これが言いたい

観光地について意見するならまず移住するべき

投稿日:2015年10月8日 更新日:

豊かなわき水が流れる滋賀・針江。
スポンサー

観光地で生活する人がいるという事実

滋賀県には針江という地下水が豊富に湧き出る場所があります。豊かに湧き出る地下水は川となって小さな町の中を流れ、それは本当に美しい景色を作り上げているんです。

豊かなわき水が流れる滋賀・針江。

豊かなわき水が流れる滋賀・針江。

多くの家庭には敷地内に川端(かばた)と呼ばれる地下水をくみ出している場所があり、そのきれいで豊かな水を生活に取り入れて生活されています。

テレビなどでも度々取り上げられるその景色に心打たれてやって来る観光客も多く、ぼくもそのうちの一人でした。

針江地区にやってきて初めて知ったのですが、ここは自由に観光ができない場所なんです。町中を勝手に歩き回って写真を撮ったりするのも禁止。その理由は観光客が勝手に人の家の敷地内にまで入って行ってしまうから。特に子どもたちがそうした観光客に対して敏感になっているからなんだそうです。

観光客としてはせっかくやって来たのに自由に見ることもできないなんでガッカリしたり、そういうルール自体を非難する人も中にはいるでしょう。

でもよく考えてみてください。観光客はほんの少しの時間見せてもらうだけだと考えているかも知れませんが、住んでいる人にとっては何人も何人も訪れる人に生活を覗かれるのは少しの時間ではないんです。誰だって自分の家や町に知らない人がやって来てうろつかれるのは嫌なもんじゃないですか。

だからこのようなルールが定められているんですよね。観光地で生活する人たちが主役です。決められたらルールにぼくは従いますよ。

観光地にするか否かは住んでいる人が決めるべき

観光地はそう言われるだけの素晴らしい観光資源があるわけですよね。このような素晴らしいものを見たいと思うのも仕方ないこと。

もしもっと多くの人に見せたるべきだと思うなならば最低限この地に移住すべきです。自分が実際に住んでみて自分の家を解放するなり、現地の人たちにさらなる観光客の受け入れを提案すべきじゃないかな。現地の生活を経験したこともないのに、そこに住む人たちの生活を壊してしまう可能性のあることを要求するのは身勝手です。

多くの人を受け入れるべきだという意見は外部からではなく内側から提案されるべきじゃないですか?

観光地化する流れは止められないからそこ各々がもっと思いやりを持とう

このようなことを思っていてもきっと多くの人は訪れるようになるでしょう。素晴らしい観光資源を持つ場所であればあるほどそうならざるを得ない。

ぼくらは多くの人に開かれた観光地であれ、あまり開かれていない場所であれ、現地に生活している人がいて、彼らこそがこの土地の主役なんだという思いを持って様々な素晴らしい場所を巡りたいですね。

-これが言いたい
-,

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

単純プレゼントはAmazonほしい物リストを使え

誕生日プレゼントはAmazonの「ほしい物リスト」に載せよう。ほしい物リストを使うメリットから注意点まで徹底解説

こんにちは、すっかり誕生日プレゼントには縁遠くなったmoriです。 とは言うものの、たま〜にあるんですよね。友人の誕生日。プレゼントに何をあげたらいいのかよくわかんない。そんな思いはしたことはありませ …

空気を読めと怒るなら自分で言え

空気を読めと言う前に人間だったら言葉で伝えろ!

言葉でコミュニケーションを取るのが人間 ぼくはよく「気が利かない」、「空気が読めない奴」って言われます。 もちろんぼくだってできることなら相手と気持ち良くコミュニケーションを取りたいと思うから、相手の …

no image

迷惑をかけても生きて良いの?

自分が自分でなくなる 自分っていうと自分ですよね?当たり前のことです。でもぼくにとっては自分は自分ではないんです。正確にいうと半分は自分。半分は別人なんです。 自分として認識できている部分(これからは …

東京タワー

カンボジアの友人が悲しんだ出来事。無視は良くないよ。

東京で嫌な思いをした友人 ちょっと前にカンボジアから友人が来日しました。その時にちょっと嫌なことがあったんですよね。それは何かって言うと友人が日本人に話しかけた時に無視されたこと。無視はいけませんよ! …

県名変更より滋賀の魅力を高めよう

滋賀県が近江県に?魅力をもっと発信するのが先じゃないの?と思うので滋賀の魅力を伝えます!

近江県にしたからって何も変わりませんよ 今、滋賀県では県名変更についての議論がじわじわと行われているのってご存知ですか? 近江県か琵琶湖県か、やっぱり滋賀県か…県名変更、大まじめ議論:イザ! ぼくは滋 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote