病院

日本の医者もビックリ!リラックスするためにアンモニアを吸うのは非常識らしい

アンモニアって吸ったらリラックスできるんですか?

ぼくは採血が嫌いです。ちょっと前にバンコクの病院に行った時のことを書きたいと思います。身体の調子が悪くてバンコクでも有名な病院に行ったんです。

病院と言ったら採血は付きもの。ぼくの場合も例外なく採血することに。ぼくは採血する時には絶対に寝てするんですよ。なぜって?それは気絶するから。本当に採血には弱い。

その時は採取する量が多くて8本くらい採るって言われたんですよ。8本なんて量はぼくには未知の量で何が自分に起きるのか予測もできないんですね。迷わず別室のベットで採血することを求めました。ベットに横になってもドキドキ感が収まりません。鼓動が早くなるのも自分で分かります。そうすると看護師さんがコットンを持って来てくれたんです。

これ何って聞いたら、

アンモニアです。吸うとリラックスできるから

ぼくはそんな話聞いたことないんですが、こんな状態なんでとりあえず吸うしかないってことで吸ったんです。あの鼻をつく独特の香りが身体に入ってきます。結局リラックスできたようなできなかったような中途半端な感じだったんですが無事に採血を終えることができました。

日本で医者に聞いてみた

日本に帰ってから再び採血する機会がありました。今回は6本。前回よりかは少ないけど多いです。

ちょうどバンコクの病院でアンモニアを吸った話を思い出したんで、採血担当の看護師さんに話してみたら、そんな話は聞いたことないって。

同行してくれた看護師さんも話に食いついてきます。そして医者の診察の時には看護師さんが医者にも話したんです。医者も”えっ”って顔しましたよ。聞いたことないって。

このアンモニアがリラックスに良いのかどうか、分かる人がいたら教えてください。