和菓子

毎月変わる特別なおたべ「今月のおたべ」(生八つ橋)を徹底紹介

投稿日:2018年5月9日 更新日:

スポンサー

こんにちは、八ッ橋が大好きなmoriです。

2018年から「おたべ」に新シリーズが登場しました。
それは月によって変わる月替わりのおたべです。

コンセプトは『月ごとに味が変わる」。
その月だけしか味わうことのできない特別なおたべが楽しめるんです。

今回は毎月発売されるおたべを紹介していきたいと思います。

花残月【4月限定】

おたべ「花残月」

4月限定のおたべです。
「花残月(はなのこりづき)」は春の名残ということで「春牡丹」が描かれたパッケージ。

ニッキの入っていない生八つ橋で、くるみ入りの粒あんを包み込んでいます。

四月のおたべ「花残月」の中身

カリッと香ばしいくるみがおいしい生八つ橋です。

これは4月だけとは言わずに通年で販売してほしいなぁ。

早苗月【5月限定】

五月のおたべ「早苗月」

ついに夏が始まりました。
5月限定のおたべは、藤が描かれたパッケージに入っています。

ニッキの入っていない生八ッ橋の皮の中には、ほうじ茶餡が。

五月のおたべ「早苗月」の中身

ほうじ茶餡は食べると小豆の粒々が入っているので、粒あんが入っていると思ったのですが違いました。

ベースになっているのは白あんなんです。
この白あんにほうじ茶と小豆の粒を混ぜ込んでいたのです。

口に入れるとほうじ茶の香ばしい香りがじわじわと口の中に広がるんですよ。

とてもおいしい八ッ橋です。

涼暮月【6月限定】

Otabe suzukurezuki 01

梅雨のじめっとした6月。
ちょっと涼しげに過ごしたいですよね。

そんな6月のおたべは「涼暮月(すずくれつき)」。

白い生八つ橋で、たれのかかったこしあんとかのこ(小豆の粒)を包んでいます。

中の餡はたれがかかっているので、艶があってとてもおいしそう!

六月のおたべ 涼暮月の中身

とても柔らかな生八つ橋にかぶりつくと、もっちり柔らかな食感が心地良い。

中の餡は甘さ強め。
小豆の粒を食べると心地よい小豆の風味が口の中に広がります。

苦めのお茶と一緒にいただきたいですね。

歌見月【7月限定】

おたべ 歌見月

梅雨があけて一気に暑くなってくる7月。

そんな暑い時には爽やかなレモンがおいしいですよね。

7月限定のおたべは「レモン餡」が入ってますよ。

それもただのレモン餡ではありません。
レモンの皮も入っているんです!

おたべ 歌見月の中身

つまり、酸っぱいけどほどよく苦いんです。

食べる前はレモン風味の餡でほどほどに爽やかな餡なんだろうと思っていたんですが、大間違い。

口に入れた瞬間、口の中にはレモンの強い酸味が一気に広がります。
そして送れてレモンの苦みがじわっと来るんです。

これは酸っぱい!

こんな酸味の強い生八つ橋は初めてです。
刺激的な生八つ橋は暑い夏にはぴったりですね。

まとめ

その月にしか味わうことのできない生八つ橋。
なんだか特別感がありますよね。

パッケージもとても素敵で、その季節を現していてとても好きです。

おたべの購入はこちらから。

おたべ・京ばあむ 京菓子小路

この記事では新しい商品が発売されるごとに追加していきますね。

美味しい生八ッ橋の徹底紹介している記事はこちらです。

-和菓子
-, , ,

執筆者:

「和菓子」のオススメ

【秋限定生八ッ橋】珍しい「柿」を使った生八ッ橋を食べてみた

井筒八ッ橋本舗から発売されている秋限定の生八ッ橋・夕子「柿あん」の紹介です。愛宕柿を使った柿あんには柿の果肉がゴロゴロと入っています。ただ、柿の味がイマイチしなかったのが残念な点でした。

大阪名物「みるく饅頭月化粧」。難波の専門店では焼きたてが食べられるよ

大阪名物「みるく饅頭月化粧」の専門店で食べる「焼きたて月化粧」の紹介です。焼きたての「月化粧」はとり〜りとした餡がとても甘くておいしいおまんじゅう。狭いですが店内で食べることもできます。難波の食べ歩きにどうぞ。

名物の川端ぜんざい

博多といえば山笠。巨大な山笠を見ながら食べる川端ぜんざいは格別

博多には名物のぜんざいがある 博多って美味しいものが多いですよね。博多ラーメンや明太子はもちろん。お菓子で行ったらひこよ。昔からよく食べてたなぁ。最近では博多通りもんですかね。あれはバター風味でとって …

酸っぱすぎる「いちごみるく」パウダーで悶絶!いちごわらび餅

わらび餅の常識を壊し続ける明日香食品 冬になるといちごの商品がほんとうに多くなりますね。 チョコレート、ケーキ、クッキーなどなど そしてついには、わらび餅にだっていちご味が登場してしまいました。 いち …

ほくほく甘い生八ッ橋「かぼちゃ」をおいしく食べる方法

こんにちは、八ッ橋が好きでたまらないmoriです。 ぼくはこれまで45種類以上の生八ッ橋を食べてきました(2017年10月時点)。 京都の定番土産・45種類以上の生八ツ橋を食べまくった人間が定番・季節 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote