人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

WordPressのデータベースを手動でバックアップする方法

      2017/02/15

  • WordPressのアップデートなどの時にはデータベースのバックアップは必須

    WordPressのブログを運用している時、普段は記事を書くことだけってこともあってWorpressというシステムの中身についてはあまり意識していませんよね。

    そういうことを全く意識しなくていいということがWorpressの良いことでもあるんですが、Wordpressを触る時にはちょっとだけ意識をした方が良いこともあるよというお話しを今回はしたいと思います。

    WordPressでは記事を書いたりすると、その内容がデータベースの中にため込まれていきます。このデータベースの中にはあなたが書いた記事の他にもインストールしたプラグインの設定データなど色々な情報も保管されているんです。

    こんな感じで書いた記事の内容などがいろんな入れ物(テーブル)の中に保管されています。

    Wordpressのデータベース

    WordPressにとってこのデータベースというのは非常に大切なものです。もしこれが壊れてしまったらどうなるか?

    ぼくは以前データベースを壊してしまったことがあるんですが、もう悲惨。画面が真っ白になってしまい管理画面にすらアクセスできなくなってしまったんです。

    mori
    思い出すだけでもおそろしい…

    そんなことが本当に起きるのか?

    起きるんですよ!

    特にプラグインを追加した時などにこういうことがよく起こるみたいで、実際にぼくも新しいプラグインを追加した時に痛い目にあってきました。

    こんなことが起きてしまった時に慌てないために絶対にやっておくべきことがあります。それがデータベースのバックアップです。

    プラグインの追加やWordpressのアップデートなどを行う際には必ずデータベースのバックアップを行ってください。バックアップがあれば万が一データベースがおかしくなってしまっても、バックアップ時点のデータに戻すことができます。

    もう一度データベースのバックアップを行った方が良いタイミングをまとめておきますね。

    • WordPressのアップデート
    • プラグインの追加
    • データベースの中身を置換するような場合

    データベースの手動バックアップ方法

    今回紹介するのは、手動でのデータベースのバックアップ方法。プラグインにも便利なツールがあって自動でデータベースとファイルのバックアップをとってくれるものもありますが、それはまた別の機会に。

    ぼくはエックスサーバーというレンタルサーバーを使っているので、エックスサーバーの画面で説明します。他のレンタルサーバーでも同じような感じだと思います。それではバックアップの手順を見ていきましょう。

    まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

    ここにデータベースという項目があるのが分かると思います。そして「phpmyadmin」を探します。この「phpmyadmin」というやつがデータベースを操作するツールです。他のレンタルサーバーでもデータベースの操作はこのphpmyadminを使っているところが多いと思います。

    「phpmyadmin」をクリックします。

    phpmyadminをクリック

    phpmyadminをクリック

    ユーザー名とパスワードを入力します。これはデータベースのユーザー名とパスワードです。Wordpressを始める時に決めたMySQLユーザとパスワードです。

    データベースのユーザ名とパスワードを入力

    データベースのユーザ名とパスワードを入力

    ユーザー名とパスワードが分からないときには
    Wordpressをインストールしたフォルダの中にwp-config.phpという名前のファイルが入っています。このファイルを開いてこの項目を探してください。

    • DB_USER
    • DB_PASSWORD

    ここに書かれている内容がそれぞれユーザー名とパスワードです。

    phpMyAdminのユーザー名とパスワード

    左側にデータベースが表示されるのでバックアップしたいデータベースを選びます。

    バックアップするデータベースを選択

    バックアップするデータベースを選択

    エクスポートを選択します。

    エクスポートを選択

    エクスポートを選択

    エクスポートでは”全選択”を選んで下の一覧に書かれている文字が全部選択されているように確認します。その下のチェックボックスはSQLを選択。

    オプションはこのままでOK。

    全選択して全データをダウンロードします

    全選択して全データをダウンロードします

    “ファイルに保存する”にはチェックを入れます。これを忘れると画面に長文が表示されて画面が固まります。ファイルに保存するにするとデータが全部ダウンロードされます。

    ファイルに保存するにチェックを入れてから実行

    ファイルに保存するにチェックを入れてから実行

    最後にもう一度確認してから”実行する”ボタンをクリック。すぐに●●.sqlというファイルがダウンロードされます。これでデータベースのバックアップが完了です。作業が終わるまで大切に持っておきます。

    ダウンロードされたデータベスのデータが入ったファイル

    ダウンロードされたデータベスのデータが入ったファイル

    • 0
    • 0
    • 0

     - デジタルライフ, ブログ運営 ,

  •   関連記事

    JR東日本フリーWi-Fi
    JR東日本でフリーWi-Fiを使う方法まとめ

    事前登録は不要です 今回の日本一時帰国では関西の他にも東京にも滞在しました。ここ …

    MacでWindowsのDeleteキーと同じことをする方法

    shift + delete Windowsを使っている人はカーソルより前の文字 …

    Zenfone5
    Zenfone5でWi-Fiが使えない!再起動しましょう

    Wi-Fiでネットに繋がらないなら再起動 ぼくは今格安のスマホZenfone5を …

    Mac OS X Yosemite
    Yosemiteにアップグレードしたら起動が速くなった

    今使っているMacのOSをYosemiteにアップグレードしたという話を先日書き …

    SIMカード
    SMS対応SIMの方が良い理由

    SMSの必要に迫られた ぼくは今まで格安SIM・OCNモバイルONE(月額料金は …

    クロネコヤマトを名乗る不審メール
    【コンピュータウイルス対策】ヤマトからの不在連絡?それってウイルスかも知れないから注意!

    クロネコヤマトからの不在連絡メール。本物みたいだけど怪しい! こんにちは、ほぼ毎 …

    あの日何してたっけ?Googleマップのタイムラインには移動履歴が残っているから見てみよう

    自分の行動がGoogleマップに全部記録されている Googleが面白い機能をさ …

    琵琶湖岸の公園。
    ブログが書けない時には屋外で書いてみるのをおすすめします

    ブログが書けないなら場所を変えよう こんにちは、moriです。 ぼくはこのブログ …

    ツイートの埋め込み例
    Twitterのツイートをブログに埋め込む方法

    簡単にツイートを埋め込めます 自分のブログにTwitterでつぶやいたツイートを …

    no image
    雑多ブログは自分を描き出すキャンバス

    ぼくのブログは自己表現 ぼくがこのブログは以前に住んでいたカンボジアの情報を発信 …