

土日は行列ができることも。空いてる時間帯は平日午前

かん袋のくるみ餅はあまりにも有名なので、ものすごい人が押し寄せてくるんです。
特に土日は店の外まで列ができるほど。

かん袋の行列

すごい人の数に心が折れそうになりますよね。

mori
いったい何時間待たされんだろう……

こんな不安な気持ちになりますが、思ったほど待つことはないので安心してください。

みんなが食べるものはくるみ餅だけ。
普通のカフェやレストランのように何時間も滞在することありません。
かなりお客さんの回転はかなり速いので、行列の見かけほど並ばないんですよ。

そうは言っても人が多いのは嫌ですよね。
いつ行けば人が少ないのか?

それは平日の開店直後(午前10時)。
ぼくは行った時には行列はおろか、店内にもお客さんはまばらでした。
おかげさまでゆっくりとくるみ餅を堪能できましたよ。

くるみ餅の日持ちは1日。お土産にするのは大変だ!

くるみ餅はテイクアウトもできます。
ただしここで大きな壁が立ちはだかるんです。

それは、くるみ餅の日持ちが1日だけだということ。

つまり、買った日には食べてしまわないといけないってこと。
次の日に誰かに渡そうと思っていても無理なんですよ。

お土産としはなかなか渡す機会は少ないでしょうね。
これからすぐに渡すっていう場合には、ぜひともくるみ餅をお土産に!

テイクアウト用のくるみ餅を紹介しましょう。

これはくるみ餅2人前(シール容器入り)920円。

くるみ餅2人前(シール容器入り)

中には密封できる容器が。その中にくるみ餅が入っています。

シール容器入りに入ったくるみ餅

フタを開けると中にはたっぷりのくるみ餅が。

くるみ餅(シール容器入り)の中身

持ち帰り用としてはシール容器入りが一番リーズナブル。

mori
でもお土産にはちょっとなぁ〜

そんな時にはお土産にも使える高級な容器も用意されていますよ。

テイクアウト用のくるみ餅

  • 麦山入り
  • 小鉢入り
  • 壷入り

これならお土産にもピッタリですよね。

テイクアウト用のくるみ餅。
値段も載せておきます。

シール容器入り

サイズ 価格
2人前入り 920円
4人前入り 1,740円
6人前入り 2,570円
8人前入り 3,400円
10人前入り 4,200円

麦山入り

サイズ 価格
4人前入り 3,000円

小鉢入り

サイズ 価格
2人前入り 1,150円

壺入り

サイズ 価格
3人前入り 1,850円
5人前入り 2,800円
8人前入り 4,000円

かん袋へのアクセス

かん袋へは車が便利です。
駐車場もあり。

かん袋

住所 大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1
TEL 072-233-1218
営業時間 午前10時より午後5時まで
売り切れ次第営業終了
定休日 火曜日・水曜日
国民の祝日に重なるときは営業。他の日に振替
WEBサイト かん袋

-和菓子, 食べ歩き
-, ,

執筆者:

「和菓子」のオススメ

ミックスジャンボと焼きそば。これでそれぞれ1人前ずつ。

京都でお腹いっぱい食べたいならここ。超大盛りお好み焼きのジャンボに行ってきた

鉄板一面に広がるお好み焼き 以前友人からお好み焼きを食べて腹がはち切れそうになってしまったという京都のお好み焼き屋の話を聞いたんです。その話を聞いて以来ずっと行きたかったんですがついに念願叶って行くこ …

八ッ橋好き必見!八ッ橋の塊をほおばれる「きなこちぎり餅」はおいしい?実際に食べてみたよ

生八ッ橋をお餅にした「きなこちぎり餅」の紹介です。ニッキの味は控えめですがもちもちの食感と、大きな生八ッ橋の塊を食べているかのような感覚は生八ッ橋では味わえない独特のもの。生八ッ橋好きにはおすすめの商品です。

プノンペンでちょっと変わった麺を食べてみたよ

ピリ辛麺が美味い カンボジアで麺と言えば焼きそば、カンボジア風焼きうどん、ラーメン(インスタントラーメン)が一般的なのですが、ちょっと変わった麺を食べる機会があったので、それについて書こうと思います。 …

カツカレー。ボリューム満点です

カレーの聖地・神保町で行列ができるキッチン南海でカツカレーを満喫

大行列のカレー屋・キッチン南海 カレーの聖地と言われる東京の神保町。ちょうどスマトラカレー共栄堂でビーフカレーを食べた後に神保町をぶらぶら歩いていた時、すごい行列を作るこのカレー屋を見つけたんです。 …

ふわっふわ!みたらし入りの生八ッ橋「みたらしおたべ」

冬限定の生八ッ橋「みたらしおたべ」の紹介です。京都が発祥の八ッ橋とみたらし団子。この2つが融合したおいしい生八ッ橋。実際に食べた感想を紹介しています。

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote