牛すじカレーのまぜ焼き

お好み焼きのそうるめいとで4年ぶりのお好み焼きを食べる

現在地
ルートを検索

オリンピックと同じ。4年ぶりに作られた幻のお好み焼き

前回、ステーキの美味しいお好み焼き屋そうるめいとのお話をしましたが今回はちゃんとお好み焼きの話をします。このお好み焼き屋はぼくの堺での人生そのものといったお店なんです。

4年間できっと200回は通っているんじゃないですかね。あまりにも好きなのでバイトもしたし、マスターとスキーにも行きました。ぼくの給料の大半をこの店に捧げたはずです。自分でいうのもなんですが当時は超常連客でしたね。

そんなぼくでも食べたことのない裏メニュー牛すじカレーのまぜ焼きをはじめて食べる事ができました。前回作ったのが4年前ということなんでこれが食べられるということはラッキーですね。

まぜ焼きって何?

ぼくもはじめはまぜ焼きって何って思ってたんですよ。大阪ではお好み焼きのことをまぜ焼きっていうんですよ。でも他の店のまぜ焼きと違うところはその食感。すごくふわっふわっなんです。口に入れるととろける食感が特徴で、他では食べられないんじゃないですかね。生地や具材の配合に加えてかき混ぜ方がポイントなんだそうです。空気がしっかりと入るように混ぜて焼くのでこういう食感がうまれるのだそう。

カレーが秀逸

そしてお好み焼き屋なのにカレーが秀逸なんです。なんとオーナーがスパイスをブレンドして作ってるんです。これが普通のカレー専門店より全然美味しいんですよ。そこに黒毛和牛の牛すじを入れて煮込んでいるので旨くないわけがないですよね。トロトロの牛すじとカレーが絶妙です。

そんなこだわり抜いた牛すじカレーのまぜ焼きですがそうそう食べられません。ただ定番のお好み焼きや焼きそばも豊富にあるので是非とも食べていただきたいですね。新感覚のお好み焼きに衝撃を受けますよ。このお好み焼きは堺まで来なくても心斎橋にあるお店でも食べることができます。心斎橋店は残念ながら和食や洋食などはありませんが堺にはないメニューもあるのでこちらのお店もオススメです。

そうるめいと堺店

そうるめいと心斎橋店