メンタルヘルス

躁鬱と付き合ってみて

投稿日:2015年1月26日 更新日:

フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。
スポンサー

1年以上付き合ってる躁鬱の人がいます

ぼくには知り合って1年以上になる人がいるんですけど躁鬱病っていう病気を持ってるんです。

躁鬱病っていうのはその名の通りアップ(躁)とロー(鬱)を繰り返す病気で自分ではそれをコントロールする事はできないというもの。

ちなみにぼくは医者からは躁鬱とは言われてないんですけど気分のアップダウンが激しくて日常生活に支障をきたすこともたびたびあります。

半年位前から薬物治療を始めてようやく最近は冷静に物事を見られるようにもなってきました。

双方の状態で地獄に落ちることも

以前はぼくの精神状態が非常に悪いことも多く、連日の金縛り、悪夢に悩んでたんです。自分だけではコントロールできない毎日。それに加えて相手も落ちてしまったら、もうどうすることもできないんですよ。わかりますかねぇ?まさに一緒に底無しの地獄に落ちていくっていう感覚。それは辛いのなんのって。

自分の調子が良ければ景色が違う

でも自分の精神状態が違うだけでも見える景色は全然違うんだって事が最近になって分かったんですよ。

なんていうのかなぁ。調子が良いときって相手の状態を冷酷なまで冷静に見ることができるんですね。

“また始まったよ…” とか”しばらく放っておこう”とかね。

これが自分も調子悪かったらどうなるかって言うとね、”自分はもう死のう”とか超ネガティブな思考に陥ってしまうわけです。

だからお互いが落ちた時が本当に最悪。そうなってしまったら独りになって人との接触を断つ。これがこれまでのぼくの経験から言えるベストな方法ですね。

こんな自分だけどよろしく

以前よりよくなったとは言えまだまだ。死にたい、消えたって思うこともよくあるんです。そういう時にはぼくは閉じこもってしまいます。これもぼくだと言うことで許してくださいね。

-メンタルヘルス
-,

執筆者:

「メンタルヘルス」のオススメ

双極性障害。まわりの人が注意を払うべきなのは自殺だけではない

双極性障害が死ぬ原因として真っ先に思い浮かぶのが「自殺」です。ぼくの大事な人も双極性障害を持っていたのですが自殺未遂の経験があります。でも、自殺以外にも人を死に追いやる原因はあるのです。その入口となるのがアルコール。アルコールからはじまる数々の病気、そして死への道のりを考えてみました。

黒い自分の殺し方

ネガティブなもう一人の黒い自分の殺し方

黒い自分はガンのように至る所に転移して存在し続ける 以前このブログでこんなことを書きました。 “毎日自分を殺して生まれ変わる” これはネガティブ・ポジティブ関係なく自分というも …

交通警備員に教わった豊かな生き方

罵声を浴びせられて精神疾患に。交通警備員から豊かな生き方を学ぶ

こんにちは、moriです。 よく工事現場などで交通誘導をしている警備員。 全然知り合いでもなんでもないんですが、彼の話から豊かな生き方について考えてみました。 トラック運転手に罵声を浴びせられる交通警 …

NOと言える人に

いい人ですねと言われるあなた、あなたはタダのカモですよ

いい人は全然褒め言葉じゃない ぼくは今までの人生で自分の事をどう言われてきたか考えてみました。多くの人はぼくのことを”いい人”って言うんです。これまでは”いい人&# …

無数の考えが浮かび上がってくる

iPodで音楽を聴いているつもりだったけど実は全然聴いていないという事実

iPodを使っているのは最初の2分だけだった ちょっと前まで外出する時にはiPodを使って音楽を聴くのが習慣になってました。かなり古いけどまだまだ現役の初代iPod touch。 初代iPod tou …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote