カンボジア カンボジアの生活

プノンペンに住んでる普通のカンボジア人宅へお邪魔した

投稿日:2014年12月11日 更新日:

プノンペンの路地裏。
スポンサー

正直日本人には厳しいかな

はっきり言いますけどプノンペンで普通のカンボジア人が住んでいるような家に住むのは厳しいですよ。先日プノンペンに住んでいるカンボジア人の家にお邪魔したので紹介しますね。

ざっくり言うとこんな感じの家です。

  • 小さな部屋2部屋と簡易キッチン
  • トイレとシャワーは同じ
  • プノンペン中心部の路地裏アパート
  • 家賃は月額200ドル
  • 水道光熱費は月額約20ドル

簡素な部屋

ベットや家具などほとんどない簡単な部屋です。もちろんエアコンなんてなくてファンだけある状態。ベットもなくて床にマットが無造作に敷かれていて荷物もすべて床に置かれていてお世辞にもきれいとは言えないですね。大勢でルームシェアすることが一般的なカンボジアでは床にマットを敷いて寝た方が多くの人が寝られるっていうメリットがあるのでしょう。

そして一番気になったのが部屋の暗さ。とにかく暗いんです。裏路地にあるので日光は一日中ほとんど届きません。ずっと薄暗い感じなんですね。ぼくにとっては結構きついです。せめて明るかったら住めるかも知れないんですけどここまでくらいと辛いな。夜になるとさらに暗くなるんです。電気も小さな電球一つとかなんで暗いんですよ。アパートの入口からも電球があるかないかっていうような細い通路を通って行かないといけないので正直怖いです。

トイレ兼シャワー兼洗濯場

これはそこそこの金額のアパートでもそうなんですけどトイレとシャワーが同じ場所にあるんです。ぼくは時々便器に座りながらシャワーを浴びたりってこともしてました。でも良いアパートは広くてきれいなんですけど、安い所になると狭くて汚いですね。そして洗濯もここでするので洗濯おけが無造作に置かれたりもしています。ちなみに普通の家にはまだまだ洗濯機はないですよ。手洗いが基本です。

そして日本人だったら厳しいのがシャワーは水だけってこと。カンボジアのシャワーっていうと基本的に水シャワーです。ホットシャワーを使いたかったら別で機械を買わないといけません(だいたい80ドル〜くらい)。そうすると電気代もかかるのでカンボジアでは基本は水シャワーなんです。

現地の生活を体験したいなら住んでみるのもありかも

結構日本人には厳しいと書きましたけど、あくまで日本の生活を基準に考えているような日本の方には無理ということなんです。だからもっと過酷な環境でもOKっていう人には大丈夫だと思いますよ。

一度挑戦してみてはいかがですか?嫌になったら引っ越ししたら良いだけなんで。

-カンボジア, カンボジアの生活
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

モーニン南城。ベーコンエッグ、納豆、ご飯、スープ、コーヒーが付きます。

朝は焼肉ガーデン四季に行こう!2.5ドルモーニングが素晴らしい

ずっと気になっている四季のモーニング ここ1週間ぼくの頭から離れなかった店があります。プノンペンの老舗焼肉店”焼肉ガーデン四季”が常にぼくの欲求を刺激し続けるのです。そもそも何 …

オルセーマーケット内部。細い通路がたくさんあり自分の居場所が分からなくなります。

ネパール人がオルセーマーケットに行ってみて分かったこと。カンボジアの生活は大変。

カンボジアに3ヶ月住むことになったネパール人にカンボジアのローカルマーケットを案内したので彼の反応をご紹介します。日本人とはまた違った感覚を持っているので興味深いです。 外観を見て オルセーマーケット …

スコール後の夕日。右側では雨が降っています。

カンボジアもとうとう雨期です。雨期の過ごし方はこれだ

雨期がやってきました ようやくこの季節がやってきました。雨期です。 カンボジアは日本と違って四季はありません。乾期と雨期があるのみです。乾期と雨期はだいたい半々で6〜11月が雨期、12月〜5月が乾期で …

爆音が酷いカンボジアの結婚式

凶悪なカンボジアの結婚式。あなたは寝られませんよ。

おめでたいけど迷惑なのだ これからカンボジアは雨期に入るので結婚式は少なくなるのですが、カンボジアでの生活で気を付けないといけない問題として結婚式があるんです。結婚はおめでたいから何が問題なの?って思 …

プノンペンで発見!玄人向けローチャー(焼きうどん)

自分で味を調節できる店 ちょっとした事から紫ランジェリーにローチャー(カンボジア風焼きうどん)のお店を教えてもらったので紹介します。 この店のローチャーは今まで数多く食べてきたローチャーとはひと味違っ …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote