JR-WEST FREE Wi-Fi

JR西日本のフリーWi-Fi(JR-WEST FREE Wi-Fi)を使う方法徹底解説

こんにちは、フリーWi-Fiが好きなmoriです。

今回はJR西日本の駅でフリーWi-Fiを使う方法について紹介したいと思います。

JR西日本フリーWi-Fiとは一体なに?

JR西日本フリーWi-Fiとはなんなのか?

それは、JR西日本が日本にやって来る外国人に向けて提供しているフリーWi-Fiサービスです。
一度登録すると8日間所定の場所でフリーWi-Fiを使うことができます。

日本人
日本人は使えないのか?

って思いますよね?

実際に試してみたのですが、全然日本人でも使うことができました。
JRからすると望まぬ客かも知れませんが…

JR西日本フリーWi-Fiが使える場所

JR西日本フリーWi-Fiが使える場所はどんどん増えてきていて、2018年3月時点では次の場所で利用できます。

  • JR西日本の34駅
  • 6つの駅ビルやショッピングセンター
  • 「関空特急はるか」などフリーWi-Fiの表示のある電車

このマークがJR西日本フリーWi-Fiが使える目印です。

JR-WEST FREE Wi-Fi

フリーWi-Fiが使える場所はこちらです。

フリーWi-Fiが使える駅
駅名フリーWi-Fiが使える場所
富山改札口、待合室
新高岡改札口
金沢改札口、待合室
福井改札口
嵯峨嵐山改札口
京都改札口(中央口、西口、地下東口)
稲荷改札口
宇治改札口
大阪改札口(中央口、御堂筋口、南口、桜橋口)
新大阪改札口(東口)、待合室、JR西日本トラベルセンター
ユニバーサルシティー改札口
天王寺改札口(中央口、東口)
JR難波改札口
関西空港改札口(JR)、チケットオフィス
奈良改札口
和歌山改札口(中央口)
白浜改札口
新神戸改札口、待合いエリア
三ノ宮改札口(中央口)
西明石改札口(西口)
姫路改札口(中央口)
城崎温泉改札口
岡山改札口(新幹線)、待合室
倉敷改札口
尾道改札口(南口)
鳥取改札口
米子改札口
広島改札口(新幹線)、待合いエリア
宮島口改札口
徳山改札口(新幹線南口)
新山口改札口(新幹線乗換口)
下関改札口
小倉改札口(新幹線)
博多改札口(新幹線)、待合いエリア、ヒカリスクエア
フリーWi-Fiが使える駅ビルなど
施設名場所
京都駅ビルスカイガーデン、室町スクエア
ジェイアール京都伊勢丹3階Tax Freeカウンター
大阪ステーションシティー3階インフォメーション(ノースゲートブリッジ側)、アトリウム広場、カリヨン広場、時空(とき)の広場、和(やわ)らぎの庭、風の広場、天空の農園、南ゲート広場、3階サービスセンター(サウスゲート側)、太陽の広場、うまいものプラザ
天王寺MIO天王寺MIOメインビル、プラザビル
広島駅ビルASSE地下1階(JR側)、1階、2階、3階(JR側)、6階
広島新幹線お土産店・レストラン1F

最新の情報はJRのウェブサイトを確認してください。
West Japan Railway Company – Free Wi-fi Service

JR西日本フリーWi-Fiを利用する方法は2通り

JR西日本フリーWi-Fiを利用する方法には大きくわけて次の2通りの方法があります。

  1. SNSのアカウントを使用して認証を行う方法
  2. メールで認証を行う方法

以前はメールでの認証しかできなかったので不便でしたが、今ではSNSでの認証ができるので楽になりましたね!

ぼくがおすすめするのは、SNSのアカウントを使用する方法です。

その理由はネットに繋がっていなくても認証が可能だから。

メールでの認証ではWi-Fiに繋げるために一度、インターネットに接続して自分のメールアドレスに送られてきたメールを確認する必要があります。

特に外国からの旅行者にとっては不便極まりない。

ネットに繋げたいのに、ネットに接続してメールを確認しないとWi-Fiが使えないなんで不便すぎますよね。

ということで、SNSアカウントを使って認証を行うのをオススメします。

1:SNSのアカウントを使用して認証を行う

それではSNSアカウントで認証を行う方法をご紹介しましょう。

認証に利用できるSNSはこの3つだけです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google

1.スマホでWi-Fiの設定を行う

スマホなどの設定画面からWi-Fiを選ぶ画面を開きます。

多くのスマホでは「設定(歯車マークのことが多い)」を開けると「Wi-Fi」という項目が出てきますよ。

「Wi-Fi」を選択すると利用可能なWi-Fiの一覧が表示されるので、「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択。

Wi-Fiで「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択

接続するかどうか確認する画面が表示されるので「接続」をタップ。

「接続」を選ぶ

2.SNSで認証する

Wi-Fiに接続されると自動的に画面が表示されるので、下の方にスクロールしていきます。

JR西日本フリーWi-Fiのログイン画面

下の方にスクロールしていくと認証に使うSNSが3つ表示されるので、自分が認証に使いたいSNSを選びます。

認証に使うSNSの一覧

4番目はメールを認証に使う方法なので、今は関係ありません。

ぞれぞれのSNSを選び、次の画面でIDとパスワードを入力してください。

Facebookの認証画面

Facebookの認証画面

Twitterの認証画面

Twitterの認証画面

Googleの認証画面

Googleの認証画面

これでネットに繋がります!

2. メールで認証を行う

次にメールを使った認証について。

1.スマホでWi-Fiの設定を行う

スマホなどの設定画面からWi-Fiを選ぶ画面を開きます。

多くのスマホでは「設定(歯車マークのことが多い)」を開けると「Wi-Fi」という項目が出てきますよ。

「Wi-Fi」を選択すると利用可能なWi-Fiの一覧が表示されるので、「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択。

Wi-Fiで「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択

接続するかどうか確認する画面が表示されるので「接続」をタップ。

「接続」を選ぶ

2.認証メールを受信するメールアドレスを入力

Wi-Fiに接続されると自動的に画面が表示されるので、下の方にスクロールしていきます。

JR西日本フリーWi-Fiのログイン画面

“メールでログイン”をタップ。

「メールでログイン」をタップ

次に表示される画面でメールアドレスを入力してから「送信」ボタンをタップします。

メールアドレスの入力画面

すぐに入力したメールアドレス宛てにメールが送られてきます。

メール送信完了画面

3.認証メールから認証を行う

送られてきたメールがこちら。

メールの中にあるURLをタップします。これは5分以内に完了させないと無効になってしまうので要注意!

本登録の案内メール

URLをクリックするとWi-Fiに接続できるようになりました!

JR西日本のフリーWi-Fi登録完了画面

フリーWi-Fiを使う時にはセキュリティについて考えよう

フリーWi-Fiはとっても便利なんですが、セキュリティには十分に気をつけておいた方がいいです。

フリーWi-Fiに繋げるスマホなどと、フリーWi-Fiのアクセポイント間の通信は暗号化されていません。

これは、フリーWi-Fiに繋げている時の通信内容が誰か知らない人に盗み見されてしまう恐れがあるということなんです。

どうでもいい会話の内容程度なら良いかもしれませんが、銀行の口座番号やクレジットカード番号なんかは絶対に見られたくありませんよね。

フリーWi-Fiを使う時には、銀行口座やクレジット、住所などの重要な個人情報は入力しないことが大事です。

ぼくは最近、モバイルルーターを持ち歩いているので公共のフリーWi-Fiを使うことはほどんどなくなりました。

日本に住んでいて、外出が多いならモバイルルーターがめちゃくちゃ便利でおすすめです。

ぼくがおすすめするのはWiMAX(UQ Flatツープラス ギガ放題)。
都市部ならばかなりの範囲でインターネットが快適に使えます。

PCもタブレットも外出先で快適ネット!【WiMAX2+】

なにより、使いすぎて速度制限された時でも快適にインターネットが使えるのがいいですね。
制限後の速度も1Mbpsと動画の再生にも問題ないレベルです。

スマホを使いすぎて速度制限された場合には、ネットがめちゃくちゃ遅くなって使い物にならなくなりますが、WiMAXの場合には速度制限されたとしても全然気になりません。

外出時には使いまくってますよ。



海外に住んでいて、日本に一時帰国するような場合ならレンタルのWi-Fiルータがおすすめです。