モニボン通りとロシア通りの交差点付近。

心あたたある警察官をカンボジアで見かけた

カンボジアのやさしい警察官

カンボジアの警察官ってどんなイメージがありますか?ぼくはカンボジアの警察官っていうと全然良いイメージがないんですよね。バイク、車を捕まえて罰金をとっては自分のポケットに入れているっていうのがカンボジアの警察官のイメージ。その時の様子はここで書いています。

汚職大国カンボジアで警察に1日2回捕まってみました

こんなカンボジアの警察官なんですけど、はじめて心温まる光景を目にしたんですよ。それはカンボジアのメインストリートのモニボン通りとロシア通りの交差点付近。ここは一日中とても交通量の多い場所なんです。

モニボン通りとロシア通りの交差点付近。

モニボン通りとロシア通りの交差点付近。

そんな車、バイクがひっきりなしに通過する場所を横断しようとしていた小さな女の子がいました。でも車もバイクも全然止まってくれません。そこに一人の警察官がやってきて女の子の手を取って一緒に道路を横断したんですよ。警察官は次から次へとやってくる車、バイクを止めて無事に女の子は道路を横断することができました。

今まで傲慢な警察官しか見てこなかったんでちょっとだけカンボジアの警察官を見直しましたね。あとは庶民からの搾取を止めてくれればなぁ。