料理 煮込み料理レシピ

30年以上食べ続けてる我が家のお雑煮レシピ

投稿日:2016年1月10日 更新日:

スポンサー

小学生時代は雑煮にはまってた

みなさんはお正月にどんなお雑煮を食べていますか?今回はぼくが正月にいつも食べているお雑煮について書きたいと思います。

ぼくは生まれも育ちも関西。関西のお雑煮って言ったら味噌仕立てなんです。生まれた京都のお雑煮は白味噌仕立てで、丸餅、小芋、金時人参が定番。でもぼくの家ではずっとすまし汁のお雑煮を食べていました。

こんな感じのお雑煮です。

お雑煮

具材は、

  • 丸餅
  • 金時人参
  • 大根
  • ささみ
  • 水菜

なんで関西なのにすまし汁なのかって言うと、おじいさんが三重出身だったようなんですよ。三重のお雑煮はすまし汁が主流なようで、その影響でうちもすまし汁のお雑煮を食べるようになったのかな。

実は小学生の頃に料理本に載っていたお雑煮特集に夢中になったことがあって、全国のお雑煮を調べたことがあります。お雑煮って本当に地域によって違うんですよね。

餅をとってみても、関東は角餅、関西は丸餅、四国に至っては餡入り餅なんですって。父親は香川出身なんで昔は餡入りを食べてたみたいです。ぼくはあんこが大好きなんで香川のお雑煮にとても興味があります。あの餡って甘いんですか?

さらに鳥取のお雑煮はもっとすごくて、見た目は完全にぜんざい。これが一番の衝撃。すごいですね!食べてみたいです。

我が家の雑煮レシピ

それではぼくがずっと30年以上食べ続けているお雑煮の作り方をご紹介します。とてもシンプルで簡単。別に正月じゃなくても普段でも食べられるようなものですよ。

材料

  • 丸餅
  • 金時人参
  • 大根
  • ささみ
  • 水菜
  • 昆布
  • 鰹節
  • 薄口醤油

1. 昆布は表面をさっと拭いて汚れをとります。拭きすぎるとうま味も一緒にとれちゃうので注意です。昆布の量は作りたいお雑煮の量に応じて使ってください。昆布を買ったら袋に使用量が書いてあるので参考にすると良いですよ。

2. 水を入れた鍋に昆布を入れて火にかけます。

昆布は水から煮出します。

昆布は水から煮出します。

3. 沸騰したら水を少し足してお湯の温度を下げます。そして鰹節を投入して弱火にして5分くらい煮出します。今回はお椀2杯分作るのに、鰹節を一つかみ使用しました。

沸騰したら水を足して温度を下げます。

沸騰したら水を足して温度を下げます。

鰹節を入れて5分ほどゆっくり煮出します。

鰹節を入れて5分ほどゆっくり煮出します。

4. ザルでダシを漉します。漉した鰹節を絞ったら雑味が出るのであまり良くないらしいんですが、ぼくはもったいないので軽く絞りました。良い色のダシが取れましたね。

ザルで漉します。

ザルで漉します。

昆布と鰹のダシ

昆布と鰹のダシ

5. できあがったダシを鍋に戻して、塩、薄口醤油を入れて味を調整します。この時に注意することは少し薄いかなっていう程度にしておくこと。具材をこのダシで煮るので、水分が飛んで味が濃くなります。少し薄くしておくとできあがった時にちょうど良い濃さになりますよ。

塩と薄口醤油で味を調えます。

塩と薄口醤油で味を調えます。

6. 大根は皮をむいて切ります。

大根の皮をむきます。

大根の皮をむきます。

こんな感じに切ります。

こんな感じに切ります。

7. 金時人参も皮をむいて輪切りに。

金時人参は輪切り。

金時人参は輪切り。

8. ささみはこんな感じで斜めに切ります。

ささみは斜めに切ります。

ささみは斜めに切ります。

9. 大根、金時人参、ささみをダシの中に入れて10分くらい煮てください。

10分ほど煮込みます。

10分ほど煮込みます。

10. 煮込んでいる間に水菜を用意しましょう。2センチくらいの長さに切り、ザルにあけて水にさらしておきます。こうすることによって砂も落とせるし、シャキシャキした食感になるんですよ。

水菜は切って水にさらしておきます。

水菜は切って水にさらしておきます。

11. 餅をオーブントースターで焼きます。電子レンジでも良いんですけど焼き色が付いた方が香ばしくて美味しいです。

餅を焼きます。

餅を焼きます。

焦げ目が付いて美味しそう。

焦げ目が付いて美味しそう。

12. 餅が焼けたらお椀に入れます。

お椀にセット

お椀にセット

もしお年寄りがいる場合には小さくちぎって入れる方が良いですよ。餅を喉に詰まらす事故が毎年のように起きているので、できるだけ小さくしておいた方がいいかな。ちなみに焼いた餅を小さくするのって結構大変なんです。だから焼く前の固い状態の餅を切って、それからオーブントースターに入れる方が良いんじゃないでしょうか。

お年寄りには小さくちぎっていれましょう。

お年寄りには小さくちぎっていれましょう。

13. 煮込んだおつゆをお椀に入れ、最後に水菜をトッピングして完成です。

お雑煮

-料理, 煮込み料理レシピ
-

執筆者:

「料理」のオススメ

カレー粉は大容量を買え

S&B(エスビー)のカレー粉は大きな缶を買え!小さな缶は絶望的に損なのだ

S&B(エスビー)のカレー粉(小)はあり得ないほど損 こんにちは、自炊愛好家のmoriです。 ぼくはつい最近まで大馬鹿者でした。 それはカレー粉の相場を完全に分かっていなかったからです。スー …

ノンフライヤーで作ったフライドポテト

旨い!ノンフライヤーで作ったフライドポテト

ノンフライヤーって何? カンボジアのお料理上手な方の家に遊びに行った時のこと、ノンフライヤーなる調理器具を見せてもらう機会があったので紹介したいと思います。 ノンフライヤー この調理器具ですが名前の通 …

【メロンレシピ】メロンが食べきれない!そんな時には甘くて高貴な味のメロンミルクがおすすめ

大量に買ったは良いけど使い道に困った!そんなメロンの美味しい使い方 こんにちは。果物ではメロンが一番好きな自炊愛好家のmoriです。 ぼくの趣味に「スーパーの見切り品漁り」といつものがあります。 わざ …

【圧力鍋レシピ】黒豆の煮物は思っているよりずっと簡単なのでやってみるべし!

煮豆は時間がかかるという誤解 こんにちは、自炊愛好家のmoriです。 煮豆ってものすごく面倒くさいものだって思ってませんか? 豆を水で戻して、鍋で何時間もコトコトと煮込まないといけない。 何時間も鍋の …

冷蔵庫にある材料を適当に使って作ったスープとグラタン

料理の醍醐味。今ある材料で料理を作ることの3つの素晴らしい効果はこれだ!

料理は未知への扉を開く みなさん料理をしてますか? 食べるっていうことは人間にとっては絶対に必要なこと。 食事なんてただ食べるだけだから別に料理を一生懸命しなくてもいいやんか。 こういう考え方もありま …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote