駐輪場のスタッフがいない店ではバイクの管理をしっかり!盗まれて泣きたくないでしょ?

盗難が頻発するカンボジア

カンボジアではスリとか色々な犯罪が結構な確率で起こります。今までぼくも色々と物を盗られてきました。一番ショックだったのはiPhoneを盗られたことですね。

カンボジアで盗難に遭う

今回はiPhoneほど高額なものじゃなかったんですがバイクのヘルメットを盗られてしまいました。カンボジアではバイクの盗難も頻繁に起きているので、バイクを乗る人は駐輪時には本当に注意しないといけませんよ。実際にぼくの友人は2,000ドル以上したバイクを盗まれてしまいました。

バイクを停める時にはスタッフのいる駐輪場を利用する

これはもう鉄則ですね。スタッフのいない場所にバイクを停めるってことは自由に盗ってくださいって言っているようなもの。スタッフのいる駐輪場に停めてください。基本的にショッピングセンターやカフェなんかにはスタッフがいてバイクの管理をしてくれます。料金も1回1,000リエル(約40円)くらいとそんなに高いものじゃないんで必ずそういう駐輪場に停めるようにしましょう。1,000リエルをケチってヘルメットやバイクを盗られたら本当に泣きますよ。

スタッフのいない場所では管理をしっかりと

個人商店などはスタッフがいない場所も多いのが現状です。そういう場所にバイクを停める時には絶対にヘルメットは持って行きましょう。ぼくはこういうスタッフのいない場所にバイクを停めてヘルメットを盗られてしまいました。

もちろんバイクもしっかりとロックしてくださいね。ハンドルロックがかけられるバイク(最近のバイクはほとんどできる)はしっかりとロックを。可能ならばチェーンロックも追加でかけるなど盗られないように細心の注意を払いましょう。