チョコミント・餅・マシュマロが一緒に味わえる新感覚「チョコミントもち」

こんにちは、チョコミントが大好きなmoriです。

輸入食材などを広くを扱う店として有名なカルディコーヒーファーム。
一般的なスーパーと比べて珍しい商品が多いのでよく通っています。

店頭で配ってるコーヒーがすごく魅力的ですよね〜

mori
無料のコーヒーが飲みたいだけだったりする……

このカルディコーヒーファームから夏らしいチョコミント商品が出ているのをご存知ですか?

チョコミントもち

カルディ・チョコミントもち

かなり斬新なお菓子でしたよ!

チョコミント・餅・マシュマロが一度に味わえる贅沢な一品

こちらがカルディの「チョコミントもち」。
カルディ・チョコミントもち

チョコミントに餅という珍しい組み合わせのお菓子です。
それだけでなくて、なんとマシュマロまで入っているというから驚きです。
いったいどんな味なんでしょうか?

裏面にはチョコミントもちの説明が書かれています。
ミントの餅の中に、マシュマロ、チョコレートが入っているという構造ですね。

チョコミントもちの説明

味の想像はつきませんが、とにかく柔らかそう。

袋からチョコミントもちを取り出します。
緑色の一口サイズの小さなお餅。

チョコミントもちを取り出したところ

お皿に並べてみました。
緑のお餅が涼しげですね。

チョコミントもちの中身

パッケージと一緒に並べてみる。

チョコミントもちの中身

ひとまず見た目はおいといて、味はどうでしょうか。

ミントの餅ですが、思ったほどミントの刺激はないですね。
ミントのお菓子って強い刺激のあるものが多いですが、ミント餅は刺激は控えめ。
とはいえ、しっかりとすーすーする清涼感はありますよ。

もっちりした柔らかな餅と、冷たいミント。
相反するものが一緒になっているというなんとも不思議な食べ物です。

さらにマシュマロ。
爽やかなミント餅の中に入っているマシュマロは、ふわっとした食感。
もちっとしたミント餅とふわっとしたマシュマロという、重いものと軽いものが一緒になっているんです。

これも相反するものが一緒になっていますね。
この食感もまた不思議。

そして最後はチョコレート。
チョコミントもちの一番内側に入っています。

チョコレートはとろっとしておいしいですね。
チョコレートはミント、餅、マシュマロのどれとも相性がいいので、結果としてこのお菓子をしっかりと一つにまとめる役割があるのかなって感じました。

ミント、餅、マシュマロはバラバラで、なんとも表現しづらい味。
これをチョコレートというもので一つに結びつけています。

これがチョコミントもちの断面です。

チョコミントもちの断面

ひかえめなミントだけどクセになる味

さっき「ミントは控えめ」って書きましたが、決してミントが弱々しいとい意味ではありません。
実際にミントチョコもちを食べている間、常にミントの清涼感を感じ続けることができました。

これ以上控えめになるとミントの意味がない、そしてこれ以上刺激が強いと餅やマシュマロの繊細な味が死んでしまうというギリギリのラインなのです。
お互いをしっかりと引き立てる絶妙なミント加減。

ミント、餅、マシュマロ、チョコレート
本当においしいのか?
これを読んでくれたあなたはそう思うかも知れません。

はっきりと言います。

かなりおいしい!