人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

観光地について意見するならまず移住するべき

      2016/02/15

  • 観光地で生活する人がいるという事実

    滋賀県には針江という地下水が豊富に湧き出る場所があります。豊かに湧き出る地下水は川となって小さな町の中を流れ、それは本当に美しい景色を作り上げているんです。

    豊かなわき水が流れる滋賀・針江。

    豊かなわき水が流れる滋賀・針江。

    多くの家庭には敷地内に川端(かばた)と呼ばれる地下水をくみ出している場所があり、そのきれいで豊かな水を生活に取り入れて生活されています。

    テレビなどでも度々取り上げられるその景色に心打たれてやって来る観光客も多く、ぼくもそのうちの一人でした。

    針江地区にやってきて初めて知ったのですが、ここは自由に観光ができない場所なんです。町中を勝手に歩き回って写真を撮ったりするのも禁止。その理由は観光客が勝手に人の家の敷地内にまで入って行ってしまうから。特に子どもたちがそうした観光客に対して敏感になっているからなんだそうです。

    観光客としてはせっかくやって来たのに自由に見ることもできないなんでガッカリしたり、そういうルール自体を非難する人も中にはいるでしょう。

    でもよく考えてみてください。観光客はほんの少しの時間見せてもらうだけだと考えているかも知れませんが、住んでいる人にとっては何人も何人も訪れる人に生活を覗かれるのは少しの時間ではないんです。誰だって自分の家や町に知らない人がやって来てうろつかれるのは嫌なもんじゃないですか。

    だからこのようなルールが定められているんですよね。観光地で生活する人たちが主役です。決められたらルールにぼくは従いますよ。

    観光地にするか否かは住んでいる人が決めるべき

    観光地はそう言われるだけの素晴らしい観光資源があるわけですよね。このような素晴らしいものを見たいと思うのも仕方ないこと。

    もしもっと多くの人に見せたるべきだと思うなならば最低限この地に移住すべきです。自分が実際に住んでみて自分の家を解放するなり、現地の人たちにさらなる観光客の受け入れを提案すべきじゃないかな。現地の生活を経験したこともないのに、そこに住む人たちの生活を壊してしまう可能性のあることを要求するのは身勝手です。

    多くの人を受け入れるべきだという意見は外部からではなく内側から提案されるべきじゃないですか?

    観光地化する流れは止められないからそこ各々がもっと思いやりを持とう

    このようなことを思っていてもきっと多くの人は訪れるようになるでしょう。素晴らしい観光資源を持つ場所であればあるほどそうならざるを得ない。

    ぼくらは多くの人に開かれた観光地であれ、あまり開かれていない場所であれ、現地に生活している人がいて、彼らこそがこの土地の主役なんだという思いを持って様々な素晴らしい場所を巡りたいですね。

    • 0
    • 0
    • 0

     - これが言いたい ,

  •   関連記事

    思ってもいないナイスショット
    “契約はグリーンの上で” マジ勘弁してほしい

    グリーンの上で契約って… 友人と話していた時に衝撃的な話を聞きました …

    ヤマザキ春のパンまつり
    ヤマザキ春のパンまつり。あなたは本当に皿を欲しているのか?

    タダでもらえるからもらうという貧乏根性 毎年春になると猛烈にひっかかることがあり …

    空気を読めと怒るなら自分で言え
    空気を読めと言う前に人間だったら言葉で伝えろ!

    言葉でコミュニケーションを取るのが人間 ぼくはよく「気が利かない」、「空気が読め …

    国会の中央広場に建つ像を見て政治家はなにを感じているのだろう

    4人目の政治家になろうとは思わないのか? 先日ご縁があって国会に行くことがありま …

    クラチェのワークショップの様子。毎日多くの学生がやってきてくれました。
    国際協力とは相手に支援することじゃない。相手にぶつかることだ。

    全力でぶつかりあうことこそが国際協力だ 2015年はJICA(国際協力機構)の行 …

    人間性を示せ!
    あなたの素敵な人間性を学生に見せるべきだよ。大学病院の先生を見て感じた違和感

    先生として威厳を見せると人間性が隠れてしまう ある大学病院で診察をうけてきました …

    牛すじカレーのまぜ焼き
    お好み焼き屋”そうるめいと”のマスターが好きなのだ

    お好み焼き屋のマスターに人生相談をしてもらった ぼくは日本にいる時に通い詰めてい …

    ボランティア論
    ボランティア論。ぼくは記憶に残るものを残せたのだろうか?

    夢で出てきた女性がぼくに貸してくれた1枚のCD ある雨の日。昼寝をしていたらこん …

    過去の犯罪を未来に役立てる
    過去の犯罪を肥やしにして未来のために生きると決意する

    改心は人から強要されるものではない。自発的にするもの ぼくにはある友人がいます。 …

    no image
    主語を言わないと理解できないという人もいるという現実

    主語を言ってくれないと分かりません プロブロガーのヨスさんがこういう記事を書かれ …