カンボジアの役人は日本が嫌いという噂話

カンボジアの役人は実は日本が嫌い

カンボジア人と話をしていると色々と面白い話を聞くことがあるんです。今回はそんな中のお話しを一つご紹介します。まあ噂話なので信じる信じないは各自にお任せするとして、こういう考え方もあるんだと思って頂ければと思います。

ズバリ、カンボジアの役人は日本が実は好きでないと言うこと。

カンボジアって汚職大国なんです。ぼくはこのブログで書いてきたことですが本当に汚職大国なんですよ。何をするにも金、金、金。はっきり言って金がない人には厳しい国だと思いますよ。

何事にもお金がかかるカンボジア

何事にもお金がかかるカンボジア

役人達はどうやって私腹を肥やすかってことに全力を注ぐわけです。もちろんそのお金の出所は一般市民であったり外国からの援助だったり。

なんで日本は嫌われてるかってことなんですけど、その理由は賄賂を渡さないからです。日系企業に勤めていた友人は賄賂を要求するカンボジア側の人間と日本本社との間でかなり苦労したとも言ってます。もちろん日本の政府だって表立った賄賂は渡すわけないんですよね。

お金をくれる中国、韓国

それに比べて中国、韓国なんかは結構柔軟にカンボジアの要求を飲むそうです。もちろん公然と賄賂だって渡してはいないと思いますけど色々とやってるんでしょうね。それだけ賄賂とかに関して緩い国ってことです。そういう国からカンボジアの役人達はポケットのお金をどんどんと入れているんです。お金をくれる中国、韓国は好きになるのも分かりますよね。

日本は賄賂を渡さないようにしてほしい

こんな状況だと賄賂を渡した方が良いって思えてきたりもするんですけど、ぼくは反対です。カンボジアの一般市民は賄賂を拒否する日本を評価してくれています。逆に中国、韓国ってカンボジアの一般市民レベルでは評判はあまり良くありません。そういうマイナスの面をしっかりとみているんです。