「チロル あいすまんじゅう」は濃厚あずきと練乳がおいしいチョコレートだった

こんにちは、チロルチョコ好きmoriです。

今回はチロルチョコと丸永製菓がコラボしてできた新しいチロルチョコの紹介です。

チョコ あいすまんじゅう(40円)

チロル あいすまんじゅう

パッケージを見ると小豆のイラストが。
チロル あいすまんじゅうは小豆テイストのチョコのようですね。

詳しくこのチョコを紹介します!

あずきと練乳が濃厚な甘さを作り出してて美味い!

チロル あいすまんじゅうの中身はこんな感じ。

小豆独特の色のチョコレートが真ん中に入っていて、まわりはホワイトチョコでコーティングされています。

チロル あいすまんじゅうを下からみた写真

チョコレートの表面には格子柄の模様。これはチロルチョコではごくごく一般的な柄です。

チロル あいすまんじゅうを表面の写真

チロルチョコを一口かじると、おいしい小豆が口の中に広がります。
和風のチョコレートという感じでおいしい!

この小豆のおいしさはチョコレートの中に隠されていた小豆ペースト。

チロル あいすまんじゅうの断面

ねっとりした小豆ペーストは濃厚でチョコレートに絡みつきチョコレートの甘さをさらに一層引き立てるんです。

チョコレートの中からしみ出す小豆ペースト

さらに追い討ちをかけるのが練乳
ねっとり小豆ペーストにとっても甘い練乳が絡みつき、最上級ともいえる甘味が作り出されるんです。

口の中が喜びで満ち溢れる。

なんて贅沢なチョコレートなんだ!

チョコの中がもちっ!でも餅じゃないな

小豆ペーストと練乳の濃厚な甘さにノックアウトされたんですが、ここで少し冷静になりましょう。
このチロルチョコの名前を思い出してください。

チョコ あいすまんじゅう

まんじゅうはどこだ?
小豆と練乳に魅了され、まんじゅうがどこにあるのか全く気にもかけていませんでした。

もう一度よくチロルチョコを味わってみます。
集中して食べるとチョコレートの中になんか入ってることに気づきました。
チョコの中に食感の違う部分があるんです。

まわりのチョコと違い、少しもちっとした食感の餅のようなもの。

チョコレートの中に入った餅のようなもの

うーん

mori
これは餅?

「チロル あいすまんじゅう」は「まんじゅう」ではなくて、「練乳あずきあいす」の方がしっくりくるかな。

なんて思っていたら急に分かったんです。

このチロルチョコ自体がまんじゅうなんだ。

mori
まんじゅうをチロルチョコにしたってことか

納得!

ネーミングに関してはそんな感じなのですが、味はバッチリ!
小豆と練乳はとてもおいしくてクセになる味ですよ。

キンキンに冷凍庫で凍らすと本物の練乳あずきアイスのような味になりそう。
「あいすまんじゅう」とは思えなかったけど、練乳あずきアイスのようなチロルチョコ。おすすめです!

こちらは本家の「あいすまんじゅう」