ふなずしキャラメルと琵琶湖

いくらなんでも…鮒ずしキャラメルってありえへんやろ

滋賀名物・鮒ずしのキャラメルを発見!

なんだか静かな場所で琵琶湖を眺めたくなりました。

ということでぼくのお気に入りの場所、堀切港に行ってきました。堀切港というのは日本で唯一淡水湖で人が住んでいる島・沖島の玄関口でもある港。とてものどかな場所です。ちなみに沖島は離島なんですよ。

ぼくは常になにか飲むものがないと嫌なので、堀切港近くにあるファミリーマートに行ってみました。すると何やら怪しいお菓子を発見。

よ〜く見てみると

ふなずしキャラメル

さりげなくコンビニに置かれているふなずしキャラメル

さりげなくコンビニに置かれているふなずしキャラメル

鮒ずしを知らない方に説明しますと、琵琶湖でとれたニゴロブナにごはんを詰めて発酵させた食べ物で、滋賀名物として有名。ものすごく臭いんですが好きな人にはたまらないらしいですね。ぼくは無理です。絶対無理。

鮒ずしをキャラメルにするなんてしんじられん。

絶対買わへんわ。ぼくだったら隣にある”ひこにゃんのイチゴキャラメル”にするわ。

そう思った矢先に友人がふなずしキャラメルをお買い上げ〜

ま、まじか…

この勇気が羨ましい。自分が率先して買わなかったことに若干情けなさを感じましたね。

でもリスクが大きすぎるんですよ。食べ物を捨てるってことが大嫌いなんで、キャラメルを買ったが最後、全部責任を持たないといけない。ぼくにはそこまでのリスクは負えないんです。

自分の判断は間違ってなかった。

かすかな異臭と微妙な味とのこと

堀切港を見下ろすちょっとした休憩スペースに到着。眼下には琵琶湖が広がり、遠くには沖島が見えます。

静かな休憩スペース

静かな休憩スペース

眼下に広がる琵琶湖と奥に見える沖島

眼下に広がる琵琶湖と奥に見える沖島

う〜ん、気持ち良い!

と思った時に友人がカバンからふなずしキャラメルを取り出しました。

ふなずしキャラメルと琵琶湖

ふなずしキャラメルと琵琶湖

・・・

やっぱりまずそう。

箱を開けてみます。中身はこれ。かわいく包まれていて、とても鮒ずしが入ったキャラメルには見えませんね。

見た目はかわいいふなずしキャラメル

見た目はかわいいふなずしキャラメル

匂いをかいでみます。

ん?なんだ?

強烈な匂いではないんですが、なんて言ったらいいのかな。表現が難しい匂いがします。

異臭?

うん、なんか異臭がします。生臭い?でも、よく匂いを嗅がないと分からないレベルです。でも苦手な匂いだ。

友人が思いきって食べてみることに。

友人
・・・

なんとなく顔がしかめっ面になっているように見えますね。

mori
おいしい?

友人
・・・

mori
どう?

友人
なんとも言えない味。口の中で動かしたくない。

どうやら美味しくないようですね。

ぼくも勧められましたが食べる勇気がでませんでした。ちょっと無理っす。弱いな自分…

平気な人はなんにも感じないらしい

友人はその後、家にふなずしキャラメルを持って帰って、夫になんのキャラメルか伝えずに食べさせてみたそう。そうしたら全然平気で食べたらしいんです。

食べられる人には平気なんですね。

もしかして鮒ずしが入っていると知っているからまずく感じただけなのかも。味っていうのは実際の味以外に、その食べ物に対する情報も大きく影響を与えているんですよ。

今になってあの時にふなずしキャラメルを食べなかったことを後悔したのだった。

あの時にもう少しの勇気があれば…

おしまい。