人生は宇宙だ!

カンボジア大好き!自炊大好き!そんなmoriのライフログ

*

座って採血すると気絶してたぼくが採血を克服!その具体的な3つの方法

      2017/02/13

  • こんにちは。採血が大嫌いなmoriです。

    今回は採血がめちゃくちゃ嫌いで超苦手なぼくが、なんと座って採血できるようになったので採血を少しでも楽にできるようになる3つの方法について紹介します。

    採血の跡

    採血の度に失神するほど採血嫌いな自分

    最初にぼくがどれほど採血が苦手なのかっていうことを簡単にお話しておきましょう。

    全然自慢になりませんが、ぼくは血を見ると気絶します。

    人生初の気絶は「想像出血」だった

    初めての気絶は中学校の予防接種でした。ツベルクリンっていう注射を子どものことにやるんですが、この時に注射した場所から出血していると想像して気絶しました。

    実際に自分の腕から出血しているのかは確認していません。注射の後に出血を止めるための綿を腕に押しつけているときに妄想で失神してしまったんです。

    mori
    血が出てるかも…

    バタン

    今となってはあり得ないですけど、本当に気を失いました。気がついたら保健室。めっちゃ恥ずかしかったです。

    2回目の気絶は病院での検査

    恥ずかしい2回目の気絶は20代後半です。

    病院に検査入院することになったのですが、入院前に一通り検査をすることになったんですよ。もちろん血液検査だってあるわけです。

    看護師さん
    採血しますね〜
    mori
    はい、お願いします。

    注射をブスッ

    mori

    だんだんと目の前の景色から色が消えていく。全部白っぽく見えてくる。バタン

    看護師さん
    (電話で)患者さんが倒れられました。

    すぐにベッドに寝かされて30分間動けませんでした。

    採血が苦手な人が実行すべき3つのポイント

    こんな苦い経験を経て、採血をする時に心がけるようになった3つの点を紹介します。

    • 恥ずかしがらずにベットで採血する
    • 看護師さんに話しまくる
    • 目をつぶる

    ポイント1.恥ずかしがらずにベットで採血する

    これは特に大きな病院で採血をする時に思うことですが、「ベットで採血してください」ってすごく言いにくくないですか?

    ぼくは毎回ベットで採血してもらうんですが実際にはとても恐縮してしまいます。

    だって、採血台だったら座った状態で採血するだけ。看護師さんの手間も少ないですよね。

    でもベットで採血ってなるとベットの準備や、器具なんかをベットまで持ってきたりする必要があります。どう考えたって手間ですよね。

    そして一番の理由がこれ。

    他の患者さんがいっぱいいる中、ひとりベットに寝ている自分が恥ずかしい。

    あまりにもいたたまれなくなったので、思っていることを看護師さんに言ったことがあります。そうするとこんな事をおっしゃいました。

    看護師さん
    全然手間じゃないですよ。座って採血して倒れられる方が大変ですから

    仰るとおり!

    と言うわけで、失神する可能性があるならベットで採血させてもらいましょう!

    今通っている病院では、ぼくはベットで採血するっていうことがデータとしてあるみたいなんです。だから、呼ばれるとぼくが何も言わずともベットに案内されます。いやぁありがたい限りです。

    ポイント2.看護師さんに話まくる

    採血の時には喋るということはとても重要です。

    喋ることで注射されている腕から意識を会話の方に持っていくことができるからです。

    逆に喋らないと、針を刺されて血を抜かれているってことばかり考えてしまいます。そんなことになっちゃあ、ぼくのような採血が苦手な人は血を採られているということを想像するだけでも気絶できてしまうんです。

    だから、いかに血を採られているっていうことを意識しないようにするかが重要。採血中は看護師さんに話しかけまくりましょう。

    ぼくの場合にはこんな感じで話を展開していきます。

    1. 自分が採血が苦手だと話す。
    2. その時期の話題
    3. 昨日の出来事

    x最初に絶対に話すことは”自分が採血が苦手”ということ。特にアピールしたいわけじゃないんですが挨拶のようなもんです。

    そして次にその時期の話題ですね。正月だったら、「正月にこんなことした」とか「寒いですね」とかです。

    だいたい2つか3つくらい会話を交わせば採血は終わることが多いんですが、時々終わらないことも。そんな時にはなんでもいいから適当に会話を繋ぎましょう。

    話す内容についてはどうでもいいんです。

    相手に聞いてもらうっていうことよりも、話すことによって採血されているという事実から目を背けることに意味があるんです。だから相手が”はいはい”みたいな素っ気ない態度でも気にしてはいけません。採血されていることが忘れられればすべてOKなのですよ。

    ポイント3.目をつぶる

    目はつぶってしまうのがおすすめです。目をつぶってしまえば間違って採血されているのを見てしまう心配もありません。目の前が真っ暗になって自分の世界に入ってしまうのです。

    今より採血に慣れていなかった時(今でも慣れてないですけど)は採血されていない方の腕で目の上を覆って絶対に見えないようにしていました。見えないっていうことが気休めになっていたのかも知れません。

    ついに座っての採血に成功!

    何度も何度も採血を繰り返していくと、だんだん自分の身体が採血に慣れてきます。

    どんな精神状態でいれば楽になれるのかなど、採血をうまく乗り切る方法がなんとなくわかってくるんですよ。

    そうするとベッドで寝なくても、他の人と同じように座った状態で採血できるようになったんです!

    やっと普通の人と同じように採血できるようになった!!

    めっちゃテンションあがりました。

    無理は禁物!

    採血を乗り切る方法がわかったからといって、無理して座っての採血を必要ありません。

    初めて座っての採血に成功した時に看護師さんに言ったんです。

    mori
    はじめて座って採血できました!
    看護師さん
    採血は無理しなくて良いんですからね

    たしかにその通りですね。採血は人と競いあうものではありません。座って採血できないからダメっていうことじゃないんです。無理せずに自分のペースで受けることが大事。

    実際に信じてやってみたが効果が不明だった対策

    これまで採血が苦手ということを色んな人に言いまくってきたので、色んなアドバイスをもらいました。

    中には効果のあるアドバイスもありましたが、効果があるのか今ひとつ分からないアドバイスもいくつかありました。そんな今までにもらったアドバイスの中で効果が不明なアドバイスをおまけで紹介します。

    血をオレンジジュースだと思え

    「抜かれているのを血と思わないでオレンジジュースだと思えば大丈夫」

    言ってくれた人は本気でそんなことを思っているんでしょうか?

    一応やってみましたよ。血をオレンジジュースだと思ってみたけどぼくには無理でした。気持ち悪くなってゲロゲロです。一瞬で気絶です。

    はい、さっきも書いた検査入院の前の血液検査の時です。

    アンモニアを吸えばリラックスできる

    これはバンコクの病院で看護師さんに言われたこと。アンモニアを吸うとリラックスできるんだとか。やってみたけど効果は不明でした。

    でもアンモニアを離すのが不安で、病院を出てもずっと持ってましたけど。う〜ん、でもやっぱり効果なかったような気がします。

    ちなみに日本の病院でその話をしたところ、お医者さんも看護師さんも「へぇ〜」って反応でしたよ。

    血を作れ!!カツ丼を食べる

    採血で抜かれた血液を補うために、採血後には肉を食べる。カツ丼は美味しかったですけどなんと言うこともなかったです。採血の時の不安はまったく減らず。

    まとめ

    今回はぼくがやっている採血の恐怖を取り除く方法について書きました。採血が平気になれば良いんでしょうけど、無理な人は無理する必要なないんだと思います。病院の人はみんな優しいです。少しくらい甘えさせてもらいましょう。

    • 0
    • 0
    • 0

     - フィジカルヘルス ,

  •   関連記事

    酒
    酒に飲まれる人は己を知らないといけない

    酒に飲まれるな! 最近ほんとうに思うんですけど、酒癖悪い人と飲みに行くと本当にう …

    薬
    新薬の開発に携わる人たちへ感謝したい

    成功するかわからないことに人生を費やす覚悟に敬意を表したい ぼくはずっと前から言 …

    塩分を半分にできるやさしお
    塩分取りすぎのあなたには同じ量だけ使っても減塩できる “やさしお” がおすすめ

    多くの人は毎日塩分を2〜3g過剰に摂取している こんにちは。歳を重ねるごとにいろ …

    たまねぎセラピー
    たまねぎセラピー!たまねぎを愛する人間が伝授する心が癒やされるオニオンスライスの作り方

    たまねぎをスライスすることは心を癒やす「たまねぎセラピー」 こんにちは、たまねぎ …

    喉をカメラが通る時が一番辛い。
    胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けたので内容を詳細にレポートするよ

    はじめての胃カメラは普通の方法で受けることにしました こんにちは!先日大腸カメラ …

    運動
    運動しても痩せないっていう人は運動すらしていない

    XXしても無駄っていうはそもそもやっていない まず最初に。自分への反省を込めてこ …

    医者よ!患者はあなたが思ってる以上に不安だぞ!

    専門家の”大丈夫”は素人には全然大丈夫じゃない 最近病気 …

    カフェの冷房に負けない方法
    冷房が強烈!寒すぎるカフェで風邪をひかないための5つの心得

    初夏のカフェは冷房で風邪をひきやすい こんにちは、冷房にはめっぽう弱いmoriで …

    CT検査の説明書
    低血圧だけど造影剤を使って冠動脈CT検査をしたら失神しかけた

    検査が恐ろしいと感じた医者からの説明 最近胸が痛いので冠動脈のCT検査を受けてき …

    40℃の熱が1週間も下がらない。カンボジアで体験したデング熱の恐ろしさ

    こんにちは、カンボジアに住んでいたmoriです。 カンボジアは日本と違い一年中暑 …