三菱東京UFJ銀行を語る者から詐欺メールが届いたので注意点をまとめました

詐欺なのがバレバレな偽・三菱東京UFJ銀行からのメール

三菱東京UFJ銀行からメールが来ました。いや正しくは三菱東京UFJ銀行を名乗る人からのメールっていった方が正しいですね。最近流行のフィッシング詐欺ってやつです。

フィッシング詐欺というのは銀行などの名前をかたって、利用者から不正に口座番号やパスワードなんかの重要な情報を盗み出す詐欺のことです。今ではメールアドレスなんかの情報は漏れまくっているので誰にでもこういった詐欺に遭う可能性があるので要注意ですよ。

送られて来たメールには詐欺だって分かる点がいっぱい。詐欺メールの見分け方をご紹介しますね。

注目すべき点はこの3点。

  1. 送信元のメールアドレスが怪しすぎる
  2. こんにちは!という馴れ馴れしい挨拶からはじまる
  3. リンク先のURLが怪しい

送信元のメールアドレスが怪しすぎる

20150805_UFJ1

まず送信元のメールアドレスです。なんとYahooメールから送られてきています。メガバンクである三菱東京UFJ銀行がYahooメールで大事なメールを送ってきますか?あり得ないです。この時点でこのメールは詐欺だって確定ですね。

ちなみにメールアドレスの前に書かれてある”三菱東京UFJ銀行”という文字は誰でもこのように書くことができるので信用したらいけません。

こんにちは!という馴れ馴れしい挨拶からはじまる

文頭の挨拶が馴れ馴れしすぎる。顧客情報が流出してどうたらっていう事態に”こんにちは!”で始まるメールを送りつけてくるって意味不明です。そもそも顧客に”こんにちは!”ってあり得ないでしょ。
20150805_UFJ1

リンク先のURLが怪しい

メールには何かを登録させるためのリンクが貼り付けられています。このリンク先のURLを見てみましょう。

bk.mufg.jp.nrrn.work

なんじゃこりゃ?三菱東京UFJ銀行ならばbk.mufg.jpで終わっているはず。このあとにnrrn.workっていういかにも怪しいアドレスがくっついていますね。こんなのは押したらいけません。でも試しに押してみることに。

20150805_UFJ2

フィッシングサイト!

でましたね。これはぼくがパソコンに入れているセキュリティソフトがこのサイトは危険だからアクセスするなっていうことで警告を出したものです。やっぱり詐欺サイトだったんですね。

ぼくはここでメールを捨てましたが、このまま続けていくと偽ログイン画面が表示されてIDとパスワードを入力させられるはず。そしてその入力した情報が誰かに盗まれる。まあこんな感じでしょう。

パソコン・スマホにセキュリティソフトを導入するのはもやは常識です

最近はメール以外にも色んなタイプの脅威がインターネット上には存在しています。

ウェブサイトを見ただけで感染するものや、本物のサイトとそっくりな偽サイトを用意してクレジットカードカードの情報などを盗みとろうとするもの(フィッシング)など様々。

そういうネット上に地雷のように存在する脅威から自分を守るためにはパソコン、タブレット、スマホにはセキュリティソフトを導入するというのももはや常識。

詳しくはこちらに書いてますので興味のある方は読んでください。

有名どころのセキュリティソフトを紹介しておきますね。

カスペルスキー

ぼくはカスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティを使っています。これがあればパソコン(Windows、Mac)、Androidスマホ、タブレットを全部カバーできるので便利ですよ。



ノートン

iPhoneやiPadも守りたいっていう人にはノートンがおすすめ。パソコン(Windows、Mac)、Android、iOSまで全部カバーできます。



ウイルスバスター

ウイルスバスターも有名ですね。ウイルスバスターにはデジタルライフサポートっていうものもあるようですね。これは専用のソフトをインストールしたらオペレーターが自分のパソコンにアクセスして遠隔操作で状況を把握したり、操作してくれるサービスみたい。パソコンの操作が苦手な人には良いかも。



フリーWi-Fiスポットを使う場合などは特に危険なので、情報を盗まれないようにするためにもセキュリティソフトはぜひとも入れておきたいですね。