和菓子 食べ歩き

石山寺に来たら絶対に食べるべき極上和菓子 茶丈藤村「たばしる」

投稿日:2017年7月14日 更新日:

スポンサー

こんにちは、和菓子が大好きなmoriです。

今回はぼくの地元、滋賀の美味しい和菓子を紹介しますね。

石山寺の門前にある和菓子屋「茶丈藤村」

紫式部が源氏物語の着想を得たと言われる石山寺。
一年を通して様々な花が楽しめる花の寺として有名です。

石山寺

花も良いけど、ぼくは花より団子。
石山寺の門前にある極上和菓子を紹介しましょう。

茶丈藤村 たばしる

たばしる

見た目は普通の大福みたいですが、そんじょそこらの大福とはちょっと違うんですよ。
ぼくのお気に入りの和菓子です。

大きな粒の大納言は大満足の食感

たばしるの美味しさはなんと言っても小豆にあります。
柔らかで薄いお餅の中には、大粒の大納言がたっぷり

大福などに使われる粒あんは小豆の粒も残ってるけど、潰れてペースト状になってる部分が多いですよね。
でも、たばしるの場合には粒がメイン

大納言のつやつやした豆が潰れることなくぎっしり詰まっているんです。

たばしるの生身

だから、口に入れた時に小豆の粒がばらばらになって崩壊します。
この小豆が一粒一粒ばらばらになる食感がめっちゃおいしい。
あられのような軽やかさすら感じるんです。

実は「たばしる」っていう名前の由来はあられだったんですよ。
有名な松尾芭蕉がこんな句を詠みました。

石山の 石にたばしる 霰(あられ)かな

石山に降るあられをイメージしたのが「たばしる」だったんですね。
大納言が口の中でばらばらになる様は、まさに石山に降ったあられのよう。
本当にイメージ通りだなって感動しましたよ。

香ばしいクルミがアクセント

大納言だけでも十分おいしいんですが、もう一つたばしるには大きな特徴が。

それはクルミ

たばしるの中を見てみると、上の方にはたっぷりです大納言が入っています。
そして、下の方には茶色いものが入っているのが見えます。

これがクルミです。

たばしるのアクセント「クルミ」

香ばしいクルミは歯ごたえのいい食感と香ばしい香りを与えてくれます。

大納言とクルミが口の中で合わさり、すばらしい風味を堪能することができるんですよ。
この美味しさは一番食べると忘れなれないほど。

滋賀のお茶・朝宮茶と一緒に「たばしる」を食べる至福の時

石山寺の茶丈藤村では、たばしるを店内でいただくことができます。

素敵な店内ですね。

茶丈藤村の店内

こちらが注文したたばしるです。セットで700円。

店内で食べるたばしる

一緒についてくるお茶もおしゃれ。
とっても個性的な器ですね。

器がおしゃれ

この湯飲み、ものすごく薄くて割ってしまうんじゃないかと心配になるほどです。
素焼きっぽい肌触りの素朴な風合い。

ここで出されるお茶は朝宮茶。
滋賀の南の方には朝宮という場所があって、お茶の栽培が盛んな場所なんです。
京都の宇治茶も、この朝宮茶がもとになっていると言われるくらい歴史のあるお茶です。

朝宮茶の産地

朝宮茶の産地

話はそれますが、朝宮にある天下一品は料亭のような佇まいで豪華すぎ。
朝宮は優雅な場所なのです。

料亭のような天下一品「朝宮店」

料亭のような天下一品「朝宮店」

陶器で有名な信楽(しがらき)もすぐ近くなので、観光で行っても楽しいですよ。

2日しかもたないけどお土産に持って帰りたい!

ぼくはたばしるが大好きなので、店に行くと自分だけじゃなくて他の人にも食べて欲しくなります。
たばしるはお土産にもピッタリです!

ただし、2日しかもたないので遠くの人へのお土産には向かないですね。
残念だけど、生菓子はそういうもの。

お土産はこんな高級な箱に入れてくれるんですよ。

お土産用のたばしる

包み紙をあけるとこんな箱が登場

お土産用のたばしるの箱

小さくて白いたばしる。宝石みたい!

お土産用たばしるの中身

値段はこちら。

たばしるの価格
個数 価格
6個 1,250円(税込)
8個 1,625円(税込)
10個 2,000円(税込)

店頭では1個から購入することもできます。

滋賀までこれないよ!って人はネットでも買えます。

滋賀県の和菓子 石山寺のたばしる / こまめな小豆 茶丈藤村 お取り寄せ

注意

消費期限が2日なので、配送に2日以上のかかる場所へは配送できません。

茶丈藤村へのアクセス

茶丈藤村は石山寺の門前にありますが、少しだけ門からは離れてます。
門から北へ1分くらい歩いたところ。

立派な看板が目印。

茶丈藤村

秋には店の正面に柿がたくさんなるのですぐにわかりますよ。

秋には入口に柿の実がたくさんなる

茶丈藤村

住所 滋賀県大津市石山寺1-3-22
TEL 077-533-3900
営業時間 9:00~18:00
定休日 火曜(祝日の場合は営業)
WEBサイト 和菓子の茶丈藤村 こまめな小豆

-和菓子, 食べ歩き
-, ,

執筆者:

「和菓子」のオススメ

巨大なシュークリーム

京都の老舗・イノダコーヒーのビッグシュークリームがデカすぎて唖然

一人で食べると気持ち悪くなるほどデカい! 京都の中心、三条堺町に老舗コーヒーショップのイノダコーヒーがあります。歴史を感じさせる外観、中庭の見える広い店内は昭和の香りが漂う素敵な空間です。ぼくのお気に …

551の海鮮そば

豚まんだけじゃない。551の海鮮そばが美味い

関西人だったら誰でも知ってる551 関西人だったら恐らく知らない人はいないであろう豚まんで有名な551の蓬莱。CMの影響で豚まん、アイスキャンディーがとても有名ですよね。関西人のぼくも551の豚まんは …

【セブンイレブン】豆大福だと思っていたら黒豆だった!ほどよい甘さがちょうどいい黒豆大福

黒豆のほんのりとした甘みが嬉しい黒豆大福 こんにちは、甘い物には目がないmoriです。 以前セブンイレブンのスイーツについての記事を書いたら三重県のブロガーめいたく@ふろあ(@floor0429)さん …

金沢和音の桜餅

東京で‪関東風桜餅(長命寺)などを11個食べた結果、めまいの先に見えたもの

長年の夢がかなう時がやってきた ぼくは今回の上京をいつもとは違った特別なものだと思っていました。それは何を隠そう、関東風桜餅(長命寺)を食べることができる春に東京に行けるからです。 ぼくにとっての桜餅 …

【セブンイレブン】新たなみたらしの世界へようこそ!濃いみつみたらし(黒糖仕立て)

黒糖を使うことで全く新しいみたらしの世界が作られる こんにちは、セブンイレブンの低価格帯スイーツにはまってるmoriです。 今回は2016年秋に発売になった新商品・濃いみつみたらし(黒糖仕立て)の紹介 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊の楽しさ伝えます!

自炊の楽しさをあなたのところへ伝えに行きます!

自炊デリバリー

ブログの中を検索する

読みたい記事のカテゴリーを選ぶ

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね