高級車

うっかりしてスピードを出しすぎてしまいました。車の運転で心がけたい2つのこと

初めて捕まってしまいました

運転免許を取ってから15年くらいになるんですが初めてスピード違反で捕まってしまいました。完全にぼくの不注意だったので言い訳もなにもできません。

良い機会なので車を運転する時に気を付けたいことをちょっと考えてみました。とりあえずこの2点は大事なのでご紹介しますね。

  • 道路の制限速度を確認
  • あおられても動じない

それではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

道路の制限速度を確認

みなさんご存知の通り道路には制限速度っていうものが設定されていて自動車はこの速度を超えて走行してはいけません。この制限速度っていうものは道路の色々な条件を基に決められているもので、広い道だから60km/hで走っても良いっていうもんじゃないんです。

ちなみにぼくが失敗したのはこの制限速度の勘違いだったんですね。この道は片側1車線なんですが結構路幅も広い道路。直前までは60km/hで走っても良かった道だったんですが、途中から50km/hに制限速度が下げられていました。これに気づかずに走ってしまったわけです。

さらに緩やかな下り坂だったので知らないうちにスピードが出ていたんですよ。道が広いと体感スピードが遅く感じます。たとえば同じ60km/hで走っていたとしますよね。細い山道だったら60km/hって言ったらかなりのスピード。正直少し怖く感じます。それが広い高速道路のような道だったらどうですか?全然速いって感じないでしょ?

そう、注意すべき道路っていうのは制限速度が低く設定されている広い道路なんです。こういう道路って意外に多いので気をつけないといけませんね。

あおられても動じない

あおられるってものすごくぼくは嫌いです。そんなに遅い速度で走っているわけでもないのにあおってくるって人って全く意味不明。特に夜にはこういう変な人が多いように感じます。

特に1車線の道だと譲りたくても譲れません。だからあおられてこっちもスピードを上げてしまうことってありませんか?そうすると見事に捕まってしまうわけです。そしてあおった車は何事もなかったように走り去っていく。めちゃくちゃむかつきません?こんなことで捕まるなんてまったくバカバカしいです。

だからあおられても動じないっていうことが大事。別に法定速度で走っているんだからあおってくる変な車なんて気にしなかったら良いんです。最近ぼくはこんな車が来ても無視することにしています。後ろに車が走っていないことにして走るようにすると良いですよ。

もっと強者になるとミラーの角度を変えて後ろを見えなくして走るっていう人もいるみたいですね。さすがに後ろが全く見えないっていうのは怖いのでぼくにはできませんが。

ということで安全運転でドライブを楽しみましょう。