大阪名物「みるく饅頭月化粧」。難波の専門店では焼きたてが食べられるよ

こんにちは、お菓子をほぼ毎日食べているmoriです。

いきなりですが、大阪名物のお菓子といえば何を思い浮かべますか?

ぼくは「みるく饅頭月化粧」ですね。

バターの香り豊かな皮。
その中にはたっぷりコクのあるミルク餡が包み込まれたおまんじゅうなんですよ。

3秒に1個売れているという大人気商品なんです。

この「みるく饅頭月化粧」に特別なものが存在すると聞き、大阪の繁華街・難波までやってきました。

青木松風庵・みるく饅頭月化粧専門店

ここで食べられるのは、ただの「みるく饅頭月化粧」ではありません。

焼きたて月化粧なんです。

焼きたて月化粧

いったい「焼きたて月化粧」はどんなお味なんでしょうか。

店内に入ってみましょう。
みるく饅頭月化粧専門店の店内

「焼きたて月化粧」はできたて熱々をその場で食べろ!

「焼きたて月化粧」は、その名前の通りできたてほやほやのみるく饅頭月化粧です。

お店の奥にオーブンのようなものがあって、みるく饅頭を作っているんでしょうか。

とにかく「焼きたて月化粧」は焼きたてを食べることが鉄則ですよ。

1つから購入できて、すぐにその場で食べられます。

焼きたて月化粧

とろっとした餡を堪能せよ!

「焼きたて月化粧」の一番おいしい部分は餡。

普通のみるく饅頭月化粧もおいしいんですが、焼きたては餡が全然違うんです。

一口食べるととろ〜っとした滑かな餡が幸せを運んできます。

この餡はここでしか食べられませんよ。
とろ〜っとした焼きたて月化粧の餡

温かいので、餡の甘味もより強く感じられます。

mori
これはおいしい!

焼きたてはしっとり生地が絶品

餡もおいしいですが、生地だって焼きたては違います。

「みるく饅頭月化粧」はもともとしっとりとした生地なんですが、焼きたてはさらにしっとり。

きれいな焼き色の皮から立ち上る甘い香り。

焼きたて月化粧

うっとりとしてしまいますね。

店内ではお茶も飲めるよ

「焼きたて月化粧」を手にしたら、すぐにその場で食べるのがおすすめ。

店内はかなり狭いのですが、少しだけ座るスペースもありますよ。

お茶も自由に飲めるので、温かいお茶と熱々の「みるく饅頭月化粧」をどうぞ。

緑茶、ほうじ茶、水が自由に飲めます。

店内に置かれた給茶機

月化粧専門店への行き方

「焼きたて月化粧」が食べられる月化粧専門店は、南海難波駅のすぐ近くにあります。

高島屋大阪店の1階入口

高島屋大阪店

高島屋の前にある横断歩道を渡って「なんば南海通」と書かれた商店街へ。

なんば南海通

商店街を入ってすぐ左手に月化粧専門店はありますよ。

青木松風庵・みるく饅頭月化粧専門店

まとめ

今回は大阪名物「みるく饅頭月化粧」の専門店の「焼きたて月化粧」をご紹介しました。

普通の「みるく饅頭月化粧」もおいしいですが、焼きたてはまた格別のおいしさでした。

ほっと落ち着く温かいおまんじゅう。
甘くてねっとりとした餡が心も身体も癒やしてくれます。

難波でちょっとひと息つきたい時、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちなみに、月化粧専門店ならではの「月化粧もなか」も限定で販売していますよ。

月化粧なんば店

住所大阪市中央区難波3-2-15
TEL06-6645-1500
営業時間11:00〜21:00
WEBサイト定番の大阪土産「月化粧」のご購入は≪月化粧なんば店≫