メンタルヘルス

躁鬱と付き合ってみて

投稿日:2015年1月26日 更新日:

スポンサー

1年以上付き合ってる躁鬱の人がいます

ぼくには知り合って1年以上になる人がいるんですけど躁鬱病っていう病気を持ってるんです。

躁鬱病っていうのはその名の通りアップ(躁)とロー(鬱)を繰り返す病気で自分ではそれをコントロールする事はできないというもの。

ちなみにぼくは医者からは躁鬱とは言われてないんですけど気分のアップダウンが激しくて日常生活に支障をきたすこともたびたびあります。

半年位前から薬物治療を始めてようやく最近は冷静に物事を見られるようにもなってきました。

双方の状態で地獄に落ちることも

以前はぼくの精神状態が非常に悪いことも多く、連日の金縛り、悪夢に悩んでたんです。自分だけではコントロールできない毎日。それに加えて相手も落ちてしまったら、もうどうすることもできないんですよ。わかりますかねぇ?まさに一緒に底無しの地獄に落ちていくっていう感覚。それは辛いのなんのって。

自分の調子が良ければ景色が違う

でも自分の精神状態が違うだけでも見える景色は全然違うんだって事が最近になって分かったんですよ。

なんていうのかなぁ。調子が良いときって相手の状態を冷酷なまで冷静に見ることができるんですね。

“また始まったよ…” とか”しばらく放っておこう”とかね。

これが自分も調子悪かったらどうなるかって言うとね、”自分はもう死のう”とか超ネガティブな思考に陥ってしまうわけです。

だからお互いが落ちた時が本当に最悪。そうなってしまったら独りになって人との接触を断つ。これがこれまでのぼくの経験から言えるベストな方法ですね。

こんな自分だけどよろしく

以前よりよくなったとは言えまだまだ。死にたい、消えたって思うこともよくあるんです。そういう時にはぼくは閉じこもってしまいます。これもぼくだと言うことで許してくださいね。

-メンタルヘルス
-,

執筆者:

「メンタルヘルス」のオススメ

恥をかいていることすらわからなくなるくらい恥をかきまくれ

恥をかけるあなたは勇気ある人だ こうやってブログを書くようになって分かったことがあります。それは恥はどんどんかいたらいいってこと。 ブログを書くということは全世界の人に自分の考えを発信するということで …

短気な人は環境に支配されている

まるで野獣!知らぬ間に”環境”に支配され恫喝しまくる人を見て思ったこと

面識ない人に当然大声で恫喝する姿はまるで野獣 日曜日の朝っぱらからとんでもないものを見てしまいましたわ。いや、気分悪いって言うか意味不明すぎてぼう然。 これを見ていろいろと考えることがあったので記事と …

あなたは感謝と謝罪の言葉を言えてますか?世間体を気にする自分を殺せ!

感謝や謝罪の言葉は言わないと言えなくなる ありがとう ごめんなさい あなたはこの言葉を最近使いましたか? “ありがとう”や”ごめんなさい”っていう感謝や …

祖父を思って描いた絵

愛する人の死を乗り越えろ!悲しみを原動力に突き進め!

なぜか人の死に直面しても悲しみに押しつぶされなかった 祖父が亡くなりました。 このブログは祖父が亡くなったその日の夜に書いています。こんな時に悠長にブログなんて書いている場合じゃないかも知れないけど、 …

書くことで不安がちょっとだけ減る。

心が不安な時こそ書きまくれ!

ぼくは心が不安な時ほど書く ぼくはなかなか精神的に不安定になることが多いんです。それだけだったらまだ良いんですけどちょっと酷くなると発作のようなものが出てきて痙攣を起こすことも。そんな時にはとっさに薬 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote