カンボジア カンボジアの国際協力(ボランティア)

プノンペンにあるひろしまハウスで日本語教室を見学したよ

投稿日:2015年12月3日 更新日:

スポンサー

ひろしまハウスで毎年日本語を教える友人

ぼくが青年海外協力隊でカンボジアにいた時に、同じJICAのシニアボランティアとしてプノンペンで活動をしていた友人がいます。彼女はボランティア時代からもプノンペンのリバーサイドにあるウナロム寺院にある、ひろしまハウスで日本語を教える活動をしていました。任期が終わって日本に帰国してからも毎年カンボジアに来て日本語を教えるという活動をライフワークにしてらっしゃるんです。

ウナロム寺院の裏手にあるひろしまハウス

ウナロム寺院の裏手にあるひろしまハウス

ウナロム寺院についてはこの記事を読んでみてください。日本とも縁の深いお寺です。

ウナロム寺院は日本ととても関係が深いのです

ちょうどぼくがカンボジアに行く時と時期が重なったので彼女の活動を見学させてもらうことにしました。

ひろしまハウスは2006年にプノンペンのウナロム寺院の中に建設された交流施設です。これがウナロム寺院の裏側なんですが、レンガと白のラインが入った建物がひろしまハウスです。プノンペンの繁華街のど真ん中という好立地の場所にあります。

入口はここ。階段を上がっていきます。

ひろしまハウスの入口

ひろしまハウスの入口

中は広い吹き抜けになっています。日本語教室が開かれているのはこの2階部分にある図書館。

ひろしまハウスの2階

ひろしまハウスの2階

図書館の入口

図書館の入口

たくさんの本や日本語を勉強している人たちの書いた習字が壁に貼られています。

図書館

図書館

今回は友人が先生として教科書を使って勉強していきます。みんな真剣に勉強していましたね。普段は日本語を話せるカンボジア人が先生として教えているそうですよ。この写真の手前のグレーのシャツの方が先生です。日本語がとてもお上手。

日本語教室

日本語教室

1時間ほどで授業は終了。子どもたちは遊びたいからか授業が終わると同時に図書館を飛び出していきました。

この後友人はこの学校の先生と談笑。途中から別の先生である、このお寺のお坊さんもやってきました。ぼくはこの方には以前お会いしたことがあって1年ぶりくらいの再開。向こうもぼくの事を覚えていてくれたようで嬉しかったですね。

日本語教室で日本語を教えている先生

日本語教室で日本語を教えている先生

彼の悩みは日本語のテストのこと。彼は上手に日本語が話せるんですけどテストになると色々と難しいそう。友人にいろいろと質問をしてきます。ぼくも聞いてたんですが難しい単語や文法について。これは日本人であるぼくでもなんでこうなるのかって聞かれるとちゃんと応えられません。感覚でそういうものだと思っているので何故って言われると応えられないんですよね。こういう質問に対して的確に応えていく友人は凄いと思いましたね。いやぁ日本語教師の方ってホントにすごいです。

ぼくも以前日本語検定N1を受験しようとしている友人に質問を受けたことがあるんですが、日本人であるぼくでさえ答えに相当迷いました。さらにこの答えになる理由について聞かれても答えられずに日本語教師の友人に電話して聞きました。本当にこのレベルになると日本の高校生がやる国語レベルなのでとても難しいです。もう一度言いますが日本語教師は凄いです。

授業は午前と夕方の2回。午前の予定が一通り終わってひろしまハウスを後にします。ホテルに戻る途中で出会ったマンゴー屋さん。籠いっぱいに積まれたマンゴーから1kgほど購入。カンボジアはマンゴーが安くて美味しい。

マンゴー屋さん

マンゴー屋さん

-カンボジア, カンボジアの国際協力(ボランティア)
-, , ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

地方出身者を受け入れているお寺。敷地内には宿舎があります。

家入一真さんがリバ邸カンボジアを作るらしい。居場所が必要なのはカンボジア人も同じ。

リバ邸カンボジアができるらしい Twitterで家入一真さんをチェックしていたら何とカンボジアにリバ邸を作る構想を発見。詳細を見つけることはできなかったのでどういうものになるのかはまだ分からないんです …

プノンペンを楽しみたいならリバーサイドへ行こう

プノンペンを楽しむならリバーサイド プノンペンのリバーサイドは観光客にはもちろん、地元の人たちにとっても人気のある場所です。この辺りには観光客向けのレストランやホテル、お土産物屋がならび、夜になると多 …

動作確認のためにわざわざお湯を沸かしてくれました。

バイヨンマーケットで神対応。電気ポットの動作確認が丁寧すぎる

ご丁寧すぎて恐縮です 最近電気ポットを買ったんですが店の人がとても丁寧に動作確認をしてくれました。こんな対応生まれて初めてです。 なんと店員さんどこからか水を持って来て買ったばかりのポットに注ぎ出しま …

カンボジアのトイレ

はじめての途上国。紙パンツのない夜が不安でいっぱいだった

寝ることへの恐怖を感じ続けた数日間 人生ではじめてだった。こんなに辛い夜を過ごしたのは。目を閉じて眠ってしまうことが本当に怖かった。 そんな経験をしたのはぼくが青年海外協力隊でカンボジアに派遣されて数 …

【カンボジア赴任準備】カンボジアに3年住んでいたぼくがおすすめする「日本から持って行くべきもの」まとめ

こんにちは、カンボジアに3年間住んでいたmoriです。 今回は仕事などで長期間カンボジアに住むあなたに向けて、日本から持って行くべきものを紹介したいと思います。 逆に、日本から持って行って失敗したとい …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote