【カンボジア土産】パイナップルクッキー(アンコールクッキー製)は素朴な甘さとほどよい固さがおいしいよ

こんにちは、毎年カンボジアに行ってるmoriです。

ぼくはカンボジアに行くと絶対に買って帰るお土産があります。
それはマダムサチコのクッキー

マダムサチコという名前からも想像できますが、このクッキーを作っているのはマダムサチコ(小島幸子さん)が2004年に立ち上げたANGKOR COOKIESです。

アンコールワット観光では、定番コースにもなっている「アンコールクッキーショップ」。ここで販売されているアンコールワットの形をしたアンコールクッキーはとても有名です。

アンコールワット観光をいたなら、絶対にアンコールクッキーを買って帰るというほど。
日本人の観光ツアー客が特に多くやってくる人気店。

今回紹介するのは、ANGKOR COOKIESが作ってる「マダムサチコ・パイナップルクッキー」です。

マダムサチコ・パイナップルクッキー

サイズは大(20枚入り)と小(10枚入り)の2つのサイズがあります。

  • 大(20枚入り):3USD
  • 小(10枚入り):1.5USD

マダムサチコ・パイナップルクッキーはこんなクッキー

マダムサチコ・パイナップルを開封みましょう。
これは小サイズ(10枚入り)。

こんな感じで上の部分が開きます。

マダムサチコ・パイナップルクッキーを開封した写真

中にはアルミの袋が入っていて、品質保持もしっかりされてますね。

マダムサチコ・パイナップルクッキーのパッケージと中身

カンボジア語で「パイナップル」と書かれてます。

クメール語(カンボジア語)で書かれたパイナップルという文字

クッキーはこんな感じ。マダムサチコブランドにつけられている花のマークが特徴です。

マダムサチコ・パイナップルクッキーの中身

爽やかなパイナップルの酸味がおいしい

マダムサチコ・パイナップルクッキーは、一口食べるとほのかなパイナップルの爽やかな香りがします。
日本でパイナップルのお菓子を食べるとわかりますが、結構人工的なパイナップルの味がしますよね。

一方、マダムサチコ・パイナップルクッキーは本当に優しい味なんです。
ぼくは日本で売ってるパイナップルのお菓子より、マダムサチコ・パイナップルクッキーの方が自然な感じがして好きですね。

しっかりした歯ごたえのクッキーは食べ応えあり

マダムサチコ・パイナップルクッキーはしっかりとした固さのあるクッキーです。
日本の柔らかいクッキーを食べ慣れていると少し固く感じるはず。

でも、ぼくは少し固いくらいのクッキーの方が好きですね。
しっかりと食べてるっていう実感があるし、歯ごたえのあるクッキーがただ単に好きだから。

口に入れてポリッという歯ごたえは病みつきになります。

シンプルな素材で作られたクッキー。だからおいしい

マダムサチコ・パイナップルクッキーはシンプルな材料を使って作られています。
だから、素朴ながら雑味のないおいしいクッキーなんです。

原材料を見てみましょう。

マダムサチコ・パイナップルクッキーの原材料

  • 小麦粉
  • バター
  • 砂糖
  • パイナップル
  • ライム

本当にシンプルな材料で作られていますね。

シンプルな材料で作られたお菓子はおいしい。

マダムサチコ・パイナップルクッキーはそのことをしっかりと証明してくれています。

マダムサチコ・パイナップルクッキーが購入できる場所

マダムサチコ・パイナップルクッキーはシェムリアップのアンコールクッキーショップ、プノンペンのイオンモールなどで購入できますよ。
ラッキースーパーマーケットには売ってるという話を聞いたことがあるので、行く機会があれば探してみてください。

値段は次の通りです。

  • 大(20枚):3ドル
  • 小(10枚):1.5ドル

アンコールクッキーショップ(シェムリアップ)
目の前には5星ホテル「ソフィテル アンコール ポキットラー ゴルフ&スパリゾート」があります。

イオンモール プノンペン