七面鳥

本場の人たちもクリスマスには絶対に七面鳥を食べるわけじゃないんですよ

アメリカ人だってクリスマスにチキンを食べる

七面鳥

七面鳥

ちょっと前にアメリカ人などクリスマスを本格的に祝う人たちが日本人のクリスマスについて疑問を投げかけていたっていう話を聞いたんです。その中でも興味を持ったのが”日本人はなんで七面鳥を食べるんじゃなくてチキンを食べるんだ?“というもの。

そこでカナダ人の友人にこのことについてどう思うか聞いてみました。そうするとこのような答えが返ってきたんです。

基本的には七面鳥を食べるけど、チキンを食べる人もいる

七面鳥を見たことがある人ならば分かると思うんですけど、めちゃくちゃ大きいんですよ。普通のチキンの2、3倍はあるんじゃないですかね。アメリカとかでは大勢でクリスマスパーティーをすることが多いので大きな七面鳥を使っても全然問題ないんです。

でも中には小さな家族で簡単なパーティーをする家もあるわけですよ。そうすると七面鳥ってやつは大きすぎるじゃないですか。食べきれないんです。クリスマスが終わった後も何日も何日も七面鳥料理が続いたら嫌でしょう?だからもっと食べきれるサイズのチキン、ハム、ローストビーフなんかで代用する訳です。

日本のチキンを食べる習慣はKFCがつくった

日本でなんでクリスマスにチキンを食べるようになったかっていうとKFCの影響が大きいようですね。KFCがクリスマスにはフライドチキンを食べようっていう習慣を日本に作ったからこうなったようです。バレンタインデーにチョコレートを渡す習慣をお菓子会社が作ったのに似てますね。

クリスマス本場の人たちはそういう日本はおかしいっていう発言をされてますけど日本は全然チキンを食べたら良いと思いますよ。だった日本ではそんなに盛大にクリスマスパーティーすることも少ないわけだし、食べきれない七面鳥を食べるくらいならチキンで良いわけです。実際に本場の方々もパーティーの規模に合わせて食べるものを変えてるわけですしね。