カンボジア カンボジアの国際協力(ボランティア)

もうすぐなくなる?ネアックルンのフェリーで生活している人たちの将来

投稿日:2014年10月13日 更新日:

フェリー乗り場では物売り達がどっとやってきます。
スポンサー

ネアックルン橋建設中

カンボジアの国道1号線はプノンペンからベトナムへ向かう交通の大動脈。それにも関わらずメコン河によって道が寸断されてしまっているのです。ここを通るにはフェリーに乗る必要があり交通の大きな障害になっています。お盆時などにはこのフェリー待ちの渋滞が発生し、通常の数倍の時間がかかってしまうこともあると言います。

そこで日本政府がこの国道1号線を寸断しているメコン河に橋を架ける工事を行っています。その工事も順調に進んでいて来年2015年3月には橋を含む道路が開通する予定です。

そうなるとこのフェリーを使う必要がなくなりますよね。なかなかここを通る機会もないので行ってきました。恐らくぼくにとっての最後のフェリーになるのかな?

フェリーに乗った

プノンペンからは車で約1時間、トゥクトゥクでは2時間です。トゥクトゥクの費用はプノンペンからの往復で約40ドルです。結構なお値段です。個人的には車で行く方が快適で良いと思いますね。

フェリー乗り場に到着すると辺りからもの売りの人たちが押しかけてきます。車だったらドア、窓を閉めたら寄ってこれないので良いんですがトゥクトゥクだとそういうわけにはいきません。おばちゃんがバナナ買えってうるさいし、子どものジュース買え、サングラス買えだのわんさか集まってきます。挙げ句の果てにはトゥクトゥクに乗ってきて動こうとしなくなる始末。

フェリー乗り場では物売り達がどっとやってきます。

フェリー乗り場では物売り達がどっとやってきます。

フェリーの上に乗ってた後は少しは物売り攻撃はおとなしくなるので船の上でゆっくりとした時間を過ごすことができます。このなんとものんびりとした時間は捨てたものじゃないですね。

フェリーの上ではゆっくりとした時間がながれます。

フェリーの上ではゆっくりとした時間がながれます。

そして対岸についたらみんな一斉にフェリーを下りて再開した国道1号線を走り去っていくのでした。

この町の未来は?

ここにいる物売りの人たち、それにここの小さなまちはフェリーによって成り立っています。この町も来年はどうなるんでしょうか。新しい橋によって人の流れは大きく変わり、多くの人はこの町をただ通り過ぎていくようになります。仕事をもとめてプノンペンに移動するのか、このままここで生活を続けていくのか。また機会があったらここを訪れたいですね。

-カンボジア, カンボジアの国際協力(ボランティア)
-, ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

かぼちゃプリン

かぼちゃの語源は”カンボジア”なんですよ

かぼちゃはカンボジャー カンボジアが語源になっている日本語っていくつかあるんですけど、かぼちゃは有名ですよね。このかぼちゃは日本にはポルトガル人がカンボジアからもたらしたと言われているんですよ。 そこ …

【移転】プノンペン郊外のレストラン − 富士スープ

日本人が通う穴場の店 今日は夜に空港に行く用事があったので、空港への道の途中にあるカンボジア料理と日本料理を楽しめる「富士スープ」に行って来ました。 このお店、以前は日本人の方が経営されていたのですが …

映画の舞台にもなったタ・プローム。ここも有名なポイントです。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか。

遺跡に絡まる樹木の迫力が凄すぎる。タ・プローム

ガジュマルが遺跡に絡みつく姿が圧巻 今回ご紹介するタ・プロームはアンコールワット、アンコールトムと並んで必ずといっていいほど訪れる定番遺跡です。この遺跡の最大の特徴は遺跡に絡みつき飲み込まんばかりのガ …

カンボジアの国旗が映し出されてます。

Happy Khmer New Year 2015

14日から3日間はクメール正月 カンボジアで最大のイベントと言えばクメール正月。実はカンボジアでは年に3回も正月を祝う習慣があるんですよ。1月1日の正月と2月の中華正月。そして4月のクメール正月。1月 …

上の写真の左からノロドム・シハモニ国王、ノロドム・シハヌーク前国王、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク王妃

今日はカンボジア・ノロドム・シハモニ国王の誕生日

カンボジア国内ではどこでも見かける王様 5月14日は現カンボジア国王・ノロドム・シハモニ国王の誕生日で、この日を挟んだ13日〜15日が祝日になります。カンボジアに住んでいる人や来たことのある人はよくご …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote