Final Cut Proのショートカットが効かない時は起動時の言語設定をチェックしよう

スポンサーリンク
Final Cut Proショートカットが効かないデジタルライフ
スポンサーリンク

動画編集で多くの人が使ってるFinal Cut Proのショートカットが突然効かなくなりました。

Appleのサポートでいろいろと調べてもらったところ、原因は思わぬところにあったんです。

特にUSキーボードなど日本語以外のキーボードを使っている時には要注意ですよ。

スポンサーリンク

ズームインのショートカットが効かない

問題は突然起きました。

ズームインをしようと思ってショートカットキー⌘(コマンド)を押したんですが、まったく反応しなくなりました。

反対のズームアウトのショートカット⌘(コマンド)は正常に動くんですが、なぜかズームインができません。

困ったことにメニューから「表示」→「ズームイン」を選ぶとちゃんと動くんですよね。

さらに不可解なのはいつもショートカットが効かないのではなくて、効く時もあるんです。

よく見るとショーカットのキーがおかしくなってました。

なぜか^になってたので動かないわけです。

日本語入力で起動したFinal Cut Pro

ネットで調べてもさっぱり分からず。最後の手段でAppleのサポートに問い合わせることに。

起動時の言語設定が原因だった

Appleのサポートでもすぐには原因がわかりませんでした。

サポートの方に教えていただいていろいろと試してみましたよ。

  • アプリを再起動
  • プロジェクトを新しく作る
  • 接続している機器を確認(マウスや外付けHDDなど)
  • ショートカットキーの設定を確認

それでもまったく直りません。

さらに調べてもらったところ、もしかして使っているキーボードが原因ではないかということに。

ぼくはUS配列のキーボードを使っていんですが、これが原因かもと。

いったんアプリを終了して、Macの言語設定を「US」してアプリを起動しました。

入力をUSにする

するとズームインのキーボードショートカットが動くではありませんか!

ちゃんとショートカットも=に戻ってる!

英語入力で起動したFinal Cut Pro

原因を確定するために、今度はMacの言語設定を「日本語」にしてアプリを起動。

すると今度はショートカットが効かなくなってしまったんです。

ショートカットも^になってしまった。

日本語入力で起動したFinal Cut Pro

これが原因で間違いない。

サポートの方によると、Final Cut Proはアプリの起動時にキーボードを読み込むんだそう。

USキーボードを使っている場合には、言語設定を「日本語」にしたままアプリを起動するとちゃんとキーを認識しないらしいですね。

対策としてはちょっと面倒ですが、アプリを起動する時には言語設定を「US」にするのを忘れないようにしないといけません。

アプリの起動前にここを要チェック!

入力文字の切り替え

これでストレスなく動画編集ができるようになってよかった!

Appleのサポートは本当に親切。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました