カンボジア食べ歩き

プノンペンの「GREEN BOWL(グリーンボール)」はおしゃれなうどんバーだ!

投稿日:

スポンサー

カンボジアの首都・プノンペンにある高級住宅街ボンケンコン。

ここは外資系レストランやカフェがひしめき合う激戦区です。
もちろん多くの日本食レストランも出店しています。

今回紹介するのは日本を代表する麺「うどん」とバーが融合した珍しいお店「うどんバー GREEN BOWL」です。

うどんとバー?意外な組み合わせだけどめっちゃオシャレ

GREEN BOWLはこれまで何度か行ったことのあるお店でした。
プノンペンにオープンした時にも食べに行ったんです。

mori
まさかカンボジアで本格的な日本のうどんが食べられるなんて!

と感動したものです。

それから数年、以前あった場所から移転して「うどんバー」としてのスタート。

うどんとバー?

なぜ?

これが真っ先に頭の中に浮かんだことです。
そして以前行ったGREEN BOWLのイメージを頭の中に浮かべながら、地図を頼りにお店へと向かいます。

GREEN BOWLに到着。

GREEN BOWLの看板

スタイリッシュな外観からは、ここがうどん屋であることなんて微塵も感じません。まるでカフェのよう。

GREEN BOWLの外観

mori
おおお~ずいぶん印象が変わったなぁ

店の中もオシャレ!
うどん屋というよりかはカフェといった感じの店内です。

GREEN BOWLの店内

店の奥にはバーカウンターがあってお酒も楽しめます。
うどんのお店なので日本の焼酎だって楽しめますよ。

二階にも席があるみたい。
座敷かな?

これはすごいです。
想像していたよりオシャレ!

GREEN BOWLの店内

チキンカレーうどんは日本とカンボジアテイストの融合された味

GREEN BOWLではいろんなうどんをはじめ、お寿司などの日本食が楽しめます。

ぼくが注文したのはチキンカレーうどん(5.5ドル)。

チキンカレーうどん

朝ごはんもカレーだったけど、カレーうどんを見ると無性に食べたくなるんですよね。

濃厚なカレー出汁の中にチキンが入っています。
カレーは思ったよりずっと濃厚な味です。普段は薄味に慣れているぼくには少し濃すぎるくらい。

そしてチキンは柔らかくてはおいしい。
カンボジアで鶏肉を食べると骨がついてて食べにくいことがほとんどなんですが、この鶏肉はしっかりと骨を外しているのですごく食べやすいんですよ。

ちょっと感動です。

チキンの味は日本のカレーうどんでは使わないような味つけでしたよ。
どう言ったらいいのか難しいですが、カンボジアテイストのチキンでした。

しっかりと味がついていて、醤油(ナンプラーも使ってるのかな?) のコクと砂糖の甘味を感じましたね。
この味はカンボジア料理によくある味つけです。

麺は固すぎず、どちらかといえば柔らかめ。
さぬきうどんのような太くてコシのあるうどんではなくやや細めでしたよ。

個人的にはもう少し麺は固くコシがあっても良かったかなと。
まあこれは好みの問題ですけどね。

GREEN BOWLのメニュー

GREEN BOWLにはぼくが食べたようなうどんだけじゃなくて、他にもいろんなメニューがあります。

いくつかピックアップしますね。

うどんのメニュー

  • かけうどん:3ドル
  • 玉子とじうどん:3.7ドル
  • 天ぷらうどん:5.2ドル
  • 鍋焼きうどん:10.8ドル
  • 牛カレーうどん:6.9ドル

ごはんのメニュー

  • 親子丼:4.7ドル
  • カツ丼:5ドル
  • 牛玉子とじ丼:6ドル
  • ビーフカレー:5.5ドル

寿司メニュー

  • サーモン巻き:4ドル
  • 胡瓜巻き:2.5ドル
  • ツナロール:4ドル
  • 手巻き寿司セット:9.8ドル

その他にも前菜や一品料理も豊富です。
すごくたくさんの種類があるので絶対に迷ってしまいますね。

詳しいメニューはGREEN BOWLのFacebookページから見ることができます。
GREEN BOWL – ホーム

GREEN BOWLの情報

GREEN BOWL

住所 St.352 40E, Phnom Penh
TEL +855 12 798 207
営業時間 8:00~23:00(LO 22:00)(月〜土)
11:00~23:00(LO 22:00)(日・祝)
WEBサイト GREEN BOWL

-カンボジア食べ歩き
-, , ,

執筆者:

「カンボジア食べ歩き」のオススメ

プノンペンで発見!玄人向けローチャー(焼きうどん)

自分で味を調節できる店 ちょっとした事から紫ランジェリーにローチャー(カンボジア風焼きうどん)のお店を教えてもらったので紹介します。 この店のローチャーは今まで数多く食べてきたローチャーとはひと味違っ …

1ドルで幸せになれるパン

1ドルで幸せになれるパンがおすすめ

素朴な味がクセになる カンボジアに住んで2年8ヶ月。なんでこのパンの存在を知らなかったのだろうというパンに出会いました。どんなパンなんだって期待されてしまうかも知れないですが、実はこのパン結構どこにで …

タマホームが作ったレストラン&バーのクオリティがすごすぎる

いつの間にかプノンペンタワー22階にタマホームがハイクオリティーな空間を作り上げていました。タマホテルD22、H22と言うらしいです。D22はレストラン、バースペースのことを指し、H22はホテルを指し …

プノンペンの夜を優雅に楽しみたい?リバーサイドのスカイバーが静かでおすすめ

優雅な時間が流れるバー・Royal Sky Barは心からリラックスできる こんにちは、都会の喧噪より自然がたくさんで静かな場所が好きなmoriです。 カンボジアの首都・プノンペンは人口が200万人を …

カンボジアの屋台でプロハットを食べる

カンボジア人が大好きな軽食 カンボジアをはじめ東南アジアの食と言えば屋台をイメージする人も多いのではないでしょうか。ここカンボジアも夕方頃からあちこちに屋台が出現します。 今回紹介するのはプロハットと …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote