篠田屋の皿盛

【京都・三条】昭和の雰囲気漂う篠田屋で名物・皿盛を食べたよ。和風カレーはたまりませんな

和風カツカレー・皿盛は優しく懐かしい味

京都・京阪三条にずっと前から気になっていたお店があります。それは篠田屋。以前テレビで放送された皿盛というメニューがめちゃくちゃ美味しそうで一度食べてみたいと思っていたんです。

お店は京阪三条の駅すぐのところにあります。外観がなんとも良い味出してますね。皿盛の提灯もかかってます。楽しみです。

篠田屋の外観

ギーッと音がする扉を押し開けて店内に。優しそうなおばあちゃんがやってきて注文を聞いてくれたので迷わず皿盛を注文して待ちます。

こちらが壁にかけられたメニュー。皿盛意外では、うどん、そば、丼、カレーといったメニューが並びます。値段もお手頃価格ですね。お昼時だったのでお仕事でお昼休みの人たちも来てました。この値段だったらまだ来やすいですもんね。

篠田屋のお品書き

待つこと5分ほどでお目当ての皿盛がやってきました。つやつやでドロッとしたカレーがなんとも美味しそう。

篠田屋の皿盛

食べてみて分かったこと。皿盛は和風カツカレーです。かかっているカレーは普通のカレーとは違ってカレーうどんにかけるようなカレー。具材も牛肉、青ネギとカレーうどんと同じですね。ダシも入っているような感じでした。

個人的には片栗粉でつけたようなとろみがポイント高いです。とろみは食欲をそそります。とろみ最高!

トンカツはこれを見てもらったら分かりますが結構薄い。いや、本当に薄くてビックリ。サクッと軽い食感です。

皿盛のとんかつ。薄い!

牛肉も入ってます。

皿盛には牛肉も入ってます

カレーうどんにかけるカレーをごはんにかけて食べるっていうことはあんまりしませんよね。あっても良さそうなんですがねぇ。いや、この組み合わせは美味しいですよ。トロトロの和風カレーに白ごはん。好きです、この組み合わせ。

650円という値段も嬉しいですし、量も十分。これだけでお腹いっぱいになりました。

レトロ!昭和の雰囲気が漂う店内

篠田屋の店内はと言うと、ザ・昭和!

篠田屋の店内。ドアも良い感じ

今の時代なかなかこういう雰囲気のお店って少ないですよね。だからかえって新鮮に感じます。

テーブル席と小上がり席があるだけの小さなお店です。どこを見ても昭和の雰囲気が漂ってますね。それもそのはず、創業はなんと1904年!明治37年です。明治!

篠田屋の店内。昭和です

レトロな雰囲気に浸りたい人にはおすすめ。

中華そばもおすすめ?食べてる人が多くて気になった

ぼくは皿盛を食べたんですけど、もう一つ気になるメニューがありました。それは中華そば。

はじめは全く気にも留めてなかったんですけど、中華そばを注文する人が結構いたのでだんだん気になりだしたんですよね。他のお客さんが食べてるのを見たんですが、見た目はごく普通の中華そば。はたしてどんな味なんだろう?

気になる人はぜひどうぞ。

これは中華そばじゃないですが、ざるそば。緑のそばでした。茶そばかな?

ざるそば

篠田屋

住所:京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町111

TEL:075-752-0296

営業時間:
[月~金]
10:00~15:00、16:30~19:00
[日、祝]
10:30~15:00、16:30~19:00

定休日:土曜日